砂星からの訪問者 (朝日文庫)

  • 94人登録
  • 3.52評価
    • (4)
    • (9)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 小川一水
  • 朝日新聞出版 (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647894

砂星からの訪問者 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SF。続編らしい。前作未読。
    未知との遭遇。☆2.5くらい。
    緊張感がない主人公と、主人公をサポートする女の子っぽいAIが印象的。
    読みやすいのは良いが、コミカル過ぎて物語に入り込めない。
    難解すぎると読めないが、軽すぎても苦手と、自分のSFの好みは気難しい。

  • 戦場カメラマン・タビトが相棒のカメラ型AIポーシャとともに猫型異星人と接触するお話。


    せっかく猫型なのに、二足歩行、銀縁メガネ(型ウェアラブル端末)という余計なものを取りつけて猫型の魅力を削り取ってくれておる。

    好戦的で話の通じない異星人の中からやっと好奇心に駆られてタビトと意思疎通してくれる個体が現れるんだけど、実際好意が生まれてるかというところが微妙すぎて…ただのタビトの願望じゃない?それ空回ってない?としか。

    猫型異星人はあんまり魅力ではなかったけどタビトとポーシャのコンビは魅力があります。シリーズの他の話を読んでみたい。

  • 背後に大きな世界観をにおわせて終わる…
    続編、ありますよね?

  • 読み切り形式で続く、なのかな?

  • 『臨機巧緻のディープ・ブルー』の続きだとはどこにも書いていなかったから、プロローグだけでは分からなくて、しばらく積ん読にしてしまった本。そこからは一息でした。

  • 「臨機巧緻のディープ・ブルー」続編か。
    面白いようなつまんないような・・・。
    タビトのせい?

  • 乗らない

     なんでやろ?

     オープニングから乗れない。設定が悪いわけでもないし、読み手の問題だろうか?

     京急で読んで、羽田でも我慢したけど、機内で限界。

     猫が出てくるからかなぁ。なんとなくおもしろくなかったよ。流し読み。

  • 二本足?最後でちょいと混乱。
    いや、最後の最後まで4本脚の大型猫が相手だとおもってたもので。。。

    どういう進化をとけだのかいまいちわかんねぇ種族ではあった。
    FCSを毎回やっているようなものかもしれないけど。

  • 朝日ノベルスの「臨機巧緻のディープ・ブルー」の続編。続編であることをちゃんと書いてもらえないと困る。前作の主人公や登場人物達がそのまま引き継がれるので、前作を読まなくても大丈夫ということはない。

    前作とは違う新しい宇宙人が登場する。未知との遭遇でちょっぴりSFな感じ。ジュヴナイルらしく読みやすかった。想像力がなくなったためか、未知のものを想像するのがつらかった。大人になって想像力がなくなったんだろうか。

  • 久しぶりの小川一水。
    言葉も通じない異星人とのコンタクト。
    考え方や思考の違いがわかる果てには、
    もっと大きな違いが。。。
    多分、シリーズ化されてるかしら。

全13件中 1 - 10件を表示

小川一水の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンディ・ウィア...
有効な右矢印 無効な右矢印

砂星からの訪問者 (朝日文庫)に関連する談話室の質問

砂星からの訪問者 (朝日文庫)はこんな本です

砂星からの訪問者 (朝日文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

砂星からの訪問者 (朝日文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂星からの訪問者 (朝日文庫)の作品紹介

戦場カメラマンの石塚旅人が乗り組んだ宇宙調査艦が突如、エイリアンと交戦状態になり、旅人は捕虜になってしまう。実はエイリアンの艦隊も、調査艦隊だったのだ。情報力と戦闘力が直結する戦いが幕を開ける!現代SFの旗手が贈る、未知との遭遇を描く本格巨編!

砂星からの訪問者 (朝日文庫)のKindle版

ツイートする