焼野まで

  • 47人登録
  • 3.83評価
    • (6)
    • (7)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 村田喜代子
  • 朝日新聞出版 (2016年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513588

焼野までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ごめんなさい。あまりにも引きこまれ過ぎて泣いてばかりでした。

    私は幸運にも手術3回で抗がん剤治療なし、放射線治療もなしで済んだ。なので抗がん剤や放射線治療のつらさはわからない。けど入院中の自由のない生活、死んでるように生かされていた日々を思い出してしまって…青い鳥のシーンとか、涙が止まらないシーンが山のようにあって正直参ってしまった。


    オンコロジー・センターの四次元ピンポイント放射線治療を選択した主人公。婦人科看護師の娘との決別。人々との偶然の出会い。治療選択肢によって袂を分かつように去ってゆくガン友。亡き祖父母が夢とも現実ともつかない狭間(噴火口の中にある家)で菩薩や如来のように温かく見守ってくれて、祖父母の待つ火口の中の家で体を休める描写も自分と重なってみえました。


    老い、老化。がん細胞と噴火。放射線と太陽光線。原発と震災などありとあらゆるもの(現象)の共鳴。星や宇宙、細胞も体も自然も全部つながって一つのもの(原始生命体のようなもの)なのかもしれない…と思いながら、読み終えました。←突拍子もないような感想ですが、とてもよく心に響いた。


    表紙の装画『第五の喇叭の天使』と村田さんの世界に自分も入り込んでしまったような感じ。本屋に買いに行こうと探してみたけど、村田さんの本は『ゆうじょこう』の文庫1冊しか置いてませんでした(T_T)村田作品は2冊目ですが、もっと他の作品を手にしてみたい。もしかしたらすごく好きな系かもしれない。

  • 四次元照射の癌治療を受けるために鹿児島にやってきた女性の問わず語り。村田さんの夢をいっしょに見ている感じです。ストーリーがあるわけじゃなくてもこんなにどっぷり浸れるのは、自分にもいつ起きても不思議じゃないという年になったからでしょうか。
    海に沈む夕陽の情景を帯下(こしげ)と例えるなんて、村田さんにしかできないです。

  • 著者が子宮体癌を患われたのを知ったのは、一昨年の春にオール讀物で杉本章子さんと対談された記事を目にしてだった。かつて講演をお聴きしてファンになったお二人が、ともに癌に襲われた。杉本さんは残念ながら余命宣告を受け逝かれる。著者のことは気になっていたが、ここに小説としてその闘病が著される。放射線治療を選択し、精神的、肉体的に追い込まれ、肉親あるいは周囲の人たちと接する余裕も失う。火山灰の降りしきる土地で、鬱々とした時間が過ぎていく。生死について大上段に構えず、飾ることもなく綴られる心理が生々しく伝わってくる。

  • 体内で蠢くがん細胞を噴火する活火山に見立てたような構成で、
    目に見えない体内で起こっていることを、見に見える火山に重ね合わせて描いている。
    がん治療という重苦しい題材だが、淡々とした筆致は必要以上に読者を煽ることなく、
    小説というより長編の詩を読んでいるようだった。

    5グレイのきつい照射の後の描写は、読むのもかなり辛かったが、
    それ以外は心が静まり返って、なぜか無の境地にいるような気さえした。
    私もがんを経験し死を身近に感じたことがあるので、
    誰にでも起こりうる事という諦観があるからかもしれない。

    個人的なことですが、ここのところ不眠気味だったのが、
    寝る間にこの本を読むとすぐに寝付いた。
    読書セラピーのような(そんなものがあるのか知らないが)
    心のさざ波を鎮めてくれる不思議な本だった。

  • 311大震災の後、著者は子宮体がんを宣告される

    その著者の経験も投影されていると思われる作品。
    主人公は標準的な治療を選ばず、南の果ての地での放射線治療を選択する。
    一人ウィークリーマンションに住み、火山の爆発が毎日起こる硫黄臭い町で通いで治療を受ける。看護師である娘には大反対され、放射線宿酔に悩まされる。そのまどろみの中、亡くなった親戚や懐かしい風景などが出てくる。

    現実なのか夢なのか分からない色鮮やかな世界。昔からの友人も癌になりお互い励まし合うが、やがて彼は先にこの世を去ってしまう。

    最後には娘も歩み寄って来てくれ、彼女の治療はまだ続く。がん患者の不安な気持ち、何かにすがりたくなる気持ちがしみじみと伝わってくる作品。

  • 大動脈瘤の手術後、何一つ後遺症もなく仕事に復帰されたご主人、そして著者は東日本大震災の頃、癌の告知を受け南九州のオンコロジーセンターで療養を。村田喜代子 著「焼野まで」2016.2発行、放射線照射による闘病の記です。友人の「病気ってのは閉塞状況、囚われている。健康っていうのは自由。病人に自由も何もない。」の言葉は胸を打ちました。また主人公(著者)の「百の意見が交錯するが、一様に同じなのは健康になることへの欲望。食欲、性欲、物欲、生存欲など、欲がつくものは見苦しい。」とありますが、欲があるから人間ですよね。

  • この作者の世界観が好きです。

  • 子宮がんになり、手術を拒み四次元放射線治療をするために、ひとり桜島の近くのウィークリーマンションからオンコロジーセンターに通う日々。宿酔をやりすごしながら、ねずみ200匹の致死量という2グレイ=2シーベルトを毎日照射する。
    福島原発事故と時期を同時にし、桜島の噴火や、同じくガンと戦う人たちとのやりとりなど、悲しみ辛さは淡々としているところが、とてもひきこまれた。

  • ウィークリーマンションで暮らすことになった主人公。

    それぞれの癌治療があり、事情がある。

  • 160422図

全12件中 1 - 10件を表示

村田喜代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
荻原 浩
西 加奈子
辻村 深月
東野 圭吾
姫野 カオルコ
辻村 深月
奥田 英朗
湊 かなえ
恩田 陸
西 加奈子
本谷 有希子
東山 彰良
朝井 リョウ
東野 圭吾
三浦 しをん
桜木 紫乃
村田 沙耶香
塩田 武士
米澤 穂信
又吉 直樹
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

焼野まではこんな本です

焼野までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

焼野までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

焼野までの作品紹介

大震災直後、子宮ガンを告知された。火山灰の降り積もる地で、放射線宿酔のなかにガン友達の声、祖母・大叔母が表れる。体内のガン細胞から広大な宇宙まで、3・11の災厄と病の狭間で、比類ない感性がとらえた魂の変容。前人未到の異色作。

ツイートする