星の子

  • 628人登録
  • 3.50評価
    • (14)
    • (65)
    • (56)
    • (14)
    • (2)
  • 74レビュー
著者 : 今村夏子
  • 朝日新聞出版 (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514745

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

星の子の感想・レビュー・書評

  • 『あひる』からネガティブな感情をもらったので、この本の予約もとても迷いました。手にして読んでみるとあっさりしている。文中で出てくる、とあるものの「見えた」「見えない」の(一見すると無意味のような)繰り返しに一人でイライラして、一体何を言いたいのか訴えたいのか、わからなくてネタバレや他の方の感想を見て、初めて“なるほど……”っと思いました。

    今まで当たり前だと思っていたこと、学校とかから教え込まれた価値観がねじれるような感じ…がする。白黒つけにくい事柄、ふだん目をつむって見ないようにしている物事などをテーマに持ってくるので、とても感想を書きにくくて…淡々としているから読みやすいんだけど、とてもしんどいと思う。

    私は、つい雄三おじさんになって読んでしまったけど、宗教にのめり込んでいる両親にもなれるし、家出した姉にもなれる。南先生の反応は悲しかったけど、そういう自分も、きちんと私の中に存在している。見守ってくれる友人のなべちゃんになることも出来る。生きているこの世界で、色々なものに縛られているけど、心はもっと自由でありたいと思うし、のびのびしたい…と願う。

    あとからじわじわ…としみてくるというか、目に見えない細かい棘が刺さっているようで、気持ちが落ち着かない。この作家さんの本を読むといつもこうなるから困る。参っちゃう…。あと不思議なんだけど、自分が子供だった頃、昭和50年代にスッと戻る気がして、懐かしいような胸が苦しくなるような…そんな気分になる。ほんと不思議だと思う。

  • なるほど、なるほど…。

    今回の芥川賞候補作として発表されたこちら。

    何より装丁が素敵。
    色が良い。

    内容は新興宗教ものなのでだいぶデリケートなんだけど、
    切ない暖かさがつまっている。

    友達、みんなこんな風なら良いのにね。
    そうしたら色んなこと乗り越えられるね。

    愛するひとの信じることを自分は信じられるのか。

    お友達の、みんな騙されてるのかもしれないという話のくだりに哲学を感じた。


    ラストの余韻が凄い。
    きっとあの夜のあと、色んなことが変わるんだと思う。
    良い方向ばかりでは無いかもしれないけれど。

    あえて描かれない部分に深い奥行きを感じる作品だった。

  • 新興宗教にのめり込む両親に育てられた娘の日々を描いた、芥川賞候補作。

    熱心な信者である家庭で育った子どもの問題は、じつに難しい。
    物心ついたときから親の盲信する宗教が身近にあった主人公も、成長とともに周囲とは違う環境に身を置いていることに気づく。が、多少の混乱はあるものの、深く悩んだり拒絶したりすることもなく、現状を受け入れ続ける。救いは、まともな親戚と友人の存在だ。
    判断力のない子どもには、選択する余地がない。まして、そこに親の愛情が注がれているならなおさらだ。本人は両親の愛にくるまれていることが心地よく、外の世界には踏み出せないのだから。

    たとえ居心地のよい場所であっても、インチキ商法や強引な勧誘、リンチ事件などから、宗教団体の正体はうかがえる。ラストシーンも表面上は美しいけれど、そこには親が盲目的に信じるものに娘の一生を封じ込めようとする恐ろしさがある。
    でも、その異常性は終始温かみのある優しい文章のオブラートに包まれて、見えにくい。作者はマインドコントロールするかのように、読者をも煙に巻こうとしている。じつに巧妙だ。
    初めての作家だったが、他の作品も読んでみたくなった。

  • 初めての作家さん。
    主人公の女の子の体が弱かったことから新興宗教らしきものにはまっていく両親。異常な世界を、わりと冷めた目で眺めつつも、主人公自身、普通の人からみたら奇妙な行動をとってしまう。
    そのはざまで、もがいている感じが少し恐い感じがしました。ラストはどうとでも解釈できる終わり方で、これから主人公はどうなってしまうのか...考えさせられて終わります。
    不思議な世界観の本でしたが、自分では気がつかないだけで、傍から見ると自分もこの主人公と同じではと感じさせる本です。

  • 人が突いてほしくないところを突いてくるなぁ、今村さんは。『こちらあみ子』や『あひる』ほどではないけれど、相変わらずざわざわする。
    南先生とのエピソードが辛くて、それが凄く良かった。
    春ちゃんの彼氏が宣誓の時間に放った言葉は一見素敵だけれど、信じるもの=新興宗教だと思うとやっぱり怖い。
    ラストはどう解釈すればよいのかわからなくて、もやっとしてます…

  • 今村夏子さんだから一筋縄ではいかないぞ、と身構えて読んでもなお驚かされる。
    あからさまにうさんくさい新興宗教にハマった両親、耐えかねて家を出た姉、様々な反応の周囲。
    ヒリヒリする世界を、主人公はただ生きていく。
    宗教団体サイドを単に悪者ともせず、周囲を迫害するだけのやはり悪者ばかりともせず、そのバランスがかえって怖い。
    今後の作品も楽しみだ。

  • 次女の病気をきっかけに新興宗教にのめりこんでいく両親。
    ありがちなテーマだけど、宗教団体をひとつの小さな社会としてとらえ、その中と学校の中と二重の生活をおくる子供たちの奇妙な自然さと不自然さが淡々と描かれているのが薄気味悪くて今村夏子らしい。

  • 両親を不審者に間違われ、二匹、と数えられたり、と、また細部でざわざわさせられる。
    たまたま奇跡のように感じられたことで、信仰に繋がるというのは、恐ろしいけどリアル。

  • 『あひる』で芥川賞候補になった今村夏子の最新作。
    一見、ほのぼのとしていながら、背後に控える闇は深い。ちょっとホラー的というか、そういう傾向が強い作風だと思う(〝あひる〟の時も似たようなことを書いたような気がするが……)。

  • 家族。宗教。
    子どもの頃のひどい湿疹が、父の職場の人から勧められた水で治ったところから宗教的なものと近しくなっていく。
    静々と進行していく日常。崩壊していってるようでもある。周りの人の怖がられたり拒絶されたりする描写もあるけど、子どもの方が順応性があって、教師からの態度に対してフォローしてくれるんだなぁ。

  • 病気がちの主人公ちひろの身体を心配して救いを求め、新興宗教にはまり込んでしまった両親と思春期に成長して丈夫になったちひろはそんな両親と宗教と同級生のはざまで生きている。

  • 最初から最後まで淡々と物事が進んでいた。それが私たちの日常に近く親近感が湧き高評価する人と、小説という架空の世界特有のどんでん返しを期待して少し残念に感じる人に分かれると思う。
    主人公がアトピーになり、悩んでいた両親が職場の同僚に勧められた水を機に宗教にはまっていく。
    最後は賛否両論あると思うが個人的に好き。流れ星を探してるシーンが主人公を親戚の家に預けることに決めた両親の少しでも一緒にいたいという気持ちに感じた。
    子供は両親を選べない。でも子供は親の影響を強く受ける。自分が親になったら子供の可能性を信じて好きなことをさせてあげたいと思った。とても考えさせられる作品でした。

  • 2017/10/9

    柔らかいのに、尖ってる。

    「金星のめぐみ」という魔法の水を愛用し、頭にタオルを乗せて生活する家族。
    まーちゃんつらかっただろうな。

  • 17/10/07読了
    境界線の上を歩いているような危うさが、終わりにどう回収されたのかされなかったのか、わからなくて少し落ち着かない。意図されているのだろうけど汲み取れず…

  • 終わりが、唐突だったなあ…
    この作品の主人公もそうだが、全てを受け入れるような、ぼーっとした態度が、周りの人の救いになるんじゃないかと思う。そんな作品にこの頃よく出会う。なにができるかより、どれだけ愛せるかだ、と、思う。

  • 主人公の「ちーちゃん」が虚弱体質で生まれてきたことをきっかけに、マイナーな宗教(仏教やらキリスト教やらではない)にハマった両親。他人から見ると、怪しい宗教にハマっている一家、ということになる。しかも、ちーちゃんの姉はこの状況を嫌って家出をし、行方不明という状況だ。親戚からも、距離を置かれたり、または「目を覚まさせよう」という働きかけを受けたりしている。でも、一見特異な状況にあるちーちゃんは「普通」の子で、ごく自然体で、両親を愛している。
    親戚が心配をするのは当然だし、親切かとも思うけれども、本当に彼らは「異常」なんだろうか?こういう宗教は「悪」なんだろうか?
    とても読み易く、サクサク読めてしまったが、ずっしりと心に留まる一作だと思った。

  • あれ?この結末は?
    これで終わりか。そんな印象。
    残念ながら子は親を選べない。
    ハッキリ言って怖いです。人間は簡単に洗脳されてしまうのですね。
    主人公のクラスの子達が案外、主人公に対して普通に接しているのが意外だった。
    最後に出てきたツダさんが、一波乱起こすのかと思いきや。何もなく。南先生は、まぁ不快だったけど毎時間似顔絵はなぁ。

  • 「えっ、ここ?」ってところで終わってしまった感が。なんかもっとドロドロした話を想像してた。

  • その人なりの、その世界で、自分なりにがんばってるんだよ。

  • 第137回芥川賞候補。新興宗教の熱心な信者を両親に持つ女の子の話。主人公は信仰を生活の一部として受け入れている様子が自然で、モデルがいるのかなーと思いました。素直な両親は、親切そうな落合さんに利用されているように感じました。人気者の南先生の性格も良くないし、様々な表と裏とか、本当と嘘とか、淡々とした物語の中に複数の面が描かれていて、読後なんとなく考え続けてしまいます。夜の散歩のエピソードは、両親との別れかなーと私は感じました。主人公は納得しないかもしれないけど。物語の先にいろいろな可能性があって、良い結末だと思いました。

  • う~む。これで終わっていいのか?奇跡の水を信じる両親のもとで育つ少女のただの半自叙伝的な内容。☆2つでもよかったか。

  • 病弱なちひろの湿疹を治した「金星のめぐみ」。ちひろが授業中に描くのは、南先生ではなく、ターミネーター2に出てくるエドワード・ファーロング。両親が変な宗教に入っていても、近所の人たちに噂されていても、ちひろにとってはそれが日常で、そこには親子の愛がしっかりある。最後の星空のシーンがすごくいい。

  • 終わり方が特徴的なんですよね、今村さん。
    読者に最後のところまでになると想像させる、、、あの感じ、、、


    芥川賞候補作品

  •  私はこの物語のラストは、親と主人公が一緒に過ごす最後の夜だったのだなと思いました。
     最終的に親は、主人公を兄弟の元に送る決意をして、こどもの親離れを、流れ星の見えた見えないで改めて認識する、切ないラストシーンだったと思います。
     こどもの為を思って生きてきたけど、いつのまにか親から独立していく普遍的な悲しさがテーマだと思いました。

     それにしてもこの作者は、1冊に1回は笑っていいのかあかんのかわからないけど、たまらなくおかしいシーンを入れてくれるから面白いです。今回は『匹』と『かっぱの皿』にニヤニヤしました。 

  • おもしろかったー。
    両親の変な真っ直ぐさといい。
    楽しそうに見えるんだけど
    なんだか不気味。
    この人の小説全部おもしろいけど
    なーんか不気味

全74件中 1 - 25件を表示

星の子を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星の子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星の子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の子を本棚に「積読」で登録しているひと

星の子のKindle版

ツイートする