ブクログ大賞

忍び外伝

  • 151人登録
  • 2.91評価
    • (3)
    • (8)
    • (42)
    • (21)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 乾緑郎
  • 朝日新聞出版 (2010年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508157

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

忍び外伝の感想・レビュー・書評

  • 忍びの世界観は文字だけでは、イメージしにくかった。

  • 面白い。伊賀忍者を題材に、スリリングな戦闘シーンや、絡み合った人間関係など読みどころ満載。

  • 図書館にて。
    ちょっと読みづらかったけど、楽しめた。
    戦闘シーンはなかなか壮絶だった。
    お鈴のじゃじゃ馬ぶりは腹が立ったが、かわいらしかった。

  •  はっきり云って、よくわかりませんでした。別に後半がSF風になっても物語の流れでうまく描かれれば、私は違和感はなかったのです。
     しかし、私はこの小説の流れに乗れませんでした。起伏があるようでないようで、主人公の立ち位置が中途半端。いったい主人公は何をしたいのか最後までわかりませんでした。
     期待していたのに残念です・

  • 時の権力者を操る煙之末の正体は?死闘を繰り広げる伊賀忍たち

  • 伊賀の上忍・百地丹波によって一流の忍者に育てられた文吾は、何ゆえ忍びを目指すのか思い悩む。やがて北畠(織田)信雄率いる大軍が伊賀に迫る―。第2回朝日時代小説大賞受賞作(「BOOK」データベースより)

    『忍び秘伝』もそうだったから、多分そうなんだろうなぁとは思ってましたが・・・。
    あー、やっぱりこれも忍者もの時代小説じゃなかったー。
    SF風味の方が色濃く出ているので、山田御大みたいな「忍者同士のめくるめく激闘!」みたいなものを期待すると、がっかりする率が高いです。
    読み始めてすぐに、主人公が過去の自分に(意識が)飛ばされて、ほとんど過去の話で埋まっちゃうのもいただけなかった。
    んで、その長ーい過去部分が「主人公を殺す理由」の説明になっていて、現実に戻ったら「だからお前を殺すぞテヘ☆」(実際こんなん言ってないが)って相手が襲いかかって来て・・・、わーある意味びっくり!
    最後もなんかあっけないよね。
    これならまだ『忍び秘伝』の方がよかったかなぁ。
    果心居士の正体が実は・・・って、世阿弥から徐福にまで、話が広がっていく所と、「煙之末」「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」の説明部分は「へー、ほー」と楽しく読めました。

  • 時空を越えた歴史小説。歴史小説は好きだがSF色が強すぎる感あり。

  • 面白そうなんだけど、断片断片ストーリー自分には駄目だ
    読み終わって何も残らない、蛇足がいっぱいあって、メインの話はどれだ
    それぞれネタは面白いのに残念です。

  • 映像化したら確かに面白いと思う。
    嫌いではないけど、中途半端かなあ。
    時代小説、SFとして。

  • 本格SF作家が山田風太郎に挑戦したらこうなる!って作品。

  • 歴史SFファンタジー、かなぁ、、、。

    信長の伊賀攻めや本能寺の変の裏の真相だったり、石川文吾(五右衛門)や観阿弥・世阿弥の出自の伝説を絡ませたり、面白い要素は多分にあったのだけれど、時空超えとか、あまりにリアリティがなくて、ウーン、て感じ。歴史小説だと思って読んだのがそもそも間違いだった。読みやすい文章だけれど、ストーリーは何だか漫画チック。他の人も書いておられるように、映像化されるとまた違った面白さを感じるのかも。

  • 第2回朝日時代小説大賞受賞作品です。
    乾さんのデビュー作となるのかな?
    素人目にも新人とは思えない筆致と迫力を感じます。
    物語は、天正伊賀の乱、本能寺の変を軸に、暗躍する忍びの者達が跋扈する裏の歴史を描いています。
    謎の幻術師の果心居士に左術師のお式、伊賀に伝わる究極の秘術に不老不死の果実、信長の伊賀攻めと本能寺の変の真実、時代小説でもありSFでもある、ある意味ぶっ飛んでいます。
    読みながら、池波正太郎さんや司馬遼太郎さんの忍びものと比較してしまいました。
    登場人物の心情を描くというよりも、全くの変化球押し、独自の路線でグイグイ引っ張っていく展開だと思います。
    時代小説の正統派というものがあるなら、ちょっと物足りなさはありますが、これはこの世界感で突っ走って一気に読めました。
    今後もどの様な時代小説を発表されるのか楽しみですね。

  • 大好きな戦国忍者ものであり、しかも期待の新人ということもあり、かなりハードルを上げて読んだが・・・。
    登場人物の信長や松永久秀などは形式化されており、時代小説の醍醐味は半減。
    また、随所にちりばめられたエピソードも目新しいものもないため、不満ののこるところ。
    また、本能寺の変に関する新解釈がラストで語られるのではあるが、「無理ありすぎでしょ!」って感じ。
    単調な割には急に荒唐無稽な話を挿入してくるため、作品全体のバランスを欠いており、残念。
    ただ、アクションシーンは割かしよかったのではないかな。

  • 忍び物など司馬遼太郎の「風神の門」以来であったが、初めから回想シーンに突入し、いつまで立っても戻らないのでおかしいなあと思っていたら、何時の間にか次元が同一になり、四次元パラレル宇宙時代劇へと変貌して行ってしまった。忍びの話自体も面白く、それがSF的な話へと移って行くという、これまでにない展開に驚いたが、これは時代小説と言っていいのか、それともSF小説なのだろうか。

  • 南北朝の対立から、本能寺の変まで、時代を裏側から操る闇の職人集団。時空を自在に超える伊賀の忍びと、不老不死の力で対抗する謎の左術師、怨念の争い。超盛りだくさんの要素で、大長編になるところを大胆に突っ走った快作です。登場人物も魅力的なんですが、物語の展開のスピード感に気持ちが入り込むところまで行かず、やや物足りなさが残ります。この中途半端な感じは「完全なる首長竜の日」でも感じたところ。でも、これくらい一気に読める方がイイのかも。幻術合戦は映画にするほど派手ではありませんが、舞台で見ると面白くなりそうです。

  • この著者の首長竜の話もそうだったけど、時間軸があやふやになって、夢か現かはっきりしなくて、酩酊感を覚えてしまった。
    おもしろくないわけじゃないけど、読んだ後の満腹感はなし。

  • 以前王様のブランチで紹介されていたので読んでみました。
    ・・・内容はしっかりしてますが、熟読する気になれず・・・;

  • 正直、何がなんだかよくわからなかった。

    そもそも、時代物をよんだことがないので、言い回しや、
    幼名・改名と同じ人物なのに表記が違うことでさえ混乱してしまうし、「歴史」に疎いことも手伝い、内容把握よりも読み進めるのが精一杯という情けなさ。

    恐らく、精通している読者には面白いんだろうなと歯噛みする。

    もはや「忍術」とは言いがたい術が発端でストーリーが展開するため、SFの要素すら感じられ、苦手ジャンルがダブルで押し寄せ、
    お手上げでした。

    色々なサイトの「他の読者レビュー」を読み、
    ようやく主要ストーリーと、【おもしろドコロ】がわかり、
    通訳を介し、ようやく理解できた。

    ちょいと情けなかったなぁ。


    【伊賀の上忍・百地丹波によって一流の忍者に育てられた文吾は、何ゆえ忍びを目指すのか思い悩む。やがて北畠(織田)信雄率いる大軍が伊賀に迫る―。第2回朝日時代小説大賞受賞作。 】

  • 話題にはなっているけど、終わり方も中途半端な感じだし、よくわからんな〜。

  • ちょっと期待しすぎたかも。
    完全なる竜長首の日が良かったから。
    現実を疑う展開は好きだった。

  • ラストの文吾とお鈴の会話にじわ〜ん。

  • 2011.4.2読了。
    信長に滅ぼされた伊賀の忍者が落ち延びて、京で時を自在に渡る煙の末である観阿弥と出会い、自らの出自を知る話。

  • 主人公が短慮なのか、思慮深いのか、結局?。
    体裁かえてラノベにしても、読者獲得できそう。
    同時期に読んでた本と、かぶるネタがあって驚く。

全37件中 1 - 25件を表示

忍び外伝を本棚に「読みたい」で登録しているひと

忍び外伝を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

忍び外伝を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

忍び外伝を本棚に「積読」で登録しているひと

忍び外伝の作品紹介

伊賀の上忍・百地丹波によって一流の忍者に育てられた文吾は、何ゆえ忍びを目指すのか思い悩む。やがて北畠(織田)信雄率いる大軍が伊賀に迫る-。第2回朝日時代小説大賞受賞作。

忍び外伝のKindle版

ツイートする