立花隆 100億年の旅

  • 51人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (7)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 立花隆
  • 朝日新聞社 (1998年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022572349

立花隆 100億年の旅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1998年の本なので内容的にはやや古いので、その後研究がどのように進んでいるのかが気になるところ。
    で、覚書として章別に概要を

    1.遺伝子で脳を極める
    東大 堀田凱樹研究所
    遺伝子に異常が生じると、それがどういう行動の異常を引き起こすかで遺伝子と神経系の結びつきがわかる。
    ショウジョウバエで独自の症状を示す突然変異を巧みに起こさせて効率よくより分ける。
    ショウジョウバエにゲノムはネットにてデータベースが公開されている。
    脳神経のニューロンとグリア細胞関係。
    gcm ファシクロンⅢ RP3
    2.性行動の遺伝子を探る
    山元行動進化プロジェクト
    こちらもショウジョウバエ
    Pエレメント エンハンサー ショウジョウバエの同性愛 per遺伝子
    体と同時進行で脳の姓も決まる
    cAMP CREB
    3.脳型のコンピュータ
    電子技術総合研究所 松本元研究所
    記憶が思考の元?
    4.2001年に人工脳をつくる
    ATR人間情報通信研究所 進化システム研究所
    5.人工頭脳で何ができるのかソニーコンピュータサイエンス研究所
    北野宏明氏
    線虫の発生過程シミュレーション
    線虫は全細胞のプロセスが記録されている
    神経系細胞の全貌も完璧に全体像が判っている
    生命の発生を追い、知能の原点を探る
    6.昆虫ロボットから脳に迫る
    東大 下山勲研究所
    生きた昆虫にチップを埋める等の手段を使いバイオ・エレクトロニックロボットの研究
    ミクロの世界では歩くより飛んだりはねたりする方が移動が楽
    7.超微小な世界を目指す
    東北大 江差正嘉研究所
    マイクロマシンの研究
    血管の中を動く蛇ロボット
    8.サッカーロボットのワールドカップ
    阪大 浅田稔研究所
    他者の登場で芽生える自我
    9.分子の動きで筋肉を探る
    阪大 柳田敏雄研究所
    分子を見るのに背景光が邪魔になる。究極まで闇夜を作る必要がある。
    ATP分解エネルギーは小出しに使われる
    0.1ナノの動きを拡大像で追う
    レーザー光をピンセットとして使う
    タンパク質は分子によってユニークな三次元構造が決まっており、その機能は三次元構造によって担われている
    10.分子認識の仕組みを探る
    東大 黒田玲子研究所
    分子には右型と左型がありそれぞれ働きがことなる
    人工的に分子を作ると左右が等量にできるが、自然界では一方側しかできない(キラル)
    DNAからメッセンジャーRNAを作る過程でタンパク質のよる分子認識が行われている。
    11.下層世界を体験する
    東大 広瀬通孝研究所
    仮想空間で系を組み替える

  • 立花隆は哲学専攻だったはずですが、かなり理科系知識にも詳しいことに圧倒されます。ショージョーバエの性行動分析、ロボカップ(ロボットのサッカーW杯)への挑戦、人工頭脳開発、昆虫ロボットの開発(微小な世界では空を飛ぶ方が簡単?)、生物界における左右非対称の研究など、生物学などの最先端科学追究の現場の取材から生まれたレポートの数々です。理系の知識がないとややしんどいテーマですが、方程式の類は読み飛ばしても十分に理解できるようです。特にロボカップは決して遊びではなく、大げさでなく、アポロ計画以降の技術開発の目標として重要視されているとのこと。確かにロボットにサッカーで求められる瞬時の判断、チームワークを求めることは至難の業なのでしょう。3三谷幸喜朝日夕刊に連載しているユーモアに富んだ短編の数々です。2001年9月から02年12月までにかけてのもので、第2集になります。

  • (未完)

    (書誌情報)
    タイトル 立花隆・100億年の旅
    責任表示 立花隆著
    出版地 東京
    出版者 朝日新聞社
    出版年 1998.3
    形態 243p ; 22cm
    ISBN 4-02-257234-5
    入手条件・定価 2200円
    全国書誌番号 98087539
    個人著者標目 立花, 隆 (1940-)‖タチバナ,タカシ
    普通件名 科学技術 -- 日本‖カガクギジュツ -- ニホン
    普通件名 科学技術研究‖カガクギジュツケンキュウ
    →: 関連語: 研究開発‖ケンキュウカイハツ
    →: 関連語: 科学技術‖カガクギジュツ
    NDLC M42
    NDC(9) 502.1
    本文の言語コード jpn: 日本語

  • 昆虫をそのまま使うハイブリッドロボットは、生きた昆虫並みの運動能力をもつマイクロロボットのメカはそうカンタンにできるものではない。ゴキブリ本体は、1円くらい出入手しそれにICチップをのせる。触覚センサーはフェロモン分子一個に反応するする。匂いセンサーとして、既存のいかなるセンサーとくらべても1000倍以上の感度をもつ。生物を創りだした100億年の歴史にそうそう人が対抗できるものではない。

全4件中 1 - 4件を表示

立花隆 100億年の旅のその他の作品

立花隆の作品

立花隆 100億年の旅はこんな本です

立花隆 100億年の旅を本棚に「読みたい」で登録しているひと

立花隆 100億年の旅を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

立花隆 100億年の旅の作品紹介

われわれは、何を知り、何を知らないのか。科学と技術の最先端の研究現場を訪ねる。

ツイートする