ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)

  • 88人登録
  • 3.42評価
    • (3)
    • (5)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : David Halberstam  浅野 輔 
  • 朝日新聞社 (1999年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022612632

ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偉大なアメリカ、ケネディー・ジョンソン時代民主党の間違い。共和党主導でなかったベトナム北爆、知らない事ばかりでした。

  • ・空爆の有効性が議論になっていて、第二次大戦中のドイツ爆撃は効果が無く、同様にベトナム北爆も有効では無かったとされていたが、本当だろうか。日本への空襲は相当効果があったと思うけど。軍事的な効果と政治的な効果に分けて、もう少し突っ込んだ分析があればと思った。 

    ・単に早くベトナムから手を引くべきだったと言うのではなくて、もっとどうすれば良かったのかという話も聞きたかった。特に初期の段階でどういう政策をとればよかったか。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)
    二十世紀の歴史34
    二十世紀ジャーナリズムの一つの頂点。ベトナム戦争とケネディ政権の裏の裏。

  • [目次]
    第20章 偉大さに憑かれた大統領;
    第21章 ペンタゴンの戦争ゲーム;
    第22章 ジョンソンの内なる戦い;
    第23章 泥沼に築かれる記念碑;
    第24章 汚い戦争と将軍たち;
    第25章 真実を知らされない国民;
    第26章 クレディビリティ・ギャップ;
    第27章 戦争とインフレと偉大な社会;
    第28章 歴史の流れに逆らった人たち;
    第29章 出口のないトンネル

全4件中 1 - 4件を表示

デイヴィッド・ハルバースタムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルイス・V・ガー...
リチャード・ドー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)はこんな本です

ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)の作品紹介

徐々に明かされるベトナム戦争の真実。自国の愚行に気づいた米国民による反戦運動、その一方で、分裂、崩壊するジョンソン政権。そして、ニクソン新政権の樹立。ベトナム戦争という深い闇に、いつ光は射すのか。米国の苦悩と挫折、救いがたい運命を描くノンフィクションの傑作。

ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)の単行本

ツイートする