魔百合の恐怖報告 蠱毒の使い魔 (HONKOWAコミックス 魔百合の恐怖報告)

  • 32人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山本まゆり
  • 朝日新聞出版 (2012年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022752918

魔百合の恐怖報告 蠱毒の使い魔 (HONKOWAコミックス 魔百合の恐怖報告)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  山本さゆりさんは『リセット』シリーズがけっこう好きで、恐怖なんたらみたいな雑誌にはすべからく掲載されていたなあ、と思い出に取ってみました。
     シリーズもので、有名な霊能力者さんと依頼人の迷いや悩みを取り除いていく……という作品。

  • 今度こそ本当だった。
    『蠱毒の使い魔』キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!
    やっとキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!
    今度こそキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!
    『蠱毒の使い魔』って確か去年の夏ごろ発売のはずが、いつのまにやらタイトルが『白衣の堕天使』で発売されてて、逆にお預け食らった感じのこの本、ずっと待ってたんですよね~(^-^)
    思ったよりも全然早かった!!
    でも〝蠱毒〟の話で言ったら加門七海先生の『怪談徒然草』の方が怖かった!!
    あぁ~っっ!!わたくしこれ以上は何も申しません。なのでご勘弁を~っっ!!((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
    (↑というほど怖かった!!なので購入は自己責任でお願いします(;ω;))

  • 今回は割と、大人しめの話だったかと思います。
    でも一番「おおっ」と思ったのは、相談者のお父様が相談した霊能者の方でした。
    名前が分かるというのにも、驚きました。
    うーん、エセ霊能者ばかりじゃないんだなー、すごいなー。

    知らないうちにいろいろと出ていた模様。
    また買って来よう。

  • 玲子さんの顔が昔と違ってきているように思うのですが、玲子さんも年をとってきたってことでしょうか。

    いつもながら思うのが、宗教って怖いなぁ。
    周りに宗教にはまる人間がいなくてよかったぁって思いました。

    今回怖かったのは、「闇の触手」でした。押し入れの中にあんなうにょうにょしてるのがあったって知ったら、玲子さんが帰ったあとも怖くて家におれませんよ。

全5件中 1 - 5件を表示

山本まゆりの作品

魔百合の恐怖報告 蠱毒の使い魔 (HONKOWAコミックス 魔百合の恐怖報告)はこんなマンガです

魔百合の恐怖報告 蠱毒の使い魔 (HONKOWAコミックス 魔百合の恐怖報告)のKindle版

ツイートする