街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)

  • 39人登録
  • 3.69評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞出版 (2009年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022644756

街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんでこれ今まで読んでなかったんだろ〜。次回ポルトガルに行くまでとっとこう

  • 大人になってから言語を取得し、ひとつひとつの言語を身につけていくたびに、民族となること。そもそも、民族や国家という括りは、マジョリティが押し付けたものに過ぎないということ。最後の数ページが秀逸でした。

  •  最近たまたま仕事上の必要があって、司馬遼太郎の『街道をゆく22 南蛮のみち』(1984 朝日新聞社刊)を読んでいたら、冒頭いきなり「こんなホテル」と吐き捨てる女性が登場して、その名前に、すこしばかりハッとなった。
     司馬や担当編集者らがパリ市内で泊まっている、団体客ご用達のアメリカ式巨大ホテルを「いやだねえ、そばまできて、帰ろうかとおもった」などと流ちょうな日本語で腐すこのフランス人女性は、名をカトリーヌ・カドゥという。司馬は今回の取材コーディネーションをつとめてくれた彼女を、親しみをこめて(?)「カトリーヌ嬢」と呼んでいるが、黒澤明の通訳をつとめたり、永井荷風の仏訳を出したり(『おかめ笹』『腕くらべ』)と、語学力をいかした仕事が多い。

     このカトリーヌ・カドゥの監督した新作ドキュメンタリー映画が、現在開催中のカンヌ国際映画祭の〈カンヌ・クラシック〉部門で上映されたらしい(『Kurosawa, la voie』)。ベルトルッチ、呉宇森、アンゲロプロス、キアロスタミ、宮崎駿、スコセッシら、世界各国11人の映画作家が、黒澤明の映画について語るというもの。クリント・イーストウッドが、「この日本人映画監督が第7芸術にどのような影響を与えたのか説明」しているのだそうだ。その部分だけでも、見てみたい。 

     ちなみに司馬は、この『南蛮のみち』を──つまり、伝道師フランシスコ・ザビエルの故郷であるスペイン北部バスク地方をたずね歩く紀行文を──書くのに、マドリーなどスペイン国内の都市ではなく、パリを旅程の起点としている。このスタートの仕方が、この人らしくて面白い。中世の民の巡礼のみちすじを模倣したのだろうし、ザビエルの留学先カルチェ・ラタンから遡行したかったのだろう。
     途上、フランス・バスクの中心都市であり、ロラン・バルトの育ったところとして知られるバイヨンヌで、聖なる固有名詞だと思っていた「ザビエル(Xabier)」という単語が、この地方ではごくありふれた男子の名前であることを知って、司馬は愕然としてしまう。しかし現代日本では、これは子どもでも知っている事柄だ。シャビ(シャビエル)・アロンソや、シャビエル・プリエトといった有名フットボーラーがバスク人であることなど、少年たちにとっては、ごくごく常識の範疇となっているからだ。

  • ザビエルだけで、一冊終わりました。

  • 安部公房全集より

全5件中 1 - 5件を表示

司馬遼太郎の作品

街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)はこんな本です

街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)の作品紹介

1982年、筆者はフランス、スペイン、ポルトガルの旅に出る。『街道』シリーズ初のヨーロッパ行で、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザヴィエルの人生をたどってゆく。学んだパリ大学、イエズス会の結盟を誓ったモンマルトルの丘を訪ね、バスクの地へ。生誕地のザヴィエル城では自分を「オバケ」と呼ぶ修道士が現れる。濃厚なバスク人の世界に包まれてゆく。大きな活字で装いも新たに、新装文庫版。

街道をゆく 22 南蛮のみちI (朝日文庫)のKindle版

ツイートする