キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)

  • 105人登録
  • 3.86評価
    • (11)
    • (3)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 夢枕獏
制作 : 寺田 克也 
  • 朝日新聞出版 (2008年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022738301

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラノベの原点とも、厨二のバイブルとも、前評判は様々に聞いておりました、30年以上を経ていまだ完結していない大長編ファンタジー小説についに手を出してしまいました。まずはその構想力に敬意です。

    さて中身ですが。文章は平易というか、一歩間違えば安易とも取られかねない文体で、ありていに言えば読みやすいのですが、それでありながら読み応えがあるという不思議な感覚を味わいました。短い文章でテンポ良く読ませていくことで、表現のレイヤーを次々と重ねていきます。一文一文は薄いかもしれませんが、それが重なった厚みがその正体かな、と感じます。

    そして、大長編の一巻目だからか、とかく伏線が張られまくりで先の展開にワクワクします。逆に、この作品はレビューするには適していないんじゃ無いか、と今更ながらに思いますが、とかく期待感を煽られているのは確か。

    残念だったのは、特に「朧変」の方で多かったですが、ちょっと展開が唐突過ぎたり、「そこ、登場人物疑問抱かないの?」ってのが散見され、そこで少し醒めてしまうという点。

    ともあれ、張られまくった伏線と人物模様がどう転がっていくか、先が楽しみです。

  • 夢枕獏著「キマイラ1 幻獣少年 朧変」を読みました。

     高校生の大鳳吼(おおとり こう)は自分の体内に恐ろしい能力を秘めていた。それが目覚め始め、自分を鍛えることで、その力と闘おうとする。さまざまな人物が登場し、過去の歴史にまでさかのぼり、その秘めた能力のなぞに迫っていく。20年以上にわたり作者が書き続けているライフワークである。

     自分はこの作品に高校生の頃出会い、それ以来「キマイラ」シリーズの世界観に惹かれ、ずっと読み続けています。

     今回は、オリジナルに加筆・修正され、改めてノベルズ版になって登場した作品を実に20年ぶりに読み直してみました。

     夢中になって興奮した思いがよみがえるように、この作品の衰えることを知らないパワーを感じました。

     この作品の魅力は、アクションの醍醐味と多彩な登場人物が織り成す世界観、そして悪役も含め、ひきつけられる強烈なキャラクターの個性でしょうか。

     とにかく、マンガよりも面白い小説の決定版。

     これからも自分の読書のライフワークとなる作品です。

  • 小田原などを舞台とした作品です。

  • キマイラシリーズ開始。自分が産まれる前から20年以上続く作品というのは凄い。もっと漫画化、映画化されても良いのではないかと思うほどの世界観。一気に読みたい。

  • 草津図書館 2009/3/17

    最後まで読みたい作品

  • 2009/1/6購入

  • 人気小説のようです。
    シリーズで13冊ほど出ているみたい。


    が、途中まで読んで返しちゃった。
    面白くなかったわけではないんだけど、一度閉じたらもう一度読み始めるのが面倒になっちゃって。

    戦いに対するものすごい潜在能力を持っている少年が成り上がっていく物語??
    ちゃんと読んでないので、間違ってるかも(笑)

    なんかねぇ、挿絵がちょっと。。。
    挿絵が出てくるとテンションが下がる感じが。

    1巻は30年くらい前に出てるのかな。
    古い本みたいです。

    また気が向いたら読んでみます。

  • とにかく格闘シーンが多い。心理戦よりも拳を交えて闘うほうが好き。

  • イラストと帯の文句に一目惚れで購入したら、新装版らしいですね。しかも前は天野さんイラ。いやいや知らなかった。
    夢枕獏はほとんど読んだことなかったけど、想像以上の以上くらいに文章が読みやすかった。(もっとカタイイメージがあったので)
    キャラクターでは久鬼が好き。彼がどうキマイラと向き合ってきたのか、その苦悩がもっと知りたい。おそらくこの先明かされる(と勝手に期待している)だろうから楽しみ。

全9件中 1 - 9件を表示

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)のその他の作品

キマイラ1 Kindle版 キマイラ1 夢枕獏

夢枕獏の作品

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)に関連する談話室の質問

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)はこんな本です

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (ソノラマノベルス)の作品紹介

小田原のとある高校の春。その美しさゆえか、新入生・大鳳吼はたびたび鉄拳にさらされる。しかしそれは、恐ろしい目覚めの序章に過ぎなかった。しかも、学園を支配する上級生・久鬼麗一もまた、同じ宿命を負っていたのである。やがて、大鳳は自らの意思で丹沢山中に姿を消し、久鬼は、何者かの手によって、箱根の山荘に監禁の身となる。キマイラとは何か?著者入魂の「生涯小説」の幕が上がる。

ツイートする