裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)

  • 90人登録
  • 3.39評価
    • (2)
    • (12)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 北尾トロ
  • 朝日新聞出版 (2010年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022645609

裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おなじみの北尾トロ氏の裁判本。傍聴記だった前2作から少し変わって、裁判員制度導入をふまえて、自分が裁判員だったらというシミュレーションをしながら事件を分析するまじめな1冊。

  • 素人が人を裁く裁判員制度
    著者・北尾トロなりの葛藤

  • 本書には親本があり、タイトルや装丁の印象が文庫版とはずいぶん違ったらしい。当時、著者は「なにを急にマジメになっちゃったの?」と言われたそうだ。
    …嘆かわしい限りである。

    著者は最初から裁判傍聴、ひいては事件とそれを生んだこのうつし世なるものに、真正面からしごく真面目に取り組んでいた。ヒットとなった一連のシリーズは、何も知らないまっさらな人間がいっぱしの「傍聴マニア」へと「成長」していく過程を、その迷いや悩みに至るまで、それはきめ細かく見せてくれた良書であった。
    がっぷり四つのその姿勢、そして覚悟は、犯罪を「自分には縁のない、どこか遠くのキタナイもの」としたがる世の多くの向きには、どうやら伝わっていなかったらしいのだ。鳴呼。

    閑話休題。
    著者は「消極的死刑反対論者」らしい。もし裁判員に選ばれたら、死刑に一票を投じることはきっとできない、それは自分の「ええかっこしい」ゆえである、と言う。
    他人を死に追いやるような「ひどい人」にはなりたくないし、他人の人生を左右するなんて「重い責務」も負いたくない。そして「れっきとした」死刑反対論者というわけでもなく、そんな理由で死刑に賛成できない自分は「利己的で軽い」と、またも迷ったり悩んだりする。その姿は相変わらず、実にリアルかつ等身大で、共感を誘うこと請け合いである。
    (実見した著者によると、あまり出来が良くないらしい)お役所の広報ビデオなんかより、本書を一冊読んだほうが、よほど裁判員制度への理解と心構えを育んでくれそうだ。

    ただ個人的には、それに値する人間の処刑を支持することが、なぜそれほど「重い」のかがわからなかった。
    「軽いノリ」も結構、「しょせん他人事」で大いに上等。もとよりこの制度は、そんな市井の「素人」たちの、量刑相場なんてスレた玄人感覚とは無縁の素朴な感情を取り入れるべく導入されたものではなかったか。
    新聞、テレビ画面、PCのモニタに傍聴席。その向こうのぬくぬくと安全な場所から「ひでえなあ、こんなやつ死刑にしてしまえ!」と叫ぶ。
    その同じ感覚でかまわないと、私は思う。

    2010/12/24読了

  • 聞いたことある事件がチラホラ。

    こういうのは興味あるところ、ないところ、極端に分かれますね。

    一度傍聴に行ってみたくはなります。

全4件中 1 - 4件を表示

北尾トロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
米澤 穂信
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)はこんな本です

裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする