図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける

  • 521人登録
  • 3.52評価
    • (16)
    • (28)
    • (38)
    • (8)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 奥野宣之
  • 朝日新聞出版 (2016年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513649

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館の利用方法
    情報検索=インターネットではない
    図書館を使う利点は何かを考える

    地域資料は充実している
    本とのセレンディピティな出会い
    学習時には大きな机は重宝する
    リファレンス的な視野からのデータベースの活用

    アウトプットするためにも読むことが重要である

  • <目次>
    序章   図書館の「場」としての力
    第1章  「集中力」編~作業効率アップ・サードプレイス・知の空間として
    第2章  「発想力」編~セレンディピティ・視点変換・拡散思考
    第3章  「思考力」編~情報収集・調査・分析・意思決定・判断・集中思考
    第4章  「教養力」編~生涯学習・独学・雑学・レクリエーション・スキルアップ
    第5章  図書館のトリセツ~もっと図書館を知り、使い倒す人になる!
    第6章  「使える図書館」を探すための7つのチェックポイント

    <内容>
    書いてあることは至極最もなのだが、こういう本がなかった気がする。一番納得したのは、図書館の本は返却期限があるのだから、全部読む必要はない。読んでみて「素晴らしい。使える」と思ったら、買えばいい。この2点。2つとも当たり前なのだが、なかなか実行できなかった…。それから、「広域利用制度」をもっと充実させてほしいな…

  • お洒落な図書館巡りではなく、近所の「福祉っぽい雰囲気」の図書館をどう使いこなすか。ビジネスパーソンでも享受できるメリットが数え切れないほどある。単なる公共施設ではなく宝の山なのだなあ。

    奥野さん自身が近年司書資格を取り、利用者視点と中の人視点と両方の話があるのが楽しい。読み終わったらまず自分ちの近所の図書館を調べたくなる本。データベース使用とボトルキープ法、いいな。

  • 久しぶりに購入した本♪
    今後、長く活用できそうな本。

    なんともこの表紙の装丁が、最高に格好いい!
    そしてこの言葉。

    ネットにはない
    「場としての力」を
    フル活用せよ!!

    私は小さいころから図書館が大好きだった。
    友達との遊び場も図書館だったりして、
    小学生の時は、笑い転げるような絵本を見つけては
    大笑いして一緒に読んだり、
    中学生になると、赤毛のアンを全巻読んだり、
    星について興味を持ち、ロマンを感じながら天体の本を読んだり。
    大人になってからも、子供が出来てからもいつも図書館は生活の一部だった。

    しかし、図書館には本を借りるだけではない活用法がこんなにあったとは!!!

    最近は、新しい本が少ない、とか、おじさんの咳払いや独り言が気になる、とか、図書館のイメージがあまりよくなくて足が遠のき気味だったが、
    改めて「図書館のすごさ」を実感した。

    そう、図書館にはものすごい「場の力」がある。

    活用の仕方で気に入ったのは、
    著者も言っているが、
    「図書館の本は、熟読せずに閲覧するもの」という考え方。

    気になる本を片っ端から購入していたらお金が持たない。乱読用に図書館を利用して、気になる本や興味ある本をどんどん借りて読んでいく。
    熟読はしない、ピンと来なければ途中まででいい。
    図書館になければ、リクエストすれば読むことができる。そして、熟読したい本や、気に入った本が見つかったら、購入していく。

    この考えはとてもすっきりしていていい。

    そして、分類法やレファレンスサービス。
    長年、図書館に通いつめていたのに、知らないことばかりだった!

    また、この本で紹介されていた、全国の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に検索できるWEBサイト「カーリル」。
    amazonと提携しているサイトなので、表紙写真付きで本を探せて、そのまま図書館で予約まで出来てしまうという、驚きのサイト。
    私も早速登録して、本の写真とレビューを見て、近所の図書館にボタンクリックで予約した。
    なんて楽しくて便利なんだろう!

    図書館をフル活用するための「活用術」がたくさん紹介されている。
    古い友達の良さを再発見し、また付き合いが深まる、みたいな嬉しさがあった。

    この本を片手に、今までよりももっともっと深く、
    図書館と付き合おうと思う。

  • 図書館の利用法の本。まだ使ったことない人にとっては有用な本。よく利用している人には当たり前のことが書かれている本。

  • うん、図書館は活用すべし。

  • 一冊のノートのまとめなさいシリーズの奥野さんの


    図書館活用術。


    個人的には図書館は娘たちの本を借りるのに2週間に1度は通っていますが


    自分の本は基本買って読むので、図書館はあまり活用できているとは言えません。


    奥野さんのこの本を読むと、図書館ってこんなに使い勝手がいいんだ、とあらためて思いました。


    せっかく身近にあるので、少しでも活用していこうと思いました。

  • 〈本から〉
    日本中に3000館以上ある図書館は「ご当地オフィス」なのです。
    NDCの仕組みさえりかいおけば、日本中どこの図書館にい行っても通用する
    めくって楽しいレファレンスブックは、死ぬまで読み終わらない一生ものの本

    リクエスト
    協力貸し出し
    ネットワーク

    図書館の本を一斉検索「カーリル」
    「Libron(リブロン)」「その本、図書館にあります」

  • 見出し読み。
    大学図書館も使えるのか確認すること
    レファレンスをようやく理解できたこと
    リクエスト、予約を改めてしようと思ったこと

  • 図書館の利用法についての本。
    図書館は借りるだけじゃないのよ!こんなふうに使えるのよ!ということを、筆者の経験を交えて分かりやすく解説してくれる。
    司書資格取ったけど、有料データベースは知らなかったので勉強になった。
    社会人だけじゃなく、レポートを書く大学生とかにもすごく参考になる本だと思う。

全45件中 1 - 10件を表示

奥野宣之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
恩田 陸
グレッチェン・ル...
三浦 しをん
村田 沙耶香
瀧本 哲史
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるを本棚に「積読」で登録しているひと

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるの作品紹介

これからの時代、「図書館利用術」が最強である!図書館がいま、スゴいことになっている!?知ってる人だけトクをする「技」が満載!!

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるはこんな本です

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるのKindle版

ツイートする