女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)

  • 66人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 常見藤代
  • 朝日新聞出版 (2015年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618177

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 優しいイスラム圏
    教えのとらえ方なんだなーと思います

    アラブの春やISのない時代の話

  • このようなジャーナリストの方がいらっしゃるから、行ったことのない(行きたいけれど)国の実情がわかるのだと思う。
    しかしながら、何故か著者の取材姿勢に「うーん...」と首を傾げることが何回かあった。
    (ハマムにカメラを持って入ってしまったことについて 等)
    ただ、宗教については学者さんが仰っていることと同じことを述べておられるし、勉強をよくされているのだと思う。

    シリアについて書かれた章では、中東(アラブだったか?)の中で一番人の良い国と紹介されていた。この一文を読んで非常に胸が痛くなった。

  • チュニジア・モロッコ・エジプトなどイスラム諸国の滞在記。著者はノンフィクション写真作家だが、一般の信者たちはとても善良で、女性の旅人に優しく、食事や宿を提供し、温かく迎え入れる。
    また、日本と異なる文化に驚く。例えば結婚観。親族一同で納得できる相手を選び、本人同士は結婚式まで会わないことも。女性が夫以外の男性の前で顔以外の肌を露出しないことで、夫にとって妻だけが魅力的な女性に見える。そのことで、新鮮で幸せな結婚生活が長く続くという。
    異文化について学ぶと新しい視点を得て、今の生活の何がよくて何が悪いのか、考えさせられる。

  • 女ひとりでイスラムの国々を旅する。

    イスラム世界は「女が抑圧される世界」と思われがちだが、案外そうでもない様子。
    わたしたちのように、女性が「親兄弟、夫、親族以外の誰とでも親しく交流する」というのとは違う。だが、それがすなわち「抑圧されていて、幸せではない」ということではない。
    「内なる世界(大切な家族たちとの世界)」においては、もしかしたらわたしたちより自由に生きているのかもしれない。

    それにしても、著者が旅した美しいシリアは、今となってはもう失われた風景なのだろうか。

  • 戦地にも、人の暮らしも温かさはある。当然のことを改めて確認できるエッセイ。…ではあるが、本文で書かれているように、恋愛系のことに偏っていて、「イスラムの女性は夜はセクシー下着」ってことばかり残った。とりわけ今のシリアの情勢を見るにつけ、とはいえ、平和な日常は半分になってしまっていると思われ、自分だけ安全地帯でいい局面だけ見ているようにも感じてしまう。

  • 2015年3月22日読了。

全7件中 1 - 7件を表示

常見藤代の作品

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)はこんな本です

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)の作品紹介

出会ってすぐに家へ招かれ、外食すれば知らぬ間に誰かが代わりにお勘定、町を案内してくれたちょいワル青年はお年寄りに親切。「怖い」「危険」とイメージされがちな国の人たちは世界一旅人にあったかい。沢山の出会いから日本が知らなかったイスラムの意外な姿が見えてくる。

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)のKindle版

ツイートする