この日、この空、この私―無所属の時間で生きる

  • 14人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 城山三郎
  • 朝日新聞社 (1999年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022573797

この日、この空、この私―無所属の時間で生きるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無所属の時間で生きる
    学生、会社勤めなど何かしらに所属しながら生きてきた私にとって、無所属の時間は無かったかもしれない
    筆者は筆一本で生計を立てる物書きになったわけだが、無所属の良い所、無所属たるデメリットも経験されていた。
    世の中、会社生活も安定してきていない状態でいつ自分が無所属になるのか?
    そういった意味でも、本書のような生き方は難しいかもしれないが、無所属による恩恵も味わいたいとも思う。

  • 無所属の時間とは、人間を人間としてよみがえらせ、より大きく育てあげる時間ということではないだろうか 人と話すときには、相手の眼を見て話せ いずれにせよ、真理は平凡。それを、やぼを承知で三度繰り返し、たたみかけられると、かなりの迫力がある 自分だけの、自分なりに納得した人生―それ以上に望むところはないはずだ 

  • 他の本を読んでいる際に城山三郎氏の言葉が紹介されており、【この日、この空、この私】という言葉が何を言い表そうとしているのかが気になり読みました。
    社会において何かしらの組織(会社等)に属さず、無所属で過ごした城山氏が持つ空気感が感じられる一冊です。
    【この日、この空、この私】はその日に見られる夕日はその日・その瞬間にしか見られず、その夕日を見ている自分もまたその瞬間にしか存在しない、その瞬間は常に大事な時間であると感じさせられる一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

城山三郎の作品

この日、この空、この私―無所属の時間で生きるはこんな本です

この日、この空、この私―無所属の時間で生きるを本棚に登録しているひと

この日、この空、この私―無所属の時間で生きるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

この日、この空、この私―無所属の時間で生きるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする