ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)

  • 106人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (4)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
  • 朝日新聞出版 (2013年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022735225

ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは読むべき!

  • 気鋭の若手による復興とまちづくりの新時代を切り開く論戦の集録。行政に近いテーマだけあって地方政治の役割にふれているのも好感。
    何より、藤村龍至君が鶴ヶ島市での取り組みを紹介していますが、藤縄市長とつなぐのにかかわっただけに、それだけでもうれしい一冊です。

  • 古市憲寿氏、山崎亮氏などによる日本の近未来への提案。

  • 出てくる話し手がみんな熱心でかなりのレベルの高さが伺える。
    すごく良心的な作品だと思うけど、テーマがテーマ。自分にはとっつきづらいテーマでした。
    東北の被災地復興論と、地域活性化論の二つ。前半の復興論は、おもしろかった。
    もっと「復興」という言葉をいろんな面からとらえてほしい、という専門家の言葉が、印象的でした。復興は、もっとささいなことからであってもいい。

  • ○NHK(Eテレ)の番組『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』の中から、2013年3月に放送された「僕らの復興論」と「僕らの地域活性化作戦」の2本を、放送の未公開部分を含めて再構成・書籍化されたもの。
    ○開沼博氏や古市憲寿氏など、1970年以降に生まれた論客(?)により、第1部は東日本大震災からの復興について、第2部は地方の活性化について、それぞれの見解を元に議論。
    ○第1部については、論客それぞれの立場から「復興」についての考え方、実情、今後について、建設的な議論がなされている。特に、「当事者」としての考え方については、大変興味深かった。この当事者意識については、第2部でも登場するため、本書のキーワードとしても見逃せない。
    ○第2部については、地域活性化のあり方や方法論について、具体的な検討案の提示を元に、各立場から議論。国と地方の対立や地方分権の推進と行った政治的なものから、地域産業の育成、地域コミュニティの確立といったボトムアップ的なものまで、様々な観点から「地域の活性化」についてのアイデアが出された。特に、「都市部の衰退」の方が「地方の衰退」に比べて根が深いという発想は、今まで無かったため、大変興味深い。
    ○学生はもとより、NPOや公務員などの公的な仕事をしている方、ビジネスマンなど、地方の活性化に関心がある人は、必読。

全6件中 1 - 6件を表示

古市憲寿の作品

ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)の作品紹介

【社会科学/社会】「1970年以降生まれ」が復興と地域活性化について徹底討論。NHK Eテレの人気番組「ニッポンのジレンマ」を未放送部分も収録し書籍化。人気の若手論客たちが、リアルな感性で〝この国のあたらしいかたち″を探る!

ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論 (朝日新書)のKindle版

ツイートする