錆びた太陽

  • 481人登録
  • 3.48評価
    • (19)
    • (66)
    • (63)
    • (10)
    • (7)
  • 83レビュー
著者 : 恩田陸
  • 朝日新聞出版 (2017年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514653

錆びた太陽の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しくにのびのび書いているなっていう感じ。『蜜蜂と遠雷』と違っても、こういうのも好き。コミックを読んでるみたいだけれど、砕け過ぎてない、その加減がいい。ただ、ある程度年をとってる人でないと楽しさは半減かもね。それにロボットとか原発とか未来ありえる世界を書いています。これはこれで良い、うまいように書いてるな〜ってことで満足。

  • 小ネタ満載(世代じゃないのが残念)だけど、結構シリアスな展開。

    つくづく圧倒された。
    そのあまりの世界規模での無駄遣いに。

    一度始めてしまったものを止めるということはとても難しい。
    それでも、
    どうしてやめるという選択肢を選ばなかったのか。

    そのとおりだと思う。

    もしそれが出来ていたら、
    どのくらいの人を救えただろうか?
    そう単純なことではないけれど、そう思う。


    このキャンペーンは本当にすごいな。
    本当に政府がやりそうなキャンペーンで笑えないところが、恐ろしい。

  • SFでミステリー、ホラーにシリアス。卓絶で秀抜な作品。

    ロミオ的なサブカル昭和ネタぷんぷんでついてけるかと心配したけど、杞憂だった。そんくらいしなきゃ押しつぶされる重厚なテーマ。
    エンターテイメントとして昇華できる、彼女はやはり天才。


    「人間を信じ切るには、あまりにも彼らは前科が有りすぎる」

    恐ろしい終末を回避できるのもやっぱり人間だからと信じたい。

  • 制限区域内、ヒューマノイド型ロボット、国税庁の一風変わった女性職員。

    核と日本の行方・・・考えたら、ありそうな話がテーマ。
    さすがにゾンビとかはないでしょうけど・・・。

    テーマは重いのに、ロボットと特徴あり過ぎな徳子とのやりとりがおもしろくて、先も気になり、楽しく読めました。

    願わくば、はじめてことは止められないとか、政治家は目先の事しか見てないとか、核の脅威とか、絵空事でありますように。

  • 図書館で借りたのだが、予約数の割に早く順番が回ってきて、読んで納得。
    先の展開が全く読めない為、ページをめくる手がとまらない。
    ストレイテナー聴くのか。。引出の多さ。。

    恩田氏と同性代の人ならより楽しめるのだろうな、という小ネタ満載。
    また、3.11を思い出させる。

    合歓の花、というのを検索したが、確かに凄く綺麗な桃源郷にありそうな樹、という印象を受ける。

    とにかく、国税庁の女性もぶっ飛んでいるし、猫も環境もぶっ飛んでいるし、
    同じ顔の7人がシンクロしているシーンなんて是非ともアニメーションで観たい。

    『夜のピクニック』みたいな感じが恩田氏、と思っている人に読ませてみたい。

  • 2017/6/25-7/3読了

  • 面白かった。安全第一 火の用心 整理整頓 大魔神 今日も元気で行ってらっしゃい

  • 1日で読み終わり。
    冒頭から恩田さんのぶっ飛ぶ系炸裂。
    ウルトラエイトのネーミングが、、、
    吹き出してしまった。
    この人時々大変な飛び方するんだよなー。
    ロミオとロミオとか、雪月花に見るアレね。
    面白かったけど、また伏線おざなりに処理したね。
    恩田節でいえば、やはり曖昧なミステリーがいちばん好きだなぁ。
    原発のゴミ処理場所にしちゃおう計画については、コッペリオンを彷彿とさせる。
    日本の政府ってつくづく期待されてない。

  • 掴みはパーフェクトだったが、尻すぼみな結末で★マイナス2
    ※特に時折垣間見える昭和なギャグのセンスは私のツボに嵌った

    政府のダメダメな部分、マルピーを産みだした経緯、徳子の真の目的、ボスの葛藤などをもっと表現して欲しかった。

    恩田さんが円熟味を増してから、この続編(あるいはアナザーストーリー)を描いて欲しい。

  • 「直木賞受賞後長編第一作」などと帯ではなく表紙に直に印刷されれば否が応でも期待は膨らむ…しかしこの作品はいったいなんなんだ。
    ゴリさんデンカ、一番星にワイルド7、そして挙げ句の果てにゾンビまで登場、駆け出しの若造がおふざけでやってるならともかく50過ぎの直木賞作家がやることじゃない。
    その軽薄さに嫌気がさしながらとにかくと読み進めるものの内容もまたペラッペラ、錆びているのは太陽じゃなくあなたのペンでしょ!と思ってしまった次第。
    マルチプレイヤーの描くディストピア小説とか評されているようだが私にはさっぱりわかりませんでした


全83件中 1 - 10件を表示

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

錆びた太陽を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

錆びた太陽を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

錆びた太陽のKindle版

ツイートする