マスコミに入る―人の心を動かす醍醐味、だからマスコミは面白い (Aera mook)

  • 13人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 朝日新聞社出版本部ムック編集部 (2005年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022741585

マスコミに入る―人の心を動かす醍醐味、だからマスコミは面白い (Aera mook)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「TV番組を創りたい」そう漠然と考えていた高校生時代に読んだ1冊。結局、その当時とは少しやりたいことが変わってしまって、マスコミには就職しなかったけど、この本がきっかけで大阪の大学へ進学。きっとこれを読まなかったら今の私はないだろな。

  • まぁ、高校生とか大学一年生が読む分には。

  • 文章をきちんと書ける力と相手に言葉でわかりやすく伝えるプレゼンテーション能力。「世の中を楽しくする仕事」<BR>好奇心をもって色んな人に接し、話を聞くこと。自分がどんなに独創的と思っても、他人の方が100倍独創的と思って間違いない。世の中の色んな人が織りなすドラマは小説よりはるかに面白いはず。

全3件中 1 - 3件を表示

マスコミに入る―人の心を動かす醍醐味、だからマスコミは面白い (Aera mook)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マスコミに入る―人の心を動かす醍醐味、だからマスコミは面白い (Aera mook)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マスコミに入る―人の心を動かす醍醐味、だからマスコミは面白い (Aera mook)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする