図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける

  • 513人登録
  • 3.52評価
    • (16)
    • (27)
    • (37)
    • (8)
    • (2)
  • 44レビュー
著者 : 奥野宣之
  • 朝日新聞出版 (2016年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513649

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田口 幹人
三谷 宏治
瀧本 哲史
村田 沙耶香
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるの感想・レビュー・書評

  • 図書館の利用方法
    情報検索=インターネットではない
    図書館を使う利点は何かを考える

    地域資料は充実している
    本とのセレンディピティな出会い
    学習時には大きな机は重宝する
    リファレンス的な視野からのデータベースの活用

    アウトプットするためにも読むことが重要である

  • <目次>
    序章   図書館の「場」としての力
    第1章  「集中力」編~作業効率アップ・サードプレイス・知の空間として
    第2章  「発想力」編~セレンディピティ・視点変換・拡散思考
    第3章  「思考力」編~情報収集・調査・分析・意思決定・判断・集中思考
    第4章  「教養力」編~生涯学習・独学・雑学・レクリエーション・スキルアップ
    第5章  図書館のトリセツ~もっと図書館を知り、使い倒す人になる!
    第6章  「使える図書館」を探すための7つのチェックポイント

    <内容>
    書いてあることは至極最もなのだが、こういう本がなかった気がする。一番納得したのは、図書館の本は返却期限があるのだから、全部読む必要はない。読んでみて「素晴らしい。使える」と思ったら、買えばいい。この2点。2つとも当たり前なのだが、なかなか実行できなかった…。それから、「広域利用制度」をもっと充実させてほしいな…

  • お洒落な図書館巡りではなく、近所の「福祉っぽい雰囲気」の図書館をどう使いこなすか。ビジネスパーソンでも享受できるメリットが数え切れないほどある。単なる公共施設ではなく宝の山なのだなあ。

    奥野さん自身が近年司書資格を取り、利用者視点と中の人視点と両方の話があるのが楽しい。読み終わったらまず自分ちの近所の図書館を調べたくなる本。データベース使用とボトルキープ法、いいな。

  • 久しぶりに購入した本♪
    今後、長く活用できそうな本。

    なんともこの表紙の装丁が、最高に格好いい!
    そしてこの言葉。

    ネットにはない
    「場としての力」を
    フル活用せよ!!

    私は小さいころから図書館が大好きだった。
    友達との遊び場も図書館だったりして、
    小学生の時は、笑い転げるような絵本を見つけては
    大笑いして一緒に読んだり、
    中学生になると、赤毛のアンを全巻読んだり、
    星について興味を持ち、ロマンを感じながら天体の本を読んだり。
    大人になってからも、子供が出来てからもいつも図書館は生活の一部だった。

    しかし、図書館には本を借りるだけではない活用法がこんなにあったとは!!!

    最近は、新しい本が少ない、とか、おじさんの咳払いや独り言が気になる、とか、図書館のイメージがあまりよくなくて足が遠のき気味だったが、
    改めて「図書館のすごさ」を実感した。

    そう、図書館にはものすごい「場の力」がある。

    活用の仕方で気に入ったのは、
    著者も言っているが、
    「図書館の本は、熟読せずに閲覧するもの」という考え方。

    気になる本を片っ端から購入していたらお金が持たない。乱読用に図書館を利用して、気になる本や興味ある本をどんどん借りて読んでいく。
    熟読はしない、ピンと来なければ途中まででいい。
    図書館になければ、リクエストすれば読むことができる。そして、熟読したい本や、気に入った本が見つかったら、購入していく。

    この考えはとてもすっきりしていていい。

    そして、分類法やレファレンスサービス。
    長年、図書館に通いつめていたのに、知らないことばかりだった!

    また、この本で紹介されていた、全国の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に検索できるWEBサイト「カーリル」。
    amazonと提携しているサイトなので、表紙写真付きで本を探せて、そのまま図書館で予約まで出来てしまうという、驚きのサイト。
    私も早速登録して、本の写真とレビューを見て、近所の図書館にボタンクリックで予約した。
    なんて楽しくて便利なんだろう!

    図書館をフル活用するための「活用術」がたくさん紹介されている。
    古い友達の良さを再発見し、また付き合いが深まる、みたいな嬉しさがあった。

    この本を片手に、今までよりももっともっと深く、
    図書館と付き合おうと思う。

  • 図書館の利用法の本。まだ使ったことない人にとっては有用な本。よく利用している人には当たり前のことが書かれている本。

  • うん、図書館は活用すべし。

  • 一冊のノートのまとめなさいシリーズの奥野さんの


    図書館活用術。


    個人的には図書館は娘たちの本を借りるのに2週間に1度は通っていますが


    自分の本は基本買って読むので、図書館はあまり活用できているとは言えません。


    奥野さんのこの本を読むと、図書館ってこんなに使い勝手がいいんだ、とあらためて思いました。


    せっかく身近にあるので、少しでも活用していこうと思いました。

  • 〈本から〉
    日本中に3000館以上ある図書館は「ご当地オフィス」なのです。
    NDCの仕組みさえりかいおけば、日本中どこの図書館にい行っても通用する
    めくって楽しいレファレンスブックは、死ぬまで読み終わらない一生ものの本

    リクエスト
    協力貸し出し
    ネットワーク

    図書館の本を一斉検索「カーリル」
    「Libron(リブロン)」「その本、図書館にあります」

  • 見出し読み。
    大学図書館も使えるのか確認すること
    レファレンスをようやく理解できたこと
    リクエスト、予約を改めてしようと思ったこと

  • 図書館の利用法についての本。
    図書館は借りるだけじゃないのよ!こんなふうに使えるのよ!ということを、筆者の経験を交えて分かりやすく解説してくれる。
    司書資格取ったけど、有料データベースは知らなかったので勉強になった。
    社会人だけじゃなく、レポートを書く大学生とかにもすごく参考になる本だと思う。

  • 図書館をよく使うが、私と同じようにほとんどの人は図書館の本来の役割の半分も理解して使えてないのがよくわかった。
    図書館とはもっとうまく付き合える。
    新たな発想や調べ物にいかに適しているか、レファレンスサービスとは何か、とてもわかりやすく書いており、またどこかで読みたい。

  • 3.5

    memo
    このOPACと棚見の往復が、独自の発想をするのに効果的な理由は、自覚できていなかった問題意識や自分の潜在的な情報ニーズに気づけるようになるからです(p84)

    書店の棚が「現代の縮図」なら、図書館の棚は「社会の足跡」と言えます(p176)

    実は、ネットで得られる情報は質量ともに「貧しい」のです。...中略...また検索上位のものはだいたい最近のもので、パーソナライズ検索(個別ユーザーの好みに合う記事が表示される仕組み)の効果もあって、内容も似たり寄ったり。...中略...ネット検索では「誰が調べても同じ」になるのです。...中略...いまやそのイメージとは裏腹に、ネットとは「多様で豊かな情報に出会うこと」が難しいメディアになってしまっているのです。(p5〜6)

  • 読みやすく、「目に優しい」編集。大事なところに太字が使われ、絵を多用しているので、分かりやすいのです。

    図書館をあらゆる角度から眺め、あらゆる人を対象とした書き方に好感が持てました。もちろん、そこで働く人にとっても有益です。普通の人目線を意識する必要性を感じました。

    目的を持たず、ぶらりと行ったときに思わぬ発見ができる、という視点に同感。すぐに近くの図書館に行ってみたくなりました。

  • 主にビジネスマンを対象に図書館の使い方についてがっつり紹介されている。ある程度、自分で図書館が使えるようにOPACや図書館分類について説明されている。なんていうか「図書館使いまくろう!」という気持ちが出てくる。

  • 最寄りの図書館をもっと活用しようと思った。

  • あまりにも良い本だから読んでる途中で買っちゃったw図書館の新しい利用の仕方がここにあるように思えた。

  • 2016年3月刊。「本を予約して借りる」以外の図書館の使い方。NDCの分類番号は便利そう◆【引用メモ】「どんな本を読んでいるか」というのは、個人の内面につながるデリケートなことだからです。(中略)いまの図書館では(中略)個別の利用者の貸出履歴データは本の返却時に消えるようになっています。館内に監視カメラがある場合も利用者の顔や本のタイトルが映らないように配慮されているそうです。だから、図書館をいつどのように利用したか、どんな資料や本を使ったか、といった情報が図書館から漏れることはありません。(p.171)

  • 図書館をうまく利用する方法について書かれている本です。図書館は、本を借りるだけの場所ではなく、リファレンスサービスなど色々な利用法があります。この本には図書館を利用している人でも知らない図書館利用のTips満載です。図書館をうまく活用すれば、インターネットで得られる情報の何倍も深みのある情報が手に入ります。特に、NDCをベースにした図書の探索法は参考になりました。本好きの人の中には、「本は自分で買うべし、図書館で借りるなんてもってのほか」という人もいますが、私も実は図書館大好きです。奥野宣之氏の図書館に対する思いに同感することしきりです。

  • 社会人向け司書講習

    図書館の最大の売りは、有料データベースが使えること。
    日経テレコンなど。

    図書館は歩き回れるインターネット。

    図書館の自習室はちょうどいい緊張感がある。
    日本中の図書館はご当地オフィス。

    分類番号が同じで、自動コーナーやYAコーナーで入門書を探す。特に2類:歴史は役に立つ。短くて簡潔。
    児童コーナーをチェックする。

    レファレンス・サービスお願いします、は効率アップの合言葉。調べ物をするとき。

    4点コピー=表紙、背表紙、奥付、著者プロフィールをコピーする。

    古典や歴史、科学の図鑑などは、図書館に置いたままで読み続ける。毎回続きで。

    図書館は無料。プールは有料。GHQの民主化政策のおかげ。

    教養のためには、ストックの知識(現代の情報ではなく、過去の確立された知識)を仕入れる。

    図書館は借りた履歴は破棄されている。図書館の情報リテラシーは高い。

    国会図書館デジタルコレクション=自宅からは40%程度しか見られない。

    リブロン(その本、図書館にあります)

    有料データベース=ジャパンナレッジ、日経テレコン、聞蔵(朝日新聞、アエラ)、ヨミダス(読売)、D1ーLOW.COM(第一法規)

  • 司書の資格を取った著者が、図書館を普段使わないビジネスパーソン向けに書いた本。
    内容的には個人的には目新しいものは無かったのだけれどだからこそ、初心者と言うか普段使わない人にこそもってこいだと思う。
    と言うか意外と普通の人は知らないのかもと思いなおしたので本好きの人に薦めてみたい本だった。

    帯の図書館は最早観光名所としてもやっていけると思う。

    ちなみに普通の市民としてはさいたま市が一番使い勝手良かったと思う。
    あと浦安市もレファレンスとかかなり力入れてたなぁと今ごろ気付いた。

  • ライブラリアンの今、これからの本。
    関係者のみならず、すべての知的好奇心を持つ人にお勧めしたい。

  • 図書館をうまく活用したらこんなに楽しいのか!と思えました。

  • 自分も図書館を活用してるつもりでしたが、さすが奥野宣之さんでした,紹介しているのが関西の図書館中心なのが残念。

  • こういう図書館の人じゃない意見や見方を忘れないようにしたい!!
    図書館が魅力的な場所だと思える一冊で、読んでいてうれしかった。
    これをみんなに伝えるように、実践していかなくちゃっ!!

    なぜいま「図書館」なのか
    ネットでは見つからない自分だけの「解」
    ~ネットで得られる情報(ネット検索)は、「似たり寄ったり」「誰が調べても同じ」「決まりきったもの」

    ネット=「多様で豊かな情報に出会うこと」が難しいメディア

    「自分だけの問い」には「自分だけの解」が必要。
    答えをいきなり「検索」するのではなく、本を渡り歩いて「模索」する、が必要。



    P11「あの~、いま○○について調べているんですけど・・・」と聞くと司書の人は本を数冊選んだうえで、「あとは、このへんの棚を見るといいですよ」と館内図にマル印を付けてくれました。

    P12図書館は「よくわからないもの」です。
    ~「利用者を育てる」という発想がありません。

    図書館、その3つの力
    1)課題をクリアし、成果を生み出すための「ラボラトリー」
    図書館を使うことの大きなメリットは、「あいまいなまま研究を始められる」

    2)重要な場面で意思決定し、決断を下すための「シンクタンク」

    3)思いもしない自分を発見し、可能性を広げるための「ゼミナール」
    「歩き回れるインターネット」
    「求めていると自覚している情報だけでゃなく求めていると自覚していない情報にも出会うことができる

    P53「人は環境の奴隷」「人は環境の子なり」
    人間は、多かれ少なかれ無意識のうちに周りの影響を受けてしまう

    P57図書館ポートフォリオを作る
    すぐに利用できるように情報を整理
    *利用案内
    *開館カレンダー
    *データベース
    *雑誌、新聞の種類

    発想力
    1NDCを知る、覚える ヒトケタめは必ず覚える
    2棚の前に立つ
    3OPACのクセを知る 棚見と往復で倍増
    4行き詰まったら、ぶらぶらブラウジング 角度を変える
    5ビジュアル本
    6館変え
    7ちょい寄りの習慣

    レファレンスコーナーはミニ図書館
    0~9類までそろっている
    年鑑、新語辞典、便覧(ハンドブック)

    河出ふくろう
    新潮とんぼ
    平凡社コロナブックス

    あしがたずかん
    究極のアウトドアテクニック
    知の歴史 ブライアン・マギー
    道具と機械の本 マコーレイ
    こども大図鑑
    辞書・事典のすべてがわかる本
    絵でみる古代世界地図
    絵でみる世界海洋地図

    図説 第二次世界大戦
    クマグスの森
    戊辰戦争
    画家たちの戦争 とんぼ
    作家の酒
    植草甚一スタイル


    <教養力>
    頭の中を
    フロー型からストイック型に
    あまり変わらない知識を仕入れて行く

    図書館の本はパラ見OK
    買いたい本を探すため

    一生もののレファレンスブック
    一生学び続けることができる
    21世紀こども人物館/小学館
    人物20世紀/講談社
    図説ラルース世界史人物百科(全4巻)平凡社

    誰でも使える
    無料

    ブラウザ機能
    *リブロンLibron
    http://www.libron.net/
    *その本、図書館にあります
    https://chrome.google.com/webstore/detail/%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%9C%AC%E3%80%81%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/ldidobiipljjgfaglokcehmiljadanle?hl=ja&gl=JP


    http://www.i-h... 続きを読む

  • 図書館へ行くのは大好き。
    田舎暮らしになって車でないと行けない距離だから、以前よりも行く回数は減ってしまったけれど、それでも1週間に1回は必ず行っているな。
    2日に1回は行きたいけれど、こればかりはどうしようもなく……。
    田舎の図書館は規模が小さいので読みたい本がないことが多い。
    前々から、隣の市の図書カードを作ろうと思っているけど、なかなか面倒で先延ばしになっている。
    こりゃ、利用しない手はないわね。

全44件中 1 - 25件を表示

奥野宣之の作品一覧

奥野宣之の作品ランキング・新刊情報

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるを本棚に「積読」で登録しているひと

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるの作品紹介

これからの時代、「図書館利用術」が最強である!図書館がいま、スゴいことになっている!?知ってる人だけトクをする「技」が満載!!

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるはこんな本です

図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につけるのKindle版

ツイートする