決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

  • 3056人登録
  • 3.87評価
    • (276)
    • (352)
    • (323)
    • (26)
    • (9)
  • 314レビュー
著者 : 國貞克則
  • 朝日新聞出版 (2007年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731449

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)の感想・レビュー・書評

  • 簿記3級程度の知識があれば更に理解は深まるはず。
    私は2級所持ですがそれでも更に知識が深まる(固まる)本でした。

    「財務3表の流れ」をつかむ為の本という意味ではおすすめします。

  • つながりが大切だという事が理解できた。
    分析の部分は、事例を何度もやってみないといけないと感じた。
    シーサイドとシャルマンを比較するなどをやってみたい。

  • 財務諸表を体系的にお金の動きを感覚として理解をするにはとても良い本だと思います。
    会計マンには物足りないかもしれないが、ビジネスマンにはとても良いでしょう!


    調達 投資 回収

    過去 現在 将来

    これらの軸を財務諸表から見いだせるようになりたい、と思っている人(ビギナー)にはおすすめです。

  •  簿記がわからない人でも決算書を理解することができることで有名な本です。
    この仕事をずっとやっていると最初のころの疑問点や不明点を忘れてしまっていたので、この本を読むことで決算書のどこが理解しにくいか思い出されるので、お客様にわかりやすく説明できるようになると思いました。

  • 3つの決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)を一体のものとして捉えて、商売で発生するカネの出入りを会計的に理解しようという目論見の本です。

    まったく簿記の知識がない状態で一度読んだときは、なんとなくわかったようなわからないような感じを受け、結果的にほとんど内容は忘れてしまいました。取引と取引のあいだにある「つながり」に重点が置かれているため、個々の取引そのものについては、別途勉強しなくてはならないかと思います。ぱっと読んで分かるものではありません。

    特に「その取引はP/Lに影響が出るかどうか」、ということがサラッと流されている印象があります。このあたりは感覚だけでは理解しにくく、かといって知らないと読み進めることができず、どうしても簿記の勉強が必要になってくるように思います。

    改めて簿記を勉強して読むと、これまで断片的に身につけてきた知識がまさに「つながっていく」快感を得ることができて、とてもおもしろく読むことができました。入門書としてはやや難易度高めだと思いますが、復習用としてはとても役に立つ内容になっています。P.63~66にある基本的な手順は、折につけて押さえ直すべき重要なポイントだと思います。

  • 実務で決算書や試算表を見るときに感じていた、フワフワ感がなくなり地に足がついたかな…と思います。三表のつながりが実務の動きにしたがって説明されていて、なるほどなぁ〜と実感できた。細部を語るのでなく、大きな幹を教えてくれてるとこが、有難かったです。

  • 社会人たるものせめて財務諸表くらいは読めるようになりたいなぁと思っていたところに、この本に出会いました。
    結果的にはBS、PL、CSといった三表の絡みが非常に分かりやすく理解することができて非常に有意義でした。
    簿記の知識とまでとはいかないものの初心者としては、この程度の知識で十分という気がするので、この本に出会えて良かったと思います。

  • この本の目的は、簿記が書けるようになることではなく、財務3表と呼ばれるBS,PL,CSの繋がりを理解すること。そして「お金を集める」「お金を使って投資する」「利益を上げる」というビジネスの基本活動をわかるようになることだ。
    また複式簿記の5項目「資産」「負債」「純利益(資本)」「費用」「収益」とBSの場所とその把握の仕方をわかりやすく解説している。
    ビジネスマンとして、決算報告書を読めるようになりたいと思ったので入門書としては良い本だと思った。

  • 本書の著者、國貞さんの会計の本は世間一般で言われているように本当にわかりやすい!会計について、全く知識のなかった私も本書のおかげでPL、BS、CSの財務3表が一通り理解できるようになった。
    子会社吸収合併の際の「のれん代」の意味などすごく分かりやすかった。
    少しずつ、実際の財務表も見て慣れて行きたい。
    技術系であろうとも、事務系であろうともビジネスパーソンにはぜひ一読をおすすめできる一冊。

  • 社会人の必須科目、会計の入門書。実に分かりやすい。

    個人的には、財務諸表をイメージしながら仕事ができない人は、総合職の給料をもらう価値がないと思います。それなら派遣さんで充分。

  • PL、BS、CSからなる財務3表のつながりや会計の全体像をざっくりと理解できる本。
    「簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかる」とあるので手にとって見たが、正直なところ、簿記を全く理解していない自分にとってはやや難しい部分もあった。
    簿記の知識を取り入れてから再読してみたいものだ。

  • 読むの何度目かなwという感じ。最初読んだ時にはぼんやりとした理解ともいえないような状態で。読むたびにここは分かる!というところが少しずつ増えてきてる感じ。薄いベールが一枚一枚剥がれて像が鮮明になってくるような。さすがに3回目の今回は割とスッと入ってくる部分が増えてるかも。

  • 県主催の勉強会にて直接学ばせて頂いた。
    講義の中で「分かりやすい」と思ったが、しっかりと書籍で学んでみようと思って購入してみた。
    が、講義の方が圧倒的に分かりやすかった。
    書籍になると何となく分かったつもりで先に読み進んでしまう。
    で、後になって「あれ?」と分からない部分が出てきた。
    書籍で学習するのは難しい。

    読んで理解できたとするのではなく、一つ一つの例をしっかりと自分で紙に書いて学ぶことをお勧めする。

  • 2017年1月5日読了。PL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CS(キャッシュフロー計算書)の財務3表の関連性をつかみ一体として理解することで会計の理解が高まる、とする著者の理論に基づく解説書。財務3表に限らず、この世のあらゆるシステム・書類は、できるだけ正確に・網羅的に理解できるようにするため作成するもので、「なんでこんなに分かりにくいんだ、嫌がらせか、ムッキー!」と切れる前にその文書の目的をつかむのが先、ということか…。以前簿記の勉強をした時は減価償却などの考えが感覚的に理解できず挫折してしまったが、まず全体の考え方を理解してから、後わかりにくいところだけ「そーいう決まりになっている」と覚えれば早いものだ…。本書は実践的な表作成の例もあり、非常にわかりやすかった。まずこの原則を頭に入れてから、個別の例外などを覚えていけばいいのだな。

  • 久しぶりにファイナンスの勉強をしたくて、基礎固めにちょうど良さそうなものを調べてポチった。

    「まとめ」
    ・企業の営利活動の基本であるお金集める、投資する、事業を回すをそのまま財務3表に落とし込む考え方
    ・財務諸表の意味がわかることで、ROEやDEレシオなどの財務分析も暗記ではなく意味で理解できる
    ・簿記ではあまりやらないが、CSを見ることで企業の戦略がわかる。
    「感想」
    簿記2級を持っているが、ほとんど暗記ゲーで取得したため、今回簿記でやっていることの目的を大枠で理解することができてよかった。若干優しく書いてあるが言葉は当たり前のように仕分け用語を使用しているため、簿記を持っていない人が1冊目これだと難しいかも。簿記3or2級の知識を身につけた上で、財務諸表を効率的に「読む」ことを学びたい人向け。
    「学び」
    ・会計士として仕事がしたいわけではなく、財務諸表を見て企業の財務状態及び戦略を知る手段として活用したいため3表を連結させて見ることで大枠を理解するやり方は有益だと感じた。
    ・また本論の趣旨とは関係ないが、世の中で”粉飾”がなくならない理由が理解できた。財務諸表は企業の全容を表すものではないことは注意。

  • mbaでの学びの良い復習になった。

  • これは今まで読んできた財務会計の本の中で一番良く分かる!勉強になったなぁ〜。

  • 財務3表の関連性を事例を交えて、分かりやすく表現した本。

  • 財務を勉強したもののイマイチ理解できていない、苦手意識が残っているという人にオススメ。(私がそうです)簿記の細かいルールを覚えるのではなく、財務3表の繋がりを理解して分析するというもの。この分かりやすさは目からウロコ!

  • 「読める」だけでなく、決算書の「しくみが分かる」良書

  • これから役立つかな?
    何度も繰り返し確認できて、表の整理はできたと思うけど、実際に本物を見て、どのくらい理解できるようになったか確認せんならん。

  • 財務諸表に関して基礎を学べる。定期的に読み返すべし

  • ゼロから決算書が読めるようになる。
    会計のロジックが美しいというのはその通りだと思う。

  • 唯一反論したいのが、CFは、他2つとつながっているが、流れとして理解する上で必要不可欠ではないということだ。CFは、他2つを保管する目的で作られれているからだ。企業の基本的行動(調達→投資→回収)に各計算書を当てはめていくうえで、すっきりさせるには、CFは必要ない。

    見ている観点が、キャッシュフローであるということを、きちんと示して、補助的役割しかないが、たくさんの情報が読み取れる、と理解すべきだ。

全314件中 1 - 25件を表示

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)に関連する談話室の質問

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)を本棚に「積読」で登録しているひと

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)の作品紹介

簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかる!ポイントは財務3表の五つの「つながり」。損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)を、具体的な会社の事業活動を通して同時に作り、「つながり」を徹底解説。新会計基準やM&Aの仕組みも、すいすい理解が進む。まったく新しい会計学習法の誕生。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)はこんな本です

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)のKindle版

ツイートする