植民地のアリス (朝日文芸文庫)

  • 20人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 朝日新聞社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022641113

植民地のアリス (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 紀行文は独りよがりで、あんまり読めたもんじゃないと思っていたけど食わず嫌いだったことに気づかされた一冊。旅の中に見えるのは自己満足だけではない。

  • 外国には行かないんたけど、いろんなこと考える。
    そうかも知れない。
    サイトの構成上、画像なし書籍の登録を避けていたのだけれど、結局考えればそういうものこそ意味がある・・・・のかな・・・って、なことは、思わないのだけれども、わたくし、この本が結構好きなので、画像がないのがちょっと悲しいなあ。
    旅行記として、島田雅彦として、は、あんまり評価を高くできないのだけれど、それ以外のところが私をいい気持ちにさせてくれるから。
    旅行記の殆どは、踏襲を予感させるけれど、そういうチカラを、私は本書に感じない。
    みんなが好き自由な旅を、してね。
    って、ほんとうにそう想うのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

植民地のアリス (朝日文芸文庫)のその他の作品

植民地のアリス 単行本 植民地のアリス 島田雅彦

島田雅彦の作品

植民地のアリス (朝日文芸文庫)はこんな本です

ツイートする