続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)

  • 116人登録
  • 3.62評価
    • (8)
    • (13)
    • (14)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 藤田孝典
  • 朝日新聞出版 (2016年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022736970

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017年1月

    前作「下流老人」がベストセラーになり、多くのメディアで下流老人という言葉が聞かれるようになった。しかし、どうも多くの人は下流に陥る原因を、「自己責任」にしたがる傾向にあるようだ。
    この本は、単に「自分が下流に陥らないにはどうすべきか」という問いに答える本ではない。恥ずかしながら、私も自分の老後について不安があったのでこの本を手に取ろうと思っていた。

    では、著者はどのような事を訴えたかったのだろか。
    それは日本の社会保障システムの脆弱さではないだろうか。

    下流に陥る原因は様々ではあるが、少なくとも国が助ける事は出来る。しかし現実には、社会保障に充てられる予算は決して多くない。そんな現状を変えるためにこの本が書かれたのだろう。だから決して老人をいかに助けるか、といった観点だけで語られることはなく、広く日本に生きる我々が少なくとも住居や生活の心配がなく生活ができるために何が必要なのかを考えさせらる本になっている。

    個人的には、教育に携わる仕事をしているため、大学の学費(特に国立大学の学費)が非常に高額な日本の現状が変わっていくことを望んでいる。また、最近話題になる生活保護の家庭に生まれた子供が大学に行くことができない制度など、貧困のループをなんとか改善できればと思う。

  • 前著は些細なきっかけで誰しも貧困に陥る危険性と、それを生む社会システムの問題を述べ、センセーショナルを呼んだ。続編では高齢者になっても働き続けないといけない我が国の現状と、出来なければ貧困化する現状をデータを用いて説得力のある議論を展開。一億総活躍社会は一億総疲弊社会の到来と、皮肉のある言葉で警鐘。我が国の社会保障への財源も含めた問題提起だが、方法論には色々と議論はあるだろうが、今の政策では改善が得られないのは明らかで、根本的な転換が必要と考える。

  • ■一度職を失うと高齢なほどキャリアを生かした職を得にくい。
    ■「そもそも日本に金がないのは当たり前」。なぜかというと先進国の中で税の負担率を見たときに,日本は明らかに低い。税の負担率だけでいうのであれば消費税を18%ぐらいまで引き上げて,ようやくOECD の平均率並みになる。
    ■過去20年の所得分布の変化をグラフにして並べてみると年数を追うごとに平均年収100万~400万円の階層のボリュームが大きく膨らんでいることがわかる。つまり日本の格差は高所得者と低所得者の両端が増加したというより,中間層が全体的に下方に推移した結果だといえる。

  • 理想を語るバカになれ──まさしく著者

    前著が話題になり「下流老人」が
    他人事ではないのかも?と気付かせてくれたのも
    理想を語り続けてくれた結果だなと納得の今作でした

  • 離婚,配偶者との死別,病気,介護…。一部の富裕層を除き誰でも下流老人になってしまう危険性がある。筆者はいたずらに自己責任を問うのではなく,下流老人を生み出す社会の仕組みに目を向け改善を図る必要があると主張する。なるほど,頷ける主張だ

  • 一年半ほど前に読んだ「下流老人」がショッキングで、家族皆に本を読んでもらい「これからどうする?」みたいな話をしました。本書は私には少し難しい内容だったと思います。誰にとっても不測の事態は起こる可能性があるため、自己責任の問題ではなく、国全体として考えていかなければいけない問題だということはよくわかりました。読んだ後に見た帯の「死ぬ直前まで働く」という言葉は、とてもリアルで恐ろしく感じてしまいました。

  • 日本全体の約6〜7割の高齢者が月額10万円未満の年金しか受給されていないことに驚いた。これでは65歳になって年金が受給されたとしても、働かざるを得ないことになる。
    日本はいつのまにか国民のほとんどが貧乏人の国になってしまっていたのだ。

  • 今、『続・下流老人』を読み終わった。現代社会の定年後の私たちに突き付けられたいろいろな問題に身につまされて読んだ。真面目に働いてきても、家族環境、経済環境、健康問題、それらのことがジワジワとわが身に迫っている。この本を読んでいてそのことを実感として感じた。

  • 下流老人。

    健康は、人生の最大の財産であり、最大の買い物だと思いました。

    年金受給額の引き下げや生活保護の問題。日本人は、ひとに頼ることが苦手な民族の様に思う。こどもの貧困も結局は、回り回って現役世代の老後に負担がのし掛かる。

    まわりの批判を反らす意味でも、ベーシックインカムの話もそうだけど、現物支給もひとつの手段だと思います。

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
又吉 直樹
宮下 奈都
三浦 しをん
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)の作品紹介

【文学/日本文学評論随筆その他】「年収400万でも将来、下流に 」──半年で20万部を突破し、流行語にもなった『下流老人』は、一般に金持ちと思われていた高齢者の貧困を 発見 した。続く本書では、ますます深刻化する現状を辿りつつ、自分が下流化しないための 解決策 を提示する。

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)のKindle版

ツイートする