椿山課長の七日間 (朝日文庫)

  • 3586人登録
  • 3.82評価
    • (464)
    • (611)
    • (678)
    • (47)
    • (3)
  • 519レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 朝日新聞社 (2005年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643520

椿山課長の七日間 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013年、初泣かされ本。

    突然の死から、お役所仕事な黄泉の国の判定に納得がいかず、
    現世に全く別の姿で舞い戻ったデパートサラリーマン、任侠者、小学生。
    3人それぞれが抱えた悔やまれる気持ちの為、現世を駆け巡り、絡み合っていく。

    死という哀しいテーマの中、コミカルに温かくも描かれていて、
    笑って、泣いて、また笑って、泣いた。
    親子とは夫婦とは本当の恋とは。
    それぞれの絆や想いに目頭が熱くなる。

    心から分かり合えた人というのは、姿形が全く違ったとしても、
    きっとどこかにその魂を見つけてしまうのだろう。
    自分もそんな気がするし、そんな風に思いたい。

  • 涙がこぼれ過ぎて、通勤時の読書には向きません。とてもいい本でした。

  • 知らぬが仏。己の理解をはるか越えたところで沢山の恩恵を受けている。知らないところで日々それに包まれて生活を送っている。そんなことを思い知らされた。生い立ちを嘆いている暇はない。人生は人間が考えているほど長くはない。泣いたり悩んだり憎んだりするくらいなら、一歩でも自分を前に進めなければならない。立ち止まって振り返り逡巡すればするほど幸福は零れ落ちていくと覚悟した。生かされていることに感謝。合掌。

  • 椿山課長のおとうさん、
    とにかく素敵すぎる。
    素直にかっこいいと思えた。
    絶対にまねできっこないけど。

    佐伯知子もすき。
    「人間は『ありがとう』を忘れたら
    生きる資格がないんだよ。」

  • [2013.02.04]

  • この一つ前に読んだ「神はサイコロを振らない
    http://booklog.jp/item/1/4122046238)」も、
    ある意味、黄泉がえりの話でしたが、
    こちらは完全に黄泉がえりの話。

    黄泉がえりの話というと、ホラーやファンタジー、
    感動モノといろいろ考えられますが、
    この作品は、コミカルな感動モノと言えば良いでしょうか?
    浅田節満載です。
    いやぁ、笑えて、感動しました。

  • 風邪で早退したときに一気に再読。
    前回読んだときも、朝5時まで読んでしまったことを思い出した・・・。
    現世に戻った3人のキャラがとてもよく、全員が微妙にリンクする過程もおもしろかった。「親分!」には涙が。まったく違う姿の人間のなかに、その人の魂を感じることができるほど、相手を慕えるなんて、生まれ変わりをしんじてしまうじゃないか。
    佐伯女史の深い深い愛にも胸を打たれました。

  • 突然死によって残した悔いを解消するために、別人として"よみがえり"をする物語。

    生きるって素敵なこと。死んで悲しまれるって素敵なこと。「死者の自分探し」という斬新な設定で、笑いあり、切なさありのハートフルなストーリーを描けるあたりは、さすが浅田次郎、といったところ。
    死後の世界は健在の人間からすれば想像しがたい世界だが、よみがえりが決定するまでの手続きの過程も、銀行での順番待ちを思わせる雰囲気を醸し出していて、浮世離れしすぎていないファンタジーな世界が繰り広げられているのが面白い。

    実は、現世によみがえりを果たした人々への供養として「初七日」があるのかもしれないなぁ。

  • 突然な死を迎えた3人が心残りを晴らすために仮の肉体で現世に戻る。
    ユーモラスに描かれて読みやすい。
    ただ子供達があまりに大人びているのと椿山家族の不倫話に少し興ざめ。椿山はそんな事実をなぜすんなり受け入れるのか?
    任侠の武田の男気がカッコいい。

  • いきなり始まる冥途のシーンが可笑しい。
    お役所、免許の更新のように講習があって、反省ボタンを押すと天国に行かせてくれるなんてね。この当りは「きんぴか」や「プリズンホテル」の乗りです。
    現世に戻ってからはかなりの人情話になります。雰囲気的には「地下鉄に乗って」の感じでしょうか。時々、冥途からの介入があって笑わせられたりもしますが。
    それにしても妙なバランスです。こういった小説では笑いの中に人情を入れるか、人情の中に笑いを入れるか、何れにせよどちらを主体にするのですが、これは半々に近い感じがします。
    つまり、料理で言えば「隠し味」ではなく、相反する違う味をごちゃ混ぜにしたもの。では不味いかというと、それぞれがしっかり味付けされているので、そんなことは無い。ただ、相乗効果的なものは出ていないような気がするけど。
    笑って、泣きたい人に。。。。

全519件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
浅田 次郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

椿山課長の七日間 (朝日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

椿山課長の七日間 (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

椿山課長の七日間 (朝日文庫)の作品紹介

働き盛りの46歳で突然死した椿山和昭は、家族に別れを告げるために、美女の肉体を借りて七日間だけ"現世"に舞い戻った!親子の絆、捧げ尽くす無償の愛、人と人との縁など、「死後の世界」を涙と笑いで描いて、朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ感動巨編、待望の文庫化。

椿山課長の七日間 (朝日文庫)の単行本

椿山課長の七日間 (朝日文庫)のKindle版

ツイートする