「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)

  • 369人登録
  • 3.63評価
    • (21)
    • (50)
    • (47)
    • (8)
    • (2)
  • 60レビュー
著者 : 安藤俊介
  • 朝日新聞出版 (2011年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734136

「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙だけで読みたいと思った。いつもプリプリしている目の前の人にも薦めたい。

  • 怒りの感情との付き合い方を知りたくて、手に取りました。

    怒りは防衛である、に納得。

    人が怒る時、そこには過去の傷つきの経験があり、また再び傷つくことのないよう、「怒る」という形で身を守っている。

    そのことに対して、「怒る」という方法のままで果たしていいのですか、別の方法をとってみませんか、というのが「怒りのマネジメント」なのですね。

    怒りのマネジメントには、対症療法と体質改善があり、両方をうまくつかいながら、徐々に怒る機会が減っていくというもの。

    具体策も示されていて、「今日から使える」内容です。
    早速実践して、「怒らない私」を目指します。

  • 今年の自分のテーマはアンガーマネジメントです(^_^)ゞ

    エネルギーの使い方を間違えたせいで、自分のためにも周囲の人のためにもならない。

    精神論・宗教的な話でなく科学的なアプローチなのも取り組みやすく感じられた。

  •  心のリソースを、「怒り」という感情に振り分けすぎないようにするための本。正しくマネジメント。

     怒りの仕組みが知りたくて読んだのですが、そこはわかりやすかったです。
     コアビリーフの考え方がおもしろい。怒りの源泉になる価値観。
     私は「ごはんは温かいうちに食べる」「帰ってきたらただいま」みたいな、割とちょいちょいとしたところに軽いコアビリーフがあるみたい。なるほど。

     本自体は、瞬間湯わかし器みたいに怒っちゃう人が想定されているようで、自分は想定読者じゃないっほいなーという気になりました。
     自分は衝動的に怒鳴るタイプではなく、怒ると布団にもぐり込むタイプ。ただ、もやっとした感情が、最近、消えづらくなってまして。しかも、自分がなぜ、今、もやっとしたのか、わかんなかったりします。
     その辺をさぐるための、いいヒント本になりそうです。

  • 2015年5月13日購入。
    2015年6月10日読了。

  • 薄っぺらい。
    前半に出てくる「怒りについて○○という実験結果があります」とか、いつのどういう研究か言及もないし伝聞ばかり。
    そこは本質ではないにしろ、ブログに書かれたアドバイス程度の内容。一つ一つの方法は役に立ちそうではあるけど。
    夫が水の入ったバケツをへんなとこに置いてたせいで水こぼしちゃったので試しに実践。
    「なんで」を使わず、「自分が水をこぼしてしまった」「水が冷蔵庫の下まで広がって心配」と、事象と自分の気持ちだけに絞って伝えたら怒りの応酬にならず生産的だった。
    しかし、この「なんでと言わない」「事象と自分の気持ちを伝える」は『子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方 大全』で既に学んでて、子ども相手には使ってる方法。大人にも有効ということで。

  • 本書は、まず「怒り」でどれだけ損をするかを説き、その「怒り」をコントロールすることで得られるメリットを提示し、「怒り」のメカニズムを解説し、どのようにすれば「怒り」を抑えることができるようになるかを教えてくれる。
    そのテクニックには、その場の怒りをとりあえずなんとかするという「対処療法」と怒らない体質に変える「体質改善」という二つの柱がある。
    瞬間的な対策(対処療法)と根本的な対策(体質改善)の両方の対処方法を持っていれば、より怒りをコントロールしやすくなるように思う。

    怒りに点数を付けるという方法(対処療法)、相手に対して怒っているときに主語を「私」にする(「怒らない人」が習慣にしている会話のルール)、自分の価値観を明確にすること(「怒らない環境」を整える)をルール化して行おうと思った。
    他にも色々な方法が紹介されているが、私自身は上記の3つが特に実践しやすそうだと感じた。
    点数を付けるということは、本書を読んですでに実践済みだが、意外と効果があるように思う。

  • 著者である安藤俊介さんのアンガーマネジメントセミナーを受講しました。
    なので本の内容については、さーっと頭に入ってきました。
    怒りを感じたことをネチネチ考え続けることは脳にも良くなく、代わりにアンガーログをつけることが良いと紹介されています。
    アンガーログの書き方について触れられているので実践してみたいです。がしかし、最近、セミナーを受講したり、これ以外にもアンガーマネジメント関連の本を読んだせいか、少し怒りをコントロールできている?あまり以前ほど怒りを感じなくなっています。

  • とても簡潔で分かりやすい本だった。
    怒ることのデメリット、怒らないことのメリット、怒る理由、怒らないための対処療法、怒らないための根本対策など。
    ダイエットなどと同じで、記録して分析するのが大事ということらしい。

  • セミナーで聞いた感じの内容でさらりと読める。
    怒ると疲れるし、やはり損ですね。

全60件中 1 - 10件を表示

安藤俊介の作品

「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)の作品紹介

本書は、「怒りをゼロにすること」が目的ではありません。そもそも、私たちはブッダを目指すわけではないのですから。怒りを感じてもいいのです。ただ、怒りの配分はしっかり見極めていったほうがいい。怒らなくてもいいことには、怒らない。怒るとしても、表現方法や場所を選ぶ。そのほうが人生ははるかに生きやすくなります。ムダな「怒り」は減らし、単に「怒る」という行動はやめる。それが「怒りのマネジメント」であり、本書の目的です。

「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)のKindle版

ツイートする