遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場

  • 10人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 萩原延壽
  • 朝日新聞社 (1999年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022573162

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  いやー長い本である。幕末をまるで目の前で起きたような詳細さで描き、これだけの分量を突きつけられると、それがイギリス人の目を通した記録であろうとも、まさに自分自身が幕末をまるで追体験したかのような思いを持った。
     しかし、この幕末を舞台とする話において「天皇の名目上の主権の保持」という話が出てくると、現在の日本における「象徴天皇制」を思いおこす。
     しょせん「日本」というものは「幕末」でも「平成」でも、あまり変わっていないのではないか。
     やはり、一国の「文化」というのは100年や200年ではあまり変化しないのではないのかとの思いを持った。
     それにしても、本書の「兵庫と西海岸での一港での開港」と「二つの大都市(大阪と江戸)」においてのパークスをはじめとした「西洋外交団」と「徳川慶喜」とのせめぎあいは圧巻である。
     「徳川慶喜」については、様々な見方はあるが、わずか31歳でのこの政治的駆け引きは実に非凡としか言いようがない。
     おそらく、この後の展開も「明治維新」が、「必然の道」を進んだのではなく、数多くの選択肢の一つをあたかもピンボールのボールのように、ジグザグに石が転がるようにすすむのだろう。
     次巻からはいよいよ「大政奉還」向けた動きだろうか。ますます楽しみである。

全1件中 1 - 1件を表示

萩原延壽の作品

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場はこんな本です

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場を本棚に登録しているひと

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場を本棚に「読みたい」で登録しているひと

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする