やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)

  • 11人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 小島卓
  • 朝日新聞社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022598127

やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  未来の大国インドを書いた2002年発行の本であるが、読んでもインドへの理解が深まったように思えない。
     インドが発展しつつあるのはわかるが、グローバル経済のもとでのインドの位置も良くわからないし、発展の歴史経過や構造もはっきりしない。
     要するに、本書においてはインド発展の論旨の切り口が甘いのであろう。世界経済とインドの関係や、インド文化と経済発展との関係、インド政治等々、求められる切り口は多いにもかかわらず、本書を読んでもそれは、ちっともわからないとしか言いようがない。読んでも欲求不満が残る、きわめて残念な本であると思う。

  • 21世紀は中国ではなくインドの時代。民主国家、教育水準の高さ。中国を超える要素は十分にある。

全2件中 1 - 2件を表示

やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)はこんな本です

やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やがてインドの時代がはじまる―「最後の超大国」の実力 (朝日選書)の作品紹介

「21世紀は中国の時代」といわれているが、ハイテク業界ではむしろインドに注目が集まっている。90年代初頭からの経済自由化で着実に成長を実現。世界最大の民主主義国家、英語話者国家であり、ハイテク分野への集中投資により、ソフトウェアの輸出額は世界第二位。マイクロソフトのウィンドウズからJRの改札機のプログラムまで、いまや世界のソフトウェア業界は、インド人なしではやっていけないと言われるほどである。本書は6年にわたり「新インド」の中心であるバンガロールに滞在した日本人ジャーナリストが、インドの急速な発展の秘密、そして将来の展望を語る啓蒙の書である。

ツイートする