街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)

  • 206人登録
  • 4.02評価
    • (14)
    • (27)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞出版 (2009年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022644947

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016年11月に台湾に行った。台湾の事をより知りたくなったので読んだ。
    司馬さんが台湾を訪れたのが1993年くらい。当時の台湾は、民主化から日が浅く、大陸出身でない人間、つまり台湾人が初めて国のトップになってからいくらも経っていない時だった。この紀行は、その当時の、司馬さんの目、つまり外から見た台湾を、教えてくれる。司馬さんの目…というのは、司馬さんが書いたんだから当たり前なんだけど、それこそがこの本の一番の魅力と思う。司馬さんの目から見た台湾、を当時の日本人から見た台湾、と言い換えてもいいかもしれない。なぜなら2016年11月に自分が行った台湾では、この本に書いてあることは(知識不足は大いにあれど)ほとんど感じなかったから。アジアのお隣さんで、日本のものに溢れてて、気さくで親切な国、だったから。
    台湾という国、と暮らす人々、はきっと司馬さんの頃から変わっていないけど、自分が知らない台湾が、台湾紀行には書いてあった。

  • 老台北(ラオタイペイ) = 蔡焜燦(さいこんさん)

  • 台湾の歴史と文化レポート参照。

  • 時は蒋経国が亡くなって数年がたったばかりのこと。台湾は着々と民主化が進み、大陸は大陸で勃興する気配はまだない。今となってはちょっと昔の話だけれど面白い。これだけ日本語を話す人がいる頃に旅をしてみたかった。

  • 琉球と台湾がチベットやウイグルと重なる。帝国主義の大波が小国を呑み込む。戦争の勝敗を分けたのは戦術よりも武器の進化であった。科学の進歩は戦争によって花を開かせてきた。第一次世界大戦(1914-1918年)では迫撃砲・火炎放射器・毒ガス・戦車・戦闘機が登場した。第二次世界大戦(1939-1945年)は空中戦の様相を示し、ドイツの弾道ミサイル「V2ロケット」が生まれ、アメリカの原爆が日本に止(とど)めを刺した。二度の大戦は戦争を国家の総力戦に変えた。
    http://sessendo.blogspot.jp/2015/11/40.html

  • なにか特別なできごとがあるわけでもなく、著者の見聞きしたことがらがひとかけらの感想とともに淡々としたためられているだけなのだが、著者の目線のなんと温かく、愛惜に満ちたものであることか。

    過去に50年間同胞であったという記憶を、両岸で大切にしている人々がいると知るだけで、慰められる。

    日台友好進展を心から望む。

    今さらながら、司馬遼太郎という作家、というか文明評論家を失ったことは、我が国の大きな損失である。
    先の震災を乗り越えるに当たっても、羅針盤となってもらいかった。

  •  この本を読むのは2度目となった。再読した要因は複数ある。数日前に台湾を旅行で訪れたこと、早稲田大学・江正殷氏の「台湾を知る」を受講した後であったこと、台湾のひまわり学生運動を調べた後であったこと、KANOや天空からの招待状が上映中であることと数をあげればきりがない。とにもかくにも台湾の歴史的背景を、ここでいったん整理しようと思い立ったのである。
     本書は台湾の全貌を知りたい人にとってのバイブルといっていい。週刊朝日誌上で連載が開始されたのが1993.7.2とある。いまから20年以上も前となり、やたら「グローバル化」が唱えられる現代社会では、時代の趨勢が移り変わっているように思われるが、今から読んでも現代とリンクしている話題は非常に多い。先日「台湾を知る」では、李登輝総統が目指した「中華民国在台湾」と、そこから発展した「中華民国是台湾」の考え方習った。つまり台湾が独立した民主主義「国家」に至るプロセスを「中華民国到台湾」も含め、「到」⇒「在」⇒「是」で形容していた。その一連のながれを本書では知ることができる。もっとも、司馬遼太郎氏と李登輝元総統の対談が1994年であり、まだこの時点では民主化が現在進行形の印象は否めないが。
     ともあれ、思い立ったが吉日。KANOや天空からの招待状を見る前に。台湾へ旅行に行く前に。はたまた台湾人と付き合いたいと考えている前に。要因は何でもいい、台湾と何らかのかかわりをもちたいと思っている人は、その表面上を漂っている好奇心に、ちょっとだけ肉付けをする意味で、ぜひ本書を手に取ってほしい。

  • 50年間日本に実行支配されたにも関わらず、台湾には親日家が多いのは何故なのか。という素朴な疑問があり手に取った一冊。

    大きな歴史的な流れはもちろん、ミクロな視点で台湾の歴史が、人々の言葉を通して語られているのが印象的だった。

    面白いのは、この紀行文が連載された当時、台湾はまさに歴史的な局面を迎えていたことで、巻末の当時の国家元首李登輝氏との対談もとても興味深い内容だった。

    司馬さんが、好意的な印象で綴る人物像は、読んでいて気持ちが良い。

  • 司馬遼太郎の文章に癒される。
    台湾の歴史を知り、理解すれば、日本の明日が見える。
    日本と仲良くしたい国と付き合うことを真剣に考えてもいいのではないか。

  • 日本と台湾の歴史的関係がよく分かる。もう1度台湾に行きたい。

全20件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)はこんな本です

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)の作品紹介

「国家とはなにか」をテーマに、1993、94年に訪れた台湾を描いた長編。蒋家の支配が終了し、急速に民主化がすすみ、歴史が見直されようとしていた。著者は台北、高雄、台東、花蓮などを訪ねる。「台湾」という故郷を失った日本人もいれば、「日本」という故郷を失った台湾人たちもいた。巻末には当時の李登輝総統との歴史的な対談「場所の悲哀」も収録している。

街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)のKindle版

ツイートする