職業としてのジャーナリスト (朝日文庫)

  • 58人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (8)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 本多勝一
  • 朝日新聞社出版局 (1984年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022608130

職業としてのジャーナリスト (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハウツー本ではありません。ジャーナリストと称する人たちへの提言と苦言!?提灯記事書いてジャーナリスト語ってるんじゃねぇ男芸者が!…という本多さんの静かな怒りがビンビン伝わってきます。

  • 自分が探していた問題と違う内容だったせいか、特に頭には残らなかった。

  • これも課題図書だったんだと思う。

  • 高校の時、これを読んで新聞記者になろうと思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

本多勝一の作品

職業としてのジャーナリスト (朝日文庫)はこんな本です

職業としてのジャーナリスト (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

職業としてのジャーナリスト (朝日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

職業としてのジャーナリスト (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする