聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)

  • 12人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 千葉暁
制作 : 草なぎ 琢仁 
  • 朝日新聞出版 (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022738356

聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とうとう神様として蘇ってしまって今後の話はどうなるんだと思っていたのを思い出す。旧ソノラマ文庫版でも面白かったけど、新書版も面白い。
    こんなに面白いのに、どうして読んでる人が少ないのか、ファンが少ないのか、というか、ファンに出会ったことがないというのが哀しいところ。
    今後、どこかでファンと出会い話すことがあるのだろうかと考えたりします。

全1件中 1 - 1件を表示

千葉暁の作品

聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)を本棚に登録しているひと

聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

聖刻1092東方 四 (ソノラマノベルス)の作品紹介

勅命討伐軍を率いるラマールと妹イネスを人質に取られたガルンとの会談が、古戦場ルアンムーイで始まろうとしていた。両者の和解を望まぬ法王・ザトウク家の意向を酌んだ赤龍騎士団は、会談のなりゆき如何では勅命軍に攻撃を加えようと陣を敷いている。だが、進退窮まったかに見えるガルンらの真の懸念はむしろ、二重三重に仕掛けられた罠よりも、覚醒の度を深め、いつ暴走を開始するかも知れぬ"白き操兵"ヴァシュマールにあった。

ツイートする