日本社会で生きるということ (朝日文庫)

  • 41人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 阿部謹也
  • 朝日新聞社 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022614032

日本社会で生きるということ (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西洋中世史の研究者で、『「世間」とは何か』(講談社現代新書)で西洋の個人主義に基づく「社会」とは異なるこの国の「世間」の構造に切り込んだ著者の講演を収録しています。

    著者はけっして、「世間」への囚われから脱して西洋的な個人主義へと向かわなければならないという主張をしているのではなく、ただ私たちの思考を深いところで規定している「世間」というものに対する自覚を深めなければならないと論じています。

    講演に基づいているため、著者の「世間」についての考え方が分かりやすく説明されています。西洋史の中で個人主義がどのように成立したのかを解き明かし、また、「世間」という視点からの差別の問題に関する考察がおこなわれていて、いずれもおもしろく読みました。

  • 西欧中世史の専門家である著者の
    複数の講演内容を書き起こした本。
    日本人は大きな「社会」ではなく
    厳密には非常に小さい「世間」の中で、
    「ホンネ」と「タテマエ」を使い分けながら
    生きているのだ――と、再確認。

  • 西欧の個人主義社会やその成り立ちと日本の世間社会を比較し、それが出来るまでの過程を歴史的見地から論じた書。日本で生きる日本人にとってバイブルとなると言っても決して言い過ぎではない的確さと人類が積み重ねてきた世間や社会の過程が短いページ数でうまく収められている必読の一冊。近代日本の世間型社会の根底が見事に露呈されている。

  •  世間 ハーソナルな、人的な関係で、いわば個人と個人がむすびついているネットワーク
     世間のもっている排他的な傾向
     日本人が一体だと考えているのは世間という人間関係
     これから皆さんは社会にでるのではない。世間にでるのだ。そのときに自分の世間がどこかわからないようではどうにもならない。したがって、じぶんが会社にはいったら会社尾度の世間にいるかをまず発見すること。それはだれも教えてくれない。聞いてもだめ。したがって、自分がどこの世間にいるかということをしるために数年かかるだろう。

  • 閉塞感の理由が分からなくてさらに閉塞している人は、これを読んで考えよう。

全6件中 1 - 6件を表示

阿部謹也の作品

日本社会で生きるということ (朝日文庫)に関連する談話室の質問

日本社会で生きるということ (朝日文庫)はこんな本です

日本社会で生きるということ (朝日文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本社会で生きるということ (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本社会で生きるということ (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本社会で生きるということ (朝日文庫)の作品紹介

西洋中世史研究の第一人者による包括的「日本論」。日本社会の特質を「世間」の存在にあると規定し、西欧型個人主義を追い求めることをやめ「世間」の中での個人の有り様を模索することを提案している。日本社会の基底にある根本的問題を現代人のためにわかりやすく解き明かす。

日本社会で生きるということ (朝日文庫)のハードカバー

ツイートする