ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)

  • 215人登録
  • 3.71評価
    • (9)
    • (20)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 笹本祐一
制作 : 松本 規之 
  • 朝日新聞出版 (2010年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022739568

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前巻との上下巻だと思ったらなんと上中下(仮)だったでござる.
    というわけで今回はずっと赤色巨星ガーネットA周辺ですね.
    宇宙戦闘したり駆け引きしたりなんだり.
    しかしアレだ,敵の目的がいまいちよくわからん.
    こういうのってモヤモヤしちゃいますね.
    で,ラストに脅威の引きが.
    続きが気になって仕方がないじゃないか!

  • koboで購入。グリューエルかしこいよ! 普通のラノベなら赤毛も美少女にするべき。

  • 前後編かと思ってたらまさかの3部構成。
    後半読み進めるほど「これホントに解決すんのか」と思ったが、まだ続きがあるとは。。。
    シーソーゲームっぷりは相変わらず。もうちょっとメリハリが欲しかったなぁ。
    ただ、宇宙における文明レベルを意識してあるだろうところは面白かった。人為的な超新星爆発とかね。

  • 騙された。上下巻だと思ったら上中下巻だったでござる。
    ストーリーも前巻以上に続きが気になるいいところで終わってしまう。

  • 囮兵と艦隊、それを見ぬく人たち行動と発想の展開は読んでいて面白い。ステラ・スレイヤーは現代で言う「長距離弾道ミサイル」のような感じだろうか。
    キャラクターとしては、戦闘向きに役割分担ができた巻だったのでどういう人物かというのが割と強調されていた。ミーサのえげつない解剖方法とか分析は面白い。相変わらずグリューエルは飛ばしていて、もう役割としては軍師とか参謀のようになっている。判断力っていう意味では今回はケンジョー・クリハラがメインだったか。
    ラストは結局罠にハマった感が強い。ステラ・スレイヤーの制御装置部分が「大きな戦力としての警備は無し」ということを推測して地上部隊を編成していたけど、反乱軍が仮にも帝国領域に侵入するお題目としてジャッキーに流させた情報としても、最終兵器の要の部分になんにも「仕掛けがない」という事は無いだろうなとは思いつつ読み進めていたが、結果的には船も素材も奪われたという最悪に近い結末になったのはちょっと残念というか不安な話だ。あれだけ情報合戦の読み合いを描写し続けてきたのにここには弱い部分があったのかな? もしかしたら装置ごとワープするのがとんでもない技術だったのかもしれないが・・・。結果として宇宙船と乗組員を人質に近い形で敵地に向かう羽目になったけど、此処から先は次の巻で。
    母親も繰り出してきた上に最早、戦争になっている状態での作戦行動に先述の部長組はともかくほとんど未航海に近い学生を使っていることにはちょっと違和感が。

  • 大好きな作家の作品。
    登場人物が全員前向きで生き生きとしているので、読んでいて楽しいが、昔の盛り上がりがない。
    安心して読めるスペースオペラ。
    いよいよ戦いの火蓋が、となったところで次巻に続き。

  • またもや終わらず次巻へ続く。大きな盛り上がりがある訳でなく、ちょっとしんどくなってきた。

  • 黒に続いて白。
    白ときて・・・次は灰色?(苦笑)
    まさか続くとは思わなかった。

    あと、やっぱり一番わくわくするところは地味でなぁ。
    アニメにしたときに相当の改変とか視点変更があるだろうなぁ
    と期待というか不安というか。

  • いつも通り、面白かったです。もうちょっと、「女子高生、大活躍」みたいなところが見たかったけど。リリカさん、大活躍というわけでもなかったし、今回は割と地味な感じ。次回に期待。

  • 前半は地味が裏の探りあいで動きが少ないけど後半盛り上がって…盛り上がって…あれ?と言うところで続きます。う~ん次巻が早く読みたいぞ。実際の戦いも前準備が大事なんだろうなぁと思ったりして。それにしてもキャラが立ってきてほとんど全員出ているのに特長も出ていて面白い。

全10件中 1 - 10件を表示

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)のその他の作品

笹本祐一の作品

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)はこんな本です

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミニスカ宇宙海賊5 白銀の救難船 (朝日ノベルズ)の作品紹介

偽の黒鳥号を陽動に使って超新星爆弾の脅しをかけ、かつての白鳥号、今のオデット2世を手に入れようとする敵の意図と正体は!?茉莉香が指揮する弁天丸は、星系連合軍と帝国艦隊との連携作戦で赤色巨星の空域へ向かい、母・梨理香はオデット2世に乗り込んで囮役を引き受ける。新旧キャプテン母娘の華やかな共同作戦が始まった。アニメ製作進行中の快調シリーズ、書き下ろし第5弾。

ツイートする