昭和の戦争 保阪正康対論集 (朝日文庫)

  • 20人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 朝日新聞出版 (2009年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616340

昭和の戦争 保阪正康対論集 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和史の第一人者:保阪正康が、同じく昭和史に縁の深い識者12人と対談。どの章も、「へェーっ、そんなことが!」と知的好奇心を刺激する記述が満載で、実に有意義な読書経験になった。特に秦郁彦教授の、「戦争は全ての文明人を蛮族にしてしまう面があるのです」という指摘が強く印象に残る……。

  • 本書は先の大戦について、昭和史研究の第一人者が論者12人と語りあった本である。 
    個々の著作を読むのも良いが、対論の場合、著者の考え方が際立つ事がある。 
    もの事の見方は一面的にみるよりも、角度を変えて多面的にみた方が良い。本書はそのとっかかりを作ってくれます。
    特に渡辺恒雄が、メディアの戦争責任を語っているのが面白い。(読売新聞の先輩を尊敬しないし、当日の新聞を見るのも恥ずかしいとの事)

全2件中 1 - 2件を表示

昭和の戦争 保阪正康対論集 (朝日文庫)のその他の作品

保阪正康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和の戦争 保阪正康対論集 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする