白光

  • 87人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (22)
    • (20)
    • (6)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 連城三紀彦
  • 朝日新聞社 (2002年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022577214

白光の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人物の関係もあるけど、それ以上に感情がもつれあって噛み合わなくて、事件以上にミステリーでした。殺された少女がこのまま成長していたら、それはそれで別の事件を呼んでいそうな…。次はストレートなラノベの、純粋な恋愛ものが読みたくなりました。もうオナカイッパイ。

  • これが連城ミステリーと言うんでしょうかね。
    それぞれの関係者の独白により少しずつ真相が明らかになっていく。読み進めるにつれて先が気になっていきました。それにしても殺された子はどうにも報われません。
    東野圭吾の赤い糸を思い出しました。

  • 戦時中出征直前に妻に裏切りを告白され、その子は自分の子でないことを知ったことがトラウマとなり戦地で現地の罪ない少女を殺してしまった老人。この老人の独白から物語は始まる。戦後、死んだ後妻との間に生まれた長男と嫁、孫娘と暮らしていたが、ある日嫁の妹夫婦の娘を預かる事になる。しかし嫁と孫が出かけた隙に預かった少女が殺されてしまう。少女は誰に殺されたのか?家に残ったのは老人一人。老人が犯人かと思われたが、近くに不審者の目撃も相次いだ。老人、嫁夫婦、嫁の妹夫婦、そして嫁妹の愛人、それぞれの独白により物語の核心に近づいてゆく。殺された少女以外はそれぞれ心の中に秘密があり、裏切りと復讐の実態が明らかになってゆく展開は面白い。全体として雰囲気の暗い小説であり、後味も良くないが記憶に残る小説だ。

  • 一見なんてことない家族間の複雑な人間関係を執拗に描いた作品です。
    殆どが独白という形式で描かれている為、それぞれの人物の本音が全く判りません。次第に明らかになってきますが、最後までもつれる展開で目が離せません。
    本格らしいどんでん返しの快感は味わえませんが、情念型ミステリーの良作だと思います。

  • 意表を突くミステリーで「救いなき物語」とあるように、やるせない気分になりました。
    ある家で幼い少女が殺された事件。真相は最後の最後しかわからないのだけれど、彼女に関わる家族の誰もが彼女がいなくなることを望んでいたとは、あまりに悲し過ぎます。
    驚くストーリーの仕掛けに一気に読んでしまったけれど、嫉妬や屈折した様々な想いが普通の人間をいつでも殺人者に変えてしまう恐ろしさがずしっと来ます。

  • 著者の作品は初めて読みました。

    個人的には評価が難しい作品でした。
    淡々と残酷で、救えない人物たち。メインの主人公は聡子さんなんだろうけど、視点が入れ代わり立ち代わりするので、作品を外から眺める事はできても中に入り込む事はできませんでした。
    そんな風に物語を眺めているだけだったのに一気に読めたのは、練りに練られた構成だったんだろうとは思います。

  • ことごとく予想外の展開となる。鳥肌すごいたつ。色んな意味で。事件をそれぞれの立場から見せるっていうのが良い。良いっていうか好き。

  • とある家庭で起きた一つの事件。
    庭に埋められて亡くなっていた少女が発見される。

    その事件に関係した人物たちが語る事件の真相、そこに秘められた各人の思い。
    それぞれが持つそれぞれの思いが交錯し、次第に明らかになっていく真相がなんとも悲しい。
    特に悲しかったのはもう一人の少女の語りだった。

    最後の方は真相が早く知りたくなって、一気に読み進めてしまった。

  • ●あらすじ●
    妹の娘・直子を預かった聡子だったが、自分の娘を歯医者に連れて行ったわずかな間に、直子は絞殺死体となり庭に埋められていた。事件当時、家には痴呆気味の舅がいたはずなのだが…。事件に関わったことで、次々に明らかになっていく家族の秘密。1人の幼い少女の死をめぐり、真実は万華鏡のごとく、幾重にも姿を変えていく。

  • 怖い……怖過ぎる……

    過去から逃れられない怨念が、まさにいたいけな、無実の少女一人の上に爆発してしまった@@

    複雑極まりない人間関係の軋み。まさに連城節。
    ミステリーとしても「な、何事?」と思わせて、先へ先へと読み進ませる。
    くるくると視点が変わり、登場人物たちがそれぞれの「真実」を語り出す……

    誰も彼もが少しずつ嘘を言い、少しずつ真実を言っているのだけれど。
    結局は「すべてその人にとっては真実」と思わせてしまうところが深い。
    人の情って、ねじれてこんがらがってしまうと、なんと怖ろしい様相になってしまうのか。

    連城先生の作品は、いわゆる最後の「ネタ明かし」の部分が冗長過ぎる、登場人物に語らせ過ぎるきらいがあって。
    個人的には、説明口調的にガーッと喋らせるよりは、ストーリーで展開させて明かしていったほうがより豊潤な作品になるのでは、と僭越ながら毎回思ってみたり……

    でもまあ。
    最後の最後の最後まで油断ならない作品ですよ^^;
    「コワ!コワコワコワ!」と震えてしまいます。
    が、あの少女があまりにも可哀想過ぎる……;;

全19件中 1 - 10件を表示

連城三紀彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

白光はこんな本です

白光を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白光を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白光の作品紹介

あの夏、死んだ少女のために-。家族の交錯する思惑と、悪意が招いた「救いなき物語」。

白光のKindle版

白光の文庫

ツイートする