リバタリアン宣言 (朝日新書)

  • 73人登録
  • 3.10評価
    • (2)
    • (6)
    • (16)
    • (3)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 蔵研也
  • 朝日新聞社 (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731326

リバタリアン宣言 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 民度が向上し、少人数・低コストで社会システムが運用できるようになると、多くの職員を抱え強大な徴税権力を持った大きな政府に対するニーズが低下し、リバタリアニズムのような小さな政府を求める思想が生まれてきやすくなると思います。しかし健康で文化的な生活の保障や東北地方太平洋沖地震・福島第一原発事故のような災害への対応となると大きな政府の安心感は否定できません。必要なのはニーズに応じた行政サービスを提供し適切なリストラを行なえるいわばスマートな政府ではないでしょうか。

  • 一読して、本書は実はアンチ・リバタリアン宣言なのではないか、と疑った。なぜなら、本書のどの頁にも稚拙な論理やたとえ話、また即座に反論したくなる突込みどころがあふれており、些かの説得力も感じることができなかったから。本書を手に取った人の多くは「リバタリアン」なる主義に対し、今後かなりの警戒心と反発をもって望むことになるだろう。
    詰まるところ、本書の主張は公共領域の極限までの縮小ないしは廃止であり、それはとりもなおさず国民一人一人が辛うじて行使しうる主権=選挙における1票の価値を極限まで軽くし、あるいは消滅させ、金で横っ面を叩けば全てが通る社会を目指す企みに他ならない。累進課税が私有財産の侵害だなどと泥棒呼ばわりされるのであれば、労働力の搾取=ピンハネを業とする派遣業者はより悪質な泥棒だと言いたくなるが、リバタリアンの主張に照らせば、それは「派遣業者」の職業選択の自由が優先されることになるらしいから、呆れるのを通り越して笑ってしまう。
    本書のようにあからさまではないにしろ、新聞やテレビには「リバタリアン的」ともいえる言説があふれている。イデオローグたちはそれと気付かれ無いように「リバタリアン的」思考を大衆に刷り込もうと日々懸命であるが、一部の「勝ち組セレブ(本書の帯より(笑))」ではない大多数の皆さんには、うっかりと騙されたりしないよう、彼らの主張のエッセンスをわかりやすく詰め込んだ本書をワクチン替りに一読しておくことをお勧めする。読みながら突込みを入れることを忘れずに。

  • リバタリアンとは、他者の権利を損害しない限り、各個人の自由を最大限尊重しようとする思想のことです。
    アメリカでは、大人気の思想のようで、熱狂的に支持する人や政党までも存在しています。
    民間に任せることをできるだけ進めていくという点では、フリードマンやハイエクから影響を受けている思想だとも言えます。

    この本は、入門書的役割を果たしていると思います。

  • 活字中毒で駆け込んだ本屋で見かけて購入。
    自分は政治的には反全体主義ということで、リバタリアンに近い。といってもマジメに省察しているわけではないので、啓蒙書は参考になります。

  • 読みやすい文体で書かれたリバタリアニズム入門。説得力には欠ける。リバタリアンについてはもっと色々読んでみたいですね。

  • 「何でこの権利が政府なんぞに制限されなきゃならんのだ」みたいなのばっかで、これが本当にリバタリアニズムなのかいまいち判然としない。もうちょっと理念的な話をしてくれないと。

  • 今年読んだ本の中で1,2を間違いなく争うだろう勘違い本。著者は本当にここにか書かれている内容を信じて教鞭をとっているかと思うと、一回講義を聴いてみたくなる。とりあえずまず読んで(買う価値はまったく無いが)みることをオススメする。

  • [ 内容 ]
    「国がそこまで口出しするなよ」「そんなの個人の自由に任せればいいの」一日に3回以上、そう考えるあなたは、リバタリアンの素質、十分である。
    日米の勝ち組エリートの多くが、実は密かに支持する「リバタリアニズム」。
    その実像を、気鋭の学究が懇切丁寧に解説。

    [ 目次 ]
    1 日本の政治の現状とリバタリアニズム(小泉構造改革の勝利とリバタリアン;「小さな政府論」の背後にあるもの ほか)
    2 リバタリアンな社会とは(現代国家の役割;古典的リベラリズムの変質 ほか)
    3 リバタリアンの倫理(リバタリアンは身勝手な人たちなのか?;慈善活動は自発的に ほか)
    4 国家の起源とアナーキズム(ダーウィン以前の社会哲学の曖昧な前提;ではいったい利他性はどこからくるのか? ほか)
    5 社会契約説を再考する(税を払わない永遠の旅行者;日本の財政破綻で日本脱出 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 立ち読み:2011/1/24

  • 0703

全11件中 1 - 10件を表示

蔵研也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
パオロ・マッツァ...
有効な右矢印 無効な右矢印

リバタリアン宣言 (朝日新書)はこんな本です

リバタリアン宣言 (朝日新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リバタリアン宣言 (朝日新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リバタリアン宣言 (朝日新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバタリアン宣言 (朝日新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする