文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)

  • 73人登録
  • 3.30評価
    • (3)
    • (6)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高橋源一郎
  • 朝日新聞社 (1995年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640826

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『文学がこんなにわかっていいかしら』(福武文庫)に続く、著者の文芸時評集です。一般に小説と呼ばれる作品だけでなく、あらゆるテクストや事象が批評の俎上に上げられるのは前著と同様ですが、前著よりは多少、著者の語りから実験的な試みが抑えられており、そのぶん著者の「思想」が透けて見えるような印象を受けます。これをどのように評価するかは、読者によって分かれるところでしょうが。

    かつて蓮實重彦が『小説から遠く離れて』(河出文庫)の中で、村上春樹の『羊をめぐる冒険』や丸谷才一の『裏声で歌へ君が代』、そして井上ひさしの『吉里吉里人』などの作品が同一の物語構造を持っていることを指摘し、それに対する苛立ちを表明していました。本書の最後に収められている「「正義」について」というエッセイは、「湾岸戦争に反対する文学者声明」について論じた文章ですが、この中で著者は、若い作家や作家志望者の作品の中に流行の作家の作風に似ているものを発見し、そのたびに困惑させられてしまうと述べています。ただし著者は、模倣する方ではなく、模倣される方に対して、「模倣されるということは、どこかに大きな欠陥があるのです」と主張しています。その上で、「物語」から逃れて「コミュニケーション」へ向かうことの可能性を探ろうとしています。

    一つ気にかかったことは、著者がこうした「問題」を、「文学」の問題とみなしているのか、それとも「日本」の問題とみなしているのか、ということです。この国においては前衛さえも海外から学ぶべきものとして取り入れられたという高階秀爾の指摘は、椹木野衣の指摘する「悪い場所」の問題圏に著者の問いかけを収斂させることになるように思われます。一方で著者は、橋本治の『窯変源氏物語』や藤井貞和の物語論に、「自由な言語行為」の可能性を見ようとしているように思えるのですが、その意味でもやはり上の問いを「日本」のうちに囲い込んでしまっているのではないかという疑念が沸き起こってきます。

  • 『平凡王』のノリで読み始め、えらい目に遭った。
    縦横無尽に渡る文芸時評で、どうにもこうにもついていけない。
    ただ、『超ポップな文芸時評』ってな煽りはどんなもんかと思う。
    別にポップではないだろう、という感じ。寧ろ伝統的、と言えそうな気がする。
    いやまあ、表紙とか最初のイラストはポップと、言えなくも、ないのか。

  • 最後の「正義について」は決定的でした。なにが?なにもかもが。僕にも何かが。

全3件中 1 - 3件を表示

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)のその他の作品

高橋源一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高橋 源一郎
高橋 源一郎
三島 由紀夫
高橋 源一郎
高橋 源一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)はこんな本です

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

文学じゃないかもしれない症候群 (朝日文芸文庫)の作品紹介

フェミニズムとモードの抱える共通の問題とは?ちびまる子ちゃんとジョイス、光源氏とルソーをつなぐものは?いわゆる東スポ伝説と19世紀パリとの関係は?現代カルチャーの旗手が、その全景に目配りをきかせながら世に問うた、とびきり上等、超ポップ、史上最強のスーパー文芸評論集。

ツイートする