街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2 (朝日文芸文庫)

  • 154人登録
  • 3.65評価
    • (11)
    • (18)
    • (21)
    • (3)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞 (1993年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640024

街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アイルランドという土地はヨーロッパの中でも色んな意味で辺境・異境の地ということかな。ケルトが通奏低音を成して現在の私たちに人の営み・歴史とは何か?と問いかけてくるようで。
    それにしてもここのところアイルランド本を読んでおりますが、イギリスのEU離脱騒動の際、一部マスコミで取り上げていた北アイルランド独立・アイルランド統合的なトピックはほとんど妄想に等しい戯言的発想という気がしてきました。
    やはり色んな見方を謙虚に、貪欲に学び、世を注意深く眺めないといけないと改めて思う今日この頃。

  • 新書文庫

  • 2013.2.8 読了

  • 【内容】
    アイルランド、アラン島、妖精。
    著者によるならば、その地を踏まずともイェイツやベケットをはじめとした代表的作家の著書を読めば充分かもしれないほどの「表現の国」。

    【類別】
    随筆、紀行。

    【着目】
    上巻とは異なり、いよいよ本編ですといった趣でアイルランドが語られます。しかしながらやはり、紀行よりも随筆に重きが置かれています。
    音楽に関しても少し触れられています。

    【構成等】
    上巻と同様ですが英国や米国は比較的触れられません。

    【備考】
    以前に希望聴取され贈られていたものを繙読しました。
    本書は下巻に当たります。上巻のレビューは下記URLにて。
    http://booklog.jp/users/70x20/archives/1/4022640014

  • 14/9/23読了

  • イニシュモア島は、世界の果でした。

  • アイルランド終巻。長く英国に搾取され続けてきたケルト人国家。近代貨幣経済に適応できず、独立を勝ち得てからも経済は停滞した。著者はその国民性を「可憐さと悲痛さ」と評する。ただし本書は30年近く前に書かれたもので、現在は著しい経済発展を見せている。

  • アイルランド。。
    一時期私は全身全霊をかけるほどのマニアだった。そんな私がこの紀行を読まないなどと言うことはあり得ない!
    ・・と口を大にして言いたいほどの名著だと思う。
    氏はどうして愛蘭土の悲しみを理解したのか?司馬氏の原点に通じる何かが、そこにある。

  • 続編。前編にくらべ、アイルランド中心の記述になっている。文学、芸術を中心にゆかりの地を訪れる。アイルランドの魅力は伝わるが、同じような記述が多く、飽きてくる。わざわざ二分冊にしなければならないようなものでもなさそう。現地案内人の態度が気に入らなかったらしいが、そんなことを書いてもらってもあまり読む気がしなくなるだけだと思う。

  • 過酷な自然条件、過酷な歴史的事実を踏まえ、司馬遼太郎がアイルランドと云う国を温かく紹介している。

    ぜひとも言ってみたくなりました(笑)。

全16件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2 (朝日文芸文庫)に関連する談話室の質問

街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2 (朝日文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

街道をゆく〈31〉愛蘭土紀行 2 (朝日文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする