星の子

  • 465人登録
  • 3.56評価
    • (7)
    • (43)
    • (23)
    • (7)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 今村夏子
  • 朝日新聞出版 (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514745

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

星の子の感想・レビュー・書評

  • なるほど、なるほど…。

    今回の芥川賞候補作として発表されたこちら。

    何より装丁が素敵。
    色が良い。

    内容は新興宗教ものなのでだいぶデリケートなんだけど、
    切ない暖かさがつまっている。

    友達、みんなこんな風なら良いのにね。
    そうしたら色んなこと乗り越えられるね。

    愛するひとの信じることを自分は信じられるのか。

    お友達の、みんな騙されてるのかもしれないという話のくだりに哲学を感じた。


    ラストの余韻が凄い。
    きっとあの夜のあと、色んなことが変わるんだと思う。
    良い方向ばかりでは無いかもしれないけれど。

    あえて描かれない部分に深い奥行きを感じる作品だった。

  • 『あひる』からネガティブな感情をもらったので、この本の予約もとても迷いました。手にして読んでみるとあっさりしている。文中で出てくる、とあるものの「見えた」「見えない」の(一見すると無意味のような)繰り返しに一人でイライラして、一体何を言いたいのか訴えたいのか、わからなくてネタバレや他の方の感想を見て、初めて“なるほど……”っと思いました。

    今まで当たり前だと思っていたこと、学校とかから教え込まれた価値観がねじれるような感じ…がする。白黒つけにくい事柄、ふだん目をつむって見ないようにしている物事などをテーマに持ってくるので、とても感想を書きにくくて…淡々としているから読みやすいんだけど、とてもしんどいと思う。

    私は、つい雄三おじさんになって読んでしまったけど、宗教にのめり込んでいる両親にもなれるし、家出した姉にもなれる。南先生の反応は悲しかったけど、そういう自分も、きちんと私の中に存在している。見守ってくれる友人のなべちゃんになることも出来る。生きているこの世界で、物理的にも(物理的でなくとも)、色々なものに縛られているけど、心はもっと自由でありたいと思うし、のびのびしたい…と願う。

    あとからじわじわ…としみてくるというか、目に見えない細かい棘が刺さっているようで、気持ちが落ち着かない。この作家さんの本を読むといつもこうなるから困る。参っちゃう…。あと不思議なんだけど、自分が子供だった頃、昭和50年代にスッと戻る気がして、懐かしいような胸が苦しくなるような…そんな気分になる。ほんと不思議だと思う。

  • 人が突いてほしくないところを突いてくるなぁ、今村さんは。『こちらあみ子』や『あひる』ほどではないけれど、相変わらずざわざわする。
    南先生とのエピソードが辛くて、それが凄く良かった。
    春ちゃんの彼氏が宣誓の時間に放った言葉は一見素敵だけれど、信じるもの=新興宗教だと思うとやっぱり怖い。
    ラストはどう解釈すればよいのかわからなくて、もやっとしてます…

  • 今村夏子さんだから一筋縄ではいかないぞ、と身構えて読んでもなお驚かされる。
    あからさまにうさんくさい新興宗教にハマった両親、耐えかねて家を出た姉、様々な反応の周囲。
    ヒリヒリする世界を、主人公はただ生きていく。
    宗教団体サイドを単に悪者ともせず、周囲を迫害するだけのやはり悪者ばかりともせず、そのバランスがかえって怖い。
    今後の作品も楽しみだ。

  • あひると違って明らかに異常な家族を描いてるけど、全ては良かれと思ってやってることで、理想的な家族という幻想を目指す全ての家庭に当てはまる恐ろしい物語だった。
    宗教というのはそこにつけ込むもので、つけ込んでる側もつけ込んでるつもりはなかったりするけど、ちゃんとそこに意識的な人物も登場する。
    本人達が幸せなんだったらいいじゃん、というのは占い、水素水、民間療法…などの話題でよく耳にする言葉だ。
    そういう人たちはこの物語の恐ろしいエンディングをただ美しいだけの場面と捉えてしまうだろうか。

  • 次女の病気をきっかけに新興宗教にのめりこんでいく両親。
    ありがちなテーマだけど、宗教団体をひとつの小さな社会としてとらえ、その中と学校の中と二重の生活をおくる子供たちの奇妙な自然さと不自然さが淡々と描かれているのが薄気味悪くて今村夏子らしい。

  • 両親を不審者に間違われ、二匹、と数えられたり、と、また細部でざわざわさせられる。
    たまたま奇跡のように感じられたことで、信仰に繋がるというのは、恐ろしいけどリアル。

  • 『あひる』で芥川賞候補になった今村夏子の最新作。
    一見、ほのぼのとしていながら、背後に控える闇は深い。ちょっとホラー的というか、そういう傾向が強い作風だと思う(〝あひる〟の時も似たようなことを書いたような気がするが……)。

  • 今村夏子の本は「あひる」しか読んだことがなく、本書で2冊目なので、安易に共通点を探すこともないが、登場人物が真剣にやっていることが傍から見ると奇妙であったりコミカルであったりするところが似ている気がする。

  • さて、どう読みこなしたらよいものか…
    ちょっと変わった境遇に生きる少女の物語。家族とは、信仰とは、信じるとは…
    いろいろと考えはよぎるのだけれど、どれも陳腐でもっと深い読みができるのでは、と思ってしまう
    著者の、なぜか「読みだすととまらない」魅力は健在、かつ、不思議だなー。

  • 宗教というか、いかがわしい迷信のある物品、その組織にハマってしまった両親を持ち、まっとうな頭を持ちながらも優しすぎる無知でいる主人公。

  • 第157回芥川賞候補作(受賞は沼田真佑の「影裏」)
    前々回の芥川賞の候補にもなった「あひる」もそうだが、どこかやさしさを感じる文章が特徴的。

  • 読み始めてすぐに何のことか理解した。最近興味を持ち始め、知識を蓄えている最中だったから。当事者の目線と第3者の目線、残酷だけど南先生のシーンを見るとよく分かる。このままでいいのかは、ちひろが決めることだ。だけどそれを許してくれないのが現日本にある宗教なのだと思う。改めて自分の学んでいる分野が、重く暗く深いものだと言うことを悟った。

  • 宗教がらみのお話って暗く、重くなりがちなのに
    なんだかちょっとコミカルなのはなぜだろう。
    主人公がフラットだからかなぁ。

    それにしてもラスト怖すぎ。

  • 第157回 芥川賞 候補作品

    今村夏子作品は今回が初めてだったが・・・・
    芥川賞にノミネートされたことに納得がいく。

    身近で見聞きする宗教や健康食品の類
    拒絶はしないものの 触れてはいけない・足を踏み入れたくないと思っている世界・人たち・・・

    場面に異質なる色を取り込む 引き決まれる文章力は凄く、一気に読めた。
    ただ
    私の読解力が弱いためか、最後の場面からの主人公たちのこれからが想像できずに 何かモヤモヤした気分である。

    あんなに仲の良い両親・居心地はそう悪くない我が家。でも ほかの家と違う違和感。
    主人公の成長がカギなのだろう。

    途中出てくる学校の先生の描かれ方は 
    ちょっと遅めではあるが身近な大人の矛盾に気付く成長の証。

    がんばれ ちひろ。

  • 宗教に入っている家の子供のお話。子供目線で最後までしっかりと淡々と書かれている。新興宗教の変わった世界を描き、日常にありうる変わったもの、異質なものを表現したかったのか、すぐあなたの隣にあるものですよ、その時あなたは? と。水で病気が治ってしまった、となれば信じてしまうのかなあ、そして、自分も同じ道に。家族愛もあり、じわりとくる物語。難しい。

  • 感想が出てこない。当事者性が強すぎるのと、自分自身はそこで立ち止まっているわけではないんだけど、善とか悪ではない生々しさが思い起こされて、感想が出てこない。宗教の気持ち悪さとか、独善とか、底知れない何かを、ネガティブな形で描きたいのではないだろうと感じた。現代の日本で宗教を賛美する小説なんて、需要も必要もないだろうけども、逆もまた然りでそれはイデオロギーでしかないだろう。

    人間って何だろうか、社会ってなんだろかと、ホント月並みなつまらない言葉しか出てこない。それだけ小説としての力があるんだろう。


    17.7.30

  • 読後感をどこにもっていけばいいかわからなかった作品。
    わたしの行間を読む力が弱いのか「え?ここで終わり?」と放り出されたような気分になりました。

  • 図書館で借りた本。
    虚弱体質で生まれた二女のちひろを心配する両親。藁をもつかむ思いで、清めの水を体につけてみたところ、回復に向かったことによって、両親はこの宗教的な団体にのめりこんでいく。林一家の二女ちひろ誕生から中学生までを描いた作品。

  • このままで、いいのだろうか。

  • 異常さを含んだ生活が淡々と描かれていて、そこがまた怖かった。異常を異常と感じない環境。そして最後のシーンも一見幸せな家族の映像にみえるのだが、私には暗闇に溶け込んで共に消えてしまうんじゃないかという風に思えてヒエ〜〜となった。2017.07.23読了。

  • ーーー大切な人が信じていることを、わたしは理解できるだろうか。一緒に信じることができるだろうか。ーーー

    帯のこの一文が、この小説をよく表現している

    主人公は小さいころ身体が弱く、父の同僚のすすめで特別な生命力を宿した水の存在を知る。この出会いから、両親は宗教にのめりこみ、それを受け入れられなかった姉の「まーちゃん」は高校で家を出るが、わたし「ちーちゃん」は家を出ることなく、中学三年生になった。

    この話のすごいところは、最後にわかる
    「ちーちゃん」が宗教に対して、親に対して、どう感じているか、それがわかるところで、流れ星をみつけて「アッ」となるちーちゃんみたいに読者も「アッ」となる
    今村夏子おそるべしだ
    3作読んですべてそういう気持ちになってきたけれど、今作は「こちらあみ子」に並ぶ名作だとおもう

    脇を固める布陣もよくて、雄三おじさんの水入れ替え事件や、しんちゃん、南先生、ひろゆき、新村くん、釜本さん、エドワードファーロング、春ちゃん、春ちゃんの彼氏、なべちゃん…

    後半にいくにつれて、泣きそうなきもちになる
    差別や偏見をする大人に対し、子どもはやさしい

    こういうことって、身近にすごくあるんじゃないか
    読んでいる自分自身がなにか試されているような気になってくる

    すごい本を読んでしまった

  • 何も片付けないおわりかた、
    あみ子といい、星の子といい、
    不穏な不安な空気感と
    純真さ故のいたいけなさと
    希望のぐあいが、絶妙だ

  • 宗教にハマった家族の話。
    展開がなくて退屈なのと会話がただ続いていくのが苦手だった。
    私には良さが分からなかった。

全45件中 1 - 25件を表示

星の子を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星の子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星の子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の子のKindle版

ツイートする