ロマンチック (朝日文庫)

  • 41人登録
  • 3.53評価
    • (4)
    • (2)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐内正史
  • 朝日新聞社 (2006年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615107

ロマンチック (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男の人が女性のどこを見ているかがわかって、新鮮。佐内さんの写真はいつも空気がきりっとしていて好きです。

  • この人の写真の色がとてもすき

  • 女の子って時折なんとも言えない表情をしたり、空気を纏っていたりする。
    友人の恋人を撮ったものらしい。華奢な人多くない?
    風景写真の中に、私の地元らしき写真があった。ちがうかな。

  • 特別すごくいいという写真集ではないのに、半年くらい経つとムッショーに見たくなり引っ張り出してくる。で、またそれほどいいってわけじゃないなと本棚にしまい、また半年後くらいにムッショーがやってくる。このムッショーがあることがわかっているので捨てれない不思議な写真集。
    2人目と最後の子が好き。透明感があって。その分生活感はないのだけど。生活感がある子では132Pからの子がいい。体の関係あったよねというくらい緩々な感じの子。これでこの子と体の関係がまったくなかったらすごいなと思う。こんな緩いのが撮れて。
    あとがきのラスト「6年間 つきあってわかれて 酸欠」という言葉が好き。男の人らしくて。

  • 文庫サイズの写真集。佐内正史は「金字塔」の頃からほのかにファン心を抱いていたんだけど、著作を買うのは初めて。この写真集は写真家の友人の恋人たちを撮ったものなんだけど、本人がブログで言っている通り、微妙な距離感で女性たち(というより女の子といった方が正しいみたい)をとらえていて、それがこっぱずかしく、くすぐったい感じでとてもいい。佐内正史やヒロミックスとかは、私たちの住んでいる地球のありのままの姿を写していて、初めて見たときは衝撃でした。昭和日本とかTOKYOじゃない、地元ご近所が紙に収まっていて、これこれ、これこそ平成初期ってもんですよ。と、自分の生きた時代が保存されていることを知ってほっとした。そんな距離感の女の子が詰まっていて、とってもかわいい、きれいな写真集です。お値段もリーズナブルでかわいいですよ!

全6件中 1 - 6件を表示

佐内正史の作品

ロマンチック (朝日文庫)はこんな本です

ロマンチック (朝日文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする