グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)

  • 196人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (16)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 朝日新聞出版 (2016年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736895

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

  • 【ISについて】
    近年のアラブと西欧の対立はサミュエル・ハンチントンの言う「文明の衝突」ではなく、アラブ地域が近代化して、先進国の仲間入りをする前の混沌だと説いている。むしろ文明は「衝突」しているのではなく、寄り添っているのではないかとトッドは述べている。
    では何がその近代化の礎となっているかというと、教育レベル(識字率の)向上に始まる女性の地位向上・社会進出と、内婚制共同体家族が崩壊し核家族化してきていることだと。

    【これからの世界について】
    そして、これからの世界は以下4つの出来事によって、大きな転換期が来ている。それは、共同体の信仰の喪失、高齢化、教育レベルの向上、女性の地位向上である。

  • ちょうど、平行して読み漁っている水野和夫氏の著書とも通じる部分がある。(当然、異なる部分もあるが)
    その中で、やはりエマニュエル・トッド氏の主張を特徴付け、説得力を持たせるのは、氏のバックグラウンドである、文化人類学や人口学の観点からの指摘であろう。
    出生率の低下を根拠にイランが近代化の過程であると指摘し、家族制度を根拠に日本やドイツには不平等を受け入れる社会的背景という。さらには、民主主義の発展に不可欠な、国民の識字率や高等教育の発展などがさらに進むと、教育格差として不平等の定着につながるとの指摘も、改めて慧眼であると感じた。

    そして、リーマンショックなどの金融危機以降、世界がグローバル化の問題に直面するなか、改めて国家の役割が注目されていることは、水野氏、トッド氏の指摘の通りであり、採るべき政策は自由貿易信奉による格差の拡大を是正することであることも両者の一致する見解である。

    しかしながら、現実の政府はP189でトッド氏が2001年に指摘した通り、「むしろ、秩序を維持するために治安への懸念を人々に感じさせ、軍備などの支出を増やす。」、そういう国家である。
    北朝鮮問題に絡み、米中に挟まれたいまの日本が、安全保障が極めて重要であることは疑いの余地がない。しかし、低成長時代への突入、資本主義の終わりという経済、そして社会体制の大きな転換点を迎えていることも確かである。
    政府が国民の目を外に向けることで根本的な問題を先送りにしないよう、注視していく必要がある。

  • 先進国、つまりヨーロッパ(特に英、独、仏)とアメリカ、日本の行き詰った現状についての解説本。
    著者はフランス人なのですが、長期的な歴史の視野に立って現代を観察してるんですね。
    アメリカ人やイギリス人(独立志向が強く、かつ差別に寛容、よって「自分さえよければ良い」思考に陥ってる)社会とほかの国との比較が語られて、とっても興味深かったです。
    国際的視野ってのは、実は単にアメリカ的視野になりがちですが、実は全然違うんですよね。
    たまにヨーロッパ人の視野で話を聞くと全然違って面白いです。

    ただ残念だったのは、朝日新聞に掲載されたインタビューをもとにしている割には、文章がわかりずらい。
    翻訳が今一つ・・・何を言わんとしてるんだろう?と何度も何度も一文を読み返す、ということをやりました。
    内容がちょっと硬くて難しめなので、なおさらでした。
    2016/11/18 09:52

  • グローバル化が進む中BrexitをやTrumpなどのナショナリズムの風潮の強まりに悲しむと同時に学ばなければならないと思い購入。就活がやっと終わったので読破。自分が後で見直せる様にいくつか気になった点をピックアップして書きます。

    【中東地域・ISIS】
    ・現在ISISが台頭している理由
    近代化におけるプロセスとして暴力的行為、過激派の台頭は付き物。特に中東地域は個人の自由度が低い事もあり民主化への推移における弊害は大きい。

    ・近代化の定義
    識字率向上(特に女性) → 出生率低下
    これによって女性に対しても平等に教育の機会を設けられる事で民主主義の肝となる参政権獲得に繋がる。

    ・現在先進国と対立している理由
    文明的な違いではなく近代化移行前の時間軸のズレ。宗教的な対立に思われがちだが同じ事がアフリカにも起こると著者は予測。

    【アメリカ】
    ・個人主義的思考の欠陥
    アングロサクソン的個人主義思考は平等の思考には繋がらない。彼等が平等だと感じていたのは黒人を周縁として追いやり、白人の中での平等を作り出しから。
    黒人奴隷解放から始まり2009年には黒人初オバマ大統領が出てきた事から彼等の平等は不安定になった。

    ・経済破綻とトランプ出現
    人種差別について言及するトランプだがそこはネックではない。真のネックは自由貿易、TPPなどによる経済破綻だ。(リーマンショックが原因と勘違いされがちだが)
    個人的には人種差別は彼が大統領になる為のマーケティングに過ぎないのかと思った。無駄にそういうセンシティブな話題に言及する事でアメリカ国内に及ぼす影響を考えてほしいものだ、、

    ・軍事志向的政策
    アメリカ経済が弱くなってきた事からアメリカはイラク戦争などから分かる様に軍事力で存在感を出す他なくなった。侵攻国の規模が彼等の国力を図る指標になるという言葉は印象的だった。


    【ヨーロッパ】
    ・ヨーロッパ内での差
    同じ言語を話さず、その上で違う文化を持つ為欧州という言葉がイデオロギーとなってしまった。内部では嫌い合うような現状もありEU解体の流れに向かうと予言。
    また、ドイツにはヨーロッパを牽引する力や資質はない。

    ・2005年までにユーロはなくなるという予言
    →Brexit, Frexit未遂などから近しい傾向は伺える。

    【日本】
    ・核武装の是非
    アメリカと中国が北朝鮮への影響力を持つ中、日本は唯一の被爆国という立ち位置から武力を持っていない。
    トッドによると日本も核武装する事で均衡を保つべきとか。

    ・アメリカとの関係
    アメリカとの同盟関係はアジアにも味方がいない日本の視点から見ると一国依存となってしまっている為、"選択肢"としての同盟関係とは言えない。

    【国際社会の方向性】
    ・欧州、米国、極東で経済圏を形成。国家単位でなくこの地域単位で保護主義的政策を取るべき。
    →日中韓はその様な経済連携を探る機関を設立すべし。

    ・民主主義
    国を牽引するエリート層が自国の中間層にも目を向け、グローバリゼーションという幻想から一度離れる事で節度ある民主主義が実現可能。これは世界に目を向ける事を止めるのではなく、各国々のエリート層がもっと自国に目を向けるべきなのだとという意味で解釈した。

    【各国の文明について】
    ・"グローバリゼーション"という夢
    結論から言うと文明が一つにまとまるということは家族的視点からも経済的視点からも不可能との事。思想としては魅力的と言及するも、極限まで近づいていく事はあるが一つになる事はないと断言。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    本の内容に関係なく個人的な意見を。
    やはり政治的な要因や経済的要因も大きいがこの本は人類学者の視点から書かれていることもあり、文化の差等の描写に非常に惹かれた。

    個人主義的で自由度が高いアングロサクソン... 続きを読む

  • 何この行間だらけの新書?なめてんのか朝日!!1時間で読める!!あ、でもこの著者の本にしては分かりやすい!!さすが新聞記者!!
    「韓国は子供を産むことを忘れてしまった」「それでもフランスは異教徒どうしの結婚率が高い」等々、随所に見られる人口学者ならではの観点が面白い。核抑止力を肯定的に言及する著者に朝日記者は「頭の体操と思って読んでほしい」と一歩引いて読者に投げ掛ける。

  • 歴史家、文化人類学者、人口学者として、家族制度や識字率、出生率等から世界情勢を鋭く予言し続けるトッド氏へのインタビューを纏めたもの。

    新自由主義的なグローバル化から、保護主義的な国民国家へと回帰する欧米諸国の流れを必然的な動きと捉えているトッド氏。アラブ・イスラム圏の混乱は、民主主義への移行の過渡期の混乱に過ぎない、と見ている。

  • グローバリズムについての本を読みたかったのだけど、どちらかというとユーロやフランスに偏った話だったので、思っていた内容とは違った。

    が、インターネットが普及し、経済的な境目がなくなったグローバリズム自由貿易。
    世界が繋がっていくことの希望は、今や危惧でもあり、繋がっているという事実は変わらないながらも、米国が「ナショナル」より「インペリアル」の道を選択したという序文は面白い。
    経済的には引き戻せない段階に来た上、個人が国という枠組みを超えてゆくことが容易になった反面、国が国として維持するためには、経済ではない力、つまり軍事力に頼らざるを得なくなっているのかもしれない。

    個人的には世界規模で少子化が進んでいることには驚いた。
    需要がなくなると、供給による利益は失われる。
    また、ロシアの立ち位置も気になる。

    トランプ就任によって、世界のパワーバランスはどのように変わるのだろう。
    グローバリズム以降の世界の在り方を、もう少し詳しく学びたいなぁ。。。

  • 「問題は英国ではない、EUなのだ」と同著者であり読んだ。

    人口学から世界情勢を見ることの斬新さ。日本への提案も興味深かった。

  • いま世界は動いているんだなぁ〜ということをつくづく思った。人口統計学や人類学の知見によってソ連の崩壊やアメリカの没落を予言して来たトッドさんが、本書の中で今は日々起こる世界の変化に集中するだけで大変だと語られていた。
    感想書こうと内容を思い出そうとしたがかなわず…もう一回読んでみなくてはという間抜けな感想しかかけない。ぐぬぬ…でもお薦め♪読みやすい!

    Mahalo

  • Ⅰ 夢の時代の終わり
    Ⅱ 暴力・分断・ニヒリズム
    Ⅲ グローバル化と民主主義の危機
    Ⅳ アメリカ「金融帝国」の終焉
    Ⅴ 終わらない「対テロ」戦争

  • これは素晴らしい。
    今ぜひ読んでみるべき本。
    すごく面白い。

  • アフガニスタン、パキスタン、サウジアラビアは中世のまま。近代化のバックラッシュとしての過激派。
    フランス革命、ナチス、大日本帝国などの狂気も同じ、前近代への揺り戻しの一つと。

  • 『つまり、フランスの指導層は、ユーロを壊すくらいならフランス社会の一部を壊したほうがましだと考えたのです』―『日本の読者へ』

    冬の朝、寒い駅のホームで電車を待っている時、背中に当たる陽を感じて温もりを思う。地平線から登ったばかりの弱々しい太陽でもこれだけの力があるのだなと感心すると同時に、何か知恵の在り処の本質のようなものに触れたような気にもなる。太陽の運行、雲の動き、未来を予測すること。それは、予測できぬ人々から見れば神の如き力にも見える。神は天変地異を司るが、その振る舞いは気まぐれにも見える。その気まぐれさのパターンを理解する力を持つことは人々を従わせる力となることは容易に想像出来る。それは何も未開の人々の間で起こることを描写して言っているのではない。現代でも日々起こっていることも含めてそう思うのだ。例えば、朝の天気予報で今日は雨が振りそうだとお告げがあれば多くの人は傘を持って出掛けるだろう。その背後にどのようなデータがあり、その時系列的変化から未来が予想されていたかを理解できなくても、シャーマンの言葉対するようにその予測する力について人々は盲信的だ。

    知識として理解していることとが、ただ単にAであればBであるというような暗記式の論理であるなら、それは知恵とは呼ばれまい。繰り返される出来事の共通項を探り当て、いま起きている事象の帰結を予想する。その時々の権力者の意向や世の中の空気といった文脈に囚われることなく予測をする。それを知恵と呼ぶのだと思う。

    エマニュエル・トッドはその意味において真の知恵者だと思う。彼が参照するものはデータであり手垢の付いた誰かの意見ではない。日々業界で起こっていることを伝える夥しいニュースや評論を読んでいると、そのほとんどが噂話のような一過性の真実に過ぎないことを思い知らされるが、データに基づいて先を見通す言説に触れることは稀だ。しかしデータという奴は実は扱い辛い。誤差もあるし複数の要素が畳み込まれていることも普通だ。そこから何が一番変化を司るものなのかを見極め、見えない将来を可視化する。それを面白がれる人でありたいと思いつつ、現代の混沌とした様相にお手上げな気分になることも事実。トッドの切り口の鋭利なことと、時間を経ても錆びつかない確かな刃の行方に、只々感心する他ない。

  • 新書では氏の考えが充分に伝わらないと思いました。気になった部分を列記しておきます。「グローバル化が進んだ今の時代に権力を握っているのは、実際のところ政治家たちではなくて、自由貿易という経済思想なのです。」「現在の貿易を概観すると、確かにグローバル化によって世界的に流通するものもあるが、大部分は欧州内、北米内といった地域単位、大陸単位で行われている。これに基づいて、世界を欧州、北米、極東に分けるべきだ。それぞれで内需を拡大し、地域経済を立て直し、各極を基礎に置いたグローバル化を構築すべきだ。」

  • 2016/12/09:読了
     参考になる。
     正面からだけでなく、人口動態・出生率、家族制度、識字率などから国の状況からでないと、長期的な傾向はわからない。なぜなら、微視的なコントロールをやるから。
     すでにアメリカは帝国でない...

  • EUは思っているより早く解体するのかも、、、
    ユーロ制度も失敗に終わりそうで、、、日本もアジアも冷静にこのことから色々学ばなければならないと思います。

  • 昔、この著者の本を何冊か読んだことがあるので懐かしかった。
    テーマごとに分かれているが時代の前後やインタビュー形式なのでわかりづらいところもあった。

  • エマニュエルと聞いて、映画を思い出すのは、我々の年代以上でしょう、、、さておき。

    以前から気になっていた、エマニュエル・トッドの著書でも、簡単そうな部類で、新しいものを読んでみた。

    もう残すところ1ヶ月を切った2016年も、世界は波瀾万丈であった。イギリスのブレグジットEUからの脱退の国民投票の決定、アメリカの次期大統領にドナルド・トランプの決定。

    いずれも世界に大きな波紋を投げかけた。

    日本に住み、一般的な情報を入手しているだけだと、えっ、何故?となるだろうが、もしかしたら、それらは予見されていたことかもしれない。

    それは、エコノミストが出版する「2050年の世界」を読んでから益々そう思うようになった。そんな中、経済学の視点では無く、社会学の視点から世界を捉え、鋭い分析をしているエマニュエル・ドットの著作は面白そうだと以前から気になっていた。

    しかし、中々たどり着けずにいたが、ついに1冊読むことが出来た。

    結論を書くと、読むだけの価値はあった。

    特に、最初の方に新しい情報が入っており、後ろに行くに従って、過去の取材記事となっていく。最初の数十ページでもこの価格を払う価値が十分にある書籍である。

  • グローバリズム以後

    ・アメリカが帝国となって以降、30年がたち、1世代変わった。帝国というものは、帝国の中枢こそは良いが、帝国の中にいながら辺境にいる人間にとっては良いことはないため、辺境の人々が帝国をやめようというエネルギーを発し始めた。アングロサクソンは根本的に不平等なシステムをとりやすいが、アメリカが自由平等の国としていることが出来たのは、内部に黒人差別をすることで辺境を確保し、不平等を発散していたからである。しかし、黒人解放以後、平等化が進み、白人も辺境に追いやられることで考え方が変化し、国民国家に向けて進み始めた。
    ・欧州は分断に向かっている。それは、一致させるべき明確なビジョンの欠落に起因する。国民国家の単なる集合体となったヨーロッパは失墜していく。
    ・家族構造のシステムとは、本来分散化するものである。世界はホモサピエンス以来分岐化を進み続ける。
    ・ISISは国家ではなく、ニヒリズムの集合体であり、国家とは逆行する流れをくむもの
    ・人類学的革命、人類の転換期がいま。その兆候は、①共同体的信仰の欠如②高齢化③社会を分断するほどの教育レベルの向上④女性の地位の向上。
    ・日本は元来長子と末っ子の序列を設けるなど、家族制度としては階層的なものは存在する。今の日本の不平等化、学歴による階層化、移民が受けるような非正規雇用の苦難を低学歴層に押し付けて、母国のない移民という最悪の状況を生み出している。しかし、それは許容されているという点で、横のつながりよりも階層化の引力の強さを目の当たりにしている。

  • あんまり記憶にないけど、考え方とか、無意識にいろいろ残ってたら嬉しい

  • 米国でトランプが登場したり、英国がEUから離脱をするなどグローバリズムが崩壊に向かうとして、今後の世界を人類学の観点から予見する。
    1998年~2016年のインタビューを取りまとめた本なので、まとまりに欠けるきらいがありますが、不平等を容認してきたアングロサクソンもこれ以上容認できなくなっている中間層の崩壊。アングロサクソンは、子供が大きくなると直ぐ独立させるので文化が世代を超えて伝承しない。識字率が上がって出生率が下がるのは近代化危機の兆候など、興味深い考察が満載です。
    また、日本には移民はほとんどいないが派遣労働者が同じような扱いを受けているとあるのが印象的でした。

  • 『帝国以後』『デモクラシー以後』に続くタイトルかと思い即買いしたら、単なるトッドのインタビュー記事の寄せ集めでガクンと来た。相変わらずトッド節が続いていて、特に前半は新しいインタビュー記事だったので面白かったが、暗黙の前提としてトッドの理論を理解していないと内容を理解できないという点と、質問のクオリティがイマイチという点で、トッド自身のこれまでの著書と比べると見劣りしてしまうのは免れられない。自分はトッドの理論はちょっとだけ知っていたのでかろうじて読めた、という感じだった。
    出版元である朝日新聞出版には、もうちょっとインタビュー記事を集めたものであるということを強調して欲しかったのと(著者がエマニュエル・トッドと書いてあること自体に悪意を感じた)、イデオロギー丸出しの感じは逆に説得力を欠くものとなるので止めたほうが良いのではと思った。

全23件中 1 - 23件を表示

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)はこんな本です

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)のKindle版

ツイートする