天然色日記 (朝日文庫)

  • 26人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : ジミー大西
  • 朝日新聞社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022642691

天然色日記 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジミーちゃんの日々。

    女の子と仲良くなりたい、と言う想いが切実すぎてなんだか高校生のようだ。

  • 読了。

    ネットで話題になっていたので図書館でかりてみた。

    ジミーちゃんの日記。エッセイかな。
    言葉や発想で「ん?」となる箇所がいくつかあり時々考えながらだけど、1時間ほどで読める。

    絵を描くために芸能界、吉本を辞め単身スペインに渡った時の生活をまぁまぁ赤裸々に書いてある。

    スペインでの生活ってマネージャーや世話をする人がいるのかと思ったけどそうではなく、結構苦労していたんだなぁと。

    今では先生とか呼ばれているのに事務所は意外に冷たかったのかとか。
    お金にもかなり苦労していたみたいだし。

    やはりこの本を読むキッカケになった『僕の初恋、花いちもんめ』という話が一番良かった。

    今では『旅猿』で時々みる変なおっさんぐらいにしか思ってなかったけど、この本を読むと感性が豊かな優しい変なおっさんなのかなと思った。
    (160308)

  • 軽く、リラックスしたい時におすすめ。

  • 天才!いやアホ??
    紙一重ってこういうの!!笑
    きっと天才なんでしょう!!

    病院の待合室で噴出しそうになりました。
    咳してごまかしました!

    私ももっと感覚で生きてみようと思います!

    生命力っ!

  • 080411(s 080504)

全6件中 1 - 6件を表示

ジミー大西の作品

天然色日記 (朝日文庫)の単行本

ツイートする