フランスに学ぶ国家ブランド (朝日新書)

  • 68人登録
  • 3.35評価
    • (4)
    • (7)
    • (16)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 平林博
  • 朝日新聞出版 (2008年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732118

フランスに学ぶ国家ブランド (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルほど期待していたものは得れず。
    フランスの現状については勉強になりました。後、大使館の仕事の大切さについても。

  • フランスには、独特の「国家ブランド」がある。言い換えれば、フランスには独自の「国のかたち」があり、強い発信力がある。

  • 文化大国フランスから日本の政策を考える。確かに日本の文化は卓越したものがあるがそれを世界にPRすることにこれまで欠いてきた。フランスが世界からある種の羨望のまなざしを受ける理由もわかる。人口減少社会、移民を受け入れるわけのない日本が今後世界から注目を浴び続けるには「ソフトパワー」をいかにアピールすルカにかかっていると思う。そうした面を踏まえると、本書は参考になる。サルコジ絶賛。

  • 元在フランス大使のエッセイ。フランスの国家ブランド戦略への賞賛が中心だが、それだけにとどまらずに話は多岐にわたる。シラクやサルコジと人柄が伝わるエピソードなど。若干、自慢話っぽい感じ。自分はとても興味深く読めたが、国際政治などに関心がない人が読んでも面白く感じないと思う。

  • フランスってどんな国なんだろう
    言葉とか観光だけじゃなくて
    フランスって言う国を知りたいって思って本屋さん見てて目にとまった本。

    フランスってアメリカとかとは違って大国!!って感じじゃないのに
    凄く堂々としてて
    誇りを持ってて
    そういうイメージでした。

    もちろんそのイメージ通りの部分がほとんどなんだけど
    移民の問題とかいろいろ問題があって
    でも
    なんか日本とはちょっと違うなって思える。

    フランス人ってフランス大好きなんだろうな。
    てかシャルル・ド・ゴールってホント凄い政治家だったんだな。

    「国家ブランド」
    この言葉凄く似合ってる。

    フランス好きだー!!!!

  • 元外交官、フランス大使・インド大使を歴任された著者の話を直接聞く機会に恵まれた。

    ご本人いわく、「自他共に認める、外交官らしくない外交官」とのこと。聞いた方も納得。
    べらんめぇ調でざっくばらんに外交や他国の国家戦略の裏側を話してくれるのには驚いた。

    橋本、小渕、森、小泉。著者が仕えた歴代総理とのエピソードを聞けたのも面白い。
    さすがに辛辣な批判はなかなか出てこないが、マスコミの表面的な報道からはうかがい知れなかった、大物政治家たちの素顔が分かる。


    外交というものが、どのように動いているのか。
    フランスという国は、何を考えているのか。なぜ、あのような存在感を維持できるのか。

    軽妙で読みやすい語り口で外交と国家戦略について書かれる本書からは、そうした著者の魅力が十分に伝わってくるばかりでなく、何の予備知識がなくても国家のトップ達の思考と実践を垣間見ることができる。これからの日本と世界を作っていく、中学生や高校生にもぜひ読んでもらいたい。

  • 2008/6
    駐フランス大使時代の経験談を中心に、フランスという国の文化を述べている。その根底には国家ブランドというものがあり、それが確立されているのがフランス社会というまとめ方で日本社会と比較している。知られざるフランスの一面を垣間見ることができる。

全8件中 1 - 8件を表示

フランスに学ぶ国家ブランド (朝日新書)のその他の作品

平林博の作品

フランスに学ぶ国家ブランド (朝日新書)はこんな本です

フランスに学ぶ国家ブランド (朝日新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フランスに学ぶ国家ブランド (朝日新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする