かるい生活

  • 108人登録
  • 3.27評価
    • (3)
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 群ようこ
  • 朝日新聞出版 (2017年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022515018

かるい生活の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20180104予約

  • ゆるいだ、かるいだ、ぬるいだ、だるいだ・・・はまだ無かったかw。 この本読み終わって即やったこと。「群ようこ 弟」と入力してGoogleで調べました。そしたら・・・特に何もなかった。ちょっと期待?はづれでした。ま、いっか。

  • 2018 1/4

  • 私もやればできるかな?係累も捨てちゃおう。

  • 群ようこはあまり知らなかった。
    新聞の広告でこの本を見かけ
    まず違う本『ゆるい生活』を読んだ。
    あまりピンとこなかったが
    酒井順子や三浦しをんなど
    女性のエッセイは好きなので
    もう少し読んでみることに

    「かるい生活」って
    禅とか老荘に興味が自分としては
    好きな題名。
    内容は
    「体をかるく」「物をかるく」
    「しがらみをかるく」とわかりやすい

    女性の視点は
    男である自分にはないものがあり
    新鮮で学ぶべきものがある。驚きでもある
    ----------------
    P184
    どこへ行くにもスマホを手にし、
    何でもかんでも撮影したがる人たちを見ると
    けじめがつけられない人なんだろうと
    感じてしまう

    P190
    「他に趣味もなくて本も読まない人は
    暇な時間に何をしているのかなとは思う」
    彼女が本を読もうと読むまいと
    私にはどうでもよくて
    その気に読むだろうし
    興味がなかったら一生読まないで終わるだろう

    ↑この辺の距離のとり方は好き
    ---------------
    P187
    スマホと二重顎の関係調査で
    車内での楽しみが増えたわけではあるが
    私の持ち物が減ったかというと
    そうではない

    P171
    今のところ
    つま先からくるぶしくらいまでしか
    まっとうになった感じがない

    ↑この辺のユーモアは
    僕が持ちあわせていないところで
    勉強になる。
    東村アキコの漫画『タラレバ』とか
    鳥飼茜の漫画とかも勉強になる。大事。
    ----------------
    P171
    節約というと
    まず使ったお金について考えるけれど
    そうではなくて
    処分したものに支払った金額を
    考えたほうがよい

  • 漢方の話は面白いしすごく興味あるのでもっと書いてくれるといいのに。ここ行きたいってみんなが思うよねー、きっとσ(^_^;) 余計なもの出したいのが今の大人の希望なのかも? 困った親の話、詳しく書いたら誰かバレないのかちょっとハラハラ(;゜0゜)

  • いままで溜め込んだ和服や、物をリフォームを機に捨てたり、
    年齢に合わせたスキンケアや暮らし方など、
    いつもどおりおもしろいエッセイになっている。
    最後のトラブルの話は「どこにでもあるのねー」と、読み流した
    このシリーズ、テーマは好きだけど
    ちょっと冗長な部分も無きにしも非ず…
    次はもういいかなー

全7件中 1 - 7件を表示

群ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かるい生活を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かるい生活を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かるい生活を本棚に「積読」で登録しているひと

かるい生活の作品紹介

【文学/日本文学評論随筆その他】長年の漢方生活で健康的になったけれど、それでも時に訪れる体の不調。漢方の先生に尋ねるとすべて日常のある習慣が原因だった!? 『ゆるい生活』から3年。「体」「物」「しがらみ」の無駄をそぎ落とし、心身共に軽くなっていく日々をつづる爽快エッセイ。

ツイートする