法王庁(ヴァティカン)殺人事件

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 塩野七生
  • 朝日新聞社 (1991年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022563835

法王庁(ヴァティカン)殺人事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローマとマルコの描写ばかりの前半は興が乗らなかったが、ヴェネチィア海軍敗戦の報から終盤への展開は、3部作の纏めとしてもよかった。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/12700798.html

  • 殺人事件がいつ起こるの???と半分来た頃に思いましたんですが・・・・・98%で起こりました。在りし日のローマとかあそこら辺の人々なんかが想像できて良かった本でした。

  •  ……さつじんじけんはどこですか?(笑)

     小説であるとか、事件ものであるとか思わずに、16世紀に生きた人物の目には、16世紀のローマはどんなふうに映っていたのかを見る本だなぁと思いました。むしろそれ以外の何者でもなく、主人公マルコは16世紀ローマの史実に実在する人物と会話し、16世紀のローマの都市を眺めて感想を抱き、触って生活をして遺跡を見学して、――という話です。
     いや、殺人事件と書いてあるだけあって死ぬ人もいるし事件っぽいものもあるのですが、小説内で通して1つのイベントがあるわけではなく、マルコの滞在記というか景色と歴史の描写に終始している感じでした。そういうものを読もうと思うなら楽しめるかもしれない……つまり、著者が塩野七生であることを理解した上で、塩野七生の描く歴史図を見たいと考える範囲においてならば。
     そうでなければ、事件もの、エンターテイメントを期待してこの本を開くと、不満足な結果に終わってしまう事と思います。

     フィクションとノンフィクションの人間関係も、ああこういう風な展開にするのねーというのはありますしこのシチュエーションはむしろ好きな部類ですが……せっかくフィクションなのに、いまいち、歴史を俯瞰して書いた感が拭えなくって、設定は設定として、これを動きのあるストーリーにはもう少しできなかったものかと思います。20年近く前に書いたものだけてあって、筆がこなれていない感がすごくするのも残念といえば残念。
     当時の雰囲気や勢力関係を知るにはとても役に立ちました。特に、ヴェネツィアの共和制システムって面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

塩野七生の作品

法王庁(ヴァティカン)殺人事件はこんな本です

ツイートする