職場のうつ―復職のための実践ガイド 本人・家族・会社の成功体験 (AERA Mook AERA LIFE)

  • 33人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (3)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 朝日新聞出版 (2007年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022744043

職場のうつ―復職のための実践ガイド 本人・家族・会社の成功体験 (AERA Mook AERA LIFE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長く休んでいると不安になる。けれど復職する時にも「まだいいのではないか」「仕事に行かずにどこかにいってしまうのではないか」「またひどくなるのではないか」と不安になる。
    医者と本人が「よくなった」自覚と、周囲の認識にはタイムラグがある…。

    復職の時期を逃さないために、「実際にどうしてうまくいったか」を教えてくれる本。

  • AERAという雑誌は吊り広告の割に取材が浅くて実際に買って読むとつまらない、いわば吊り広告が一番面白い雑誌だと思うが、これはテーマを絞っているだけにそれなりに読めた。本人というより、むしろそれを受け入れる人事や職場の人間、あるいは家族といった周囲の人間の立場の方がより資する本のように思う。小規模の会社がこういった社員を受け入れる上でどういった公的支援を受けられるか、また職場への復帰という点にしぼった療法の紹介など、「うつ」と対峙する視点が明確なだけにわかりやすい。実例も多く、特に人事の人は斜め読みする価値はあるのでは。

  • うつ病は様々な要因で起こるが、特に職場でのストレスがその要因の中でもトップ。
    この本は職場でのうつ病、社員がうつ病になったとき、そして何よりもその社員がうつ病による休職から復帰するときに、職場としてどんなフォローが必要か、に焦点を当てている。
    人事担当者、部下を持つ上司の方々にぜひご一読願いたい一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

職場のうつ―復職のための実践ガイド 本人・家族・会社の成功体験 (AERA Mook AERA LIFE)はこんな本です

職場のうつ―復職のための実践ガイド 本人・家族・会社の成功体験 (AERA Mook AERA LIFE)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする