行動主義 レム・コールハース ドキュメント (朝日文庫)

  • 36人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 瀧口範子
  • 朝日新聞出版 (2016年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618504

行動主義 レム・コールハース ドキュメント (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ただ一筋に自分に自信があり一直線に、ブルドーザーのように力強く行動できる男。
    周りの人も巻き込むほどの魅力と力のある男。

    どのような要素がこの人物をこのようにせしめたのか、自分にはまだ確信できない。

  • ほとんど分裂症気味に動き回るコールハースは
    「錯乱するニューヨーク」で自身が描いたように
    錯乱を生きているかのようだ。

    隈研吾もそうだったが、
    現代の建築家とはそのような生き物なのだろう。

    しかし、ドキュメントと書いてあるが
    ジャーナリスティックなものというよりも
    これは徒弟制度における弟子のまなざしを本にまとめたようなものだ。

    近くにいることは許されるが
    言葉を交わす機会は限られている。
    そこで何を盗むか。
    姿勢とその足跡、
    その手業がその人のものである理由を。

    いやはやこれによって読者は
    簡易的ながらもコールハースの弟子足りうるのであって
    これは素晴らしいことだ。
    何せ実際にコミットして、疲弊しきってからでは大変だからね。

    建築家としてだけでなく
    巨大なビジネスをリードする実業家、
    そして巧みなコミュニケーターとしての
    それぞれの側面がよく見えてなかなかの良書ではある。

    ただ、せっかくなのでもうちょっと
    建築についてのフォローがあってもいいかなぁというのは個人的な感想。

  • 紙一重な方です

  • 2016/4/20

全4件中 1 - 4件を表示

瀧口範子の作品

行動主義 レム・コールハース ドキュメント (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

行動主義 レム・コールハース ドキュメント (朝日文庫)の作品紹介

中国中央電視台本部ビルを始め、世界的建築物を次々と世に送り出すレム・コールハース。効率化を極める一方で、非効率をも重要視するクリエイターの原点とは?半年間の密着取材と貴重な単独インタビューにより、カリスマ建築家の全てをあぶり出した渾身のドキュメント。

ツイートする