没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 朝日新聞出版 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022770400

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変らず「司馬遼太郎特集」が出ると、手にしている。
    私のような読者が沢山いるから、死後20年にもなるのに、次々と特集が出るのだろう。それはそれで司馬ファンにとっては嬉しい限りである。
    司馬の作品は若い時から既に150冊以上読んでいると思うが、未だに初めて見るものもあり、またこんな事が書いてあったのかと、再認識することも度々あり、読書の楽しみに浸っていられる。

    今回の特集は、以下の3部構成となっている。
    ① NHKの大河ドラマを意識してか、真田一族関連
    ② 街道をゆく「本郷界隈」から「漱石と鴎外」の関連
    ③ 「三浦半島記」の世界
    その中で、やはり②関連に興味がいく。

    今年の2月7日のブログで書いた司馬の講演録の「漱石の悲しみ」を読む以前は、「坂の上の雲」に漱石は少し登場するだけで、司馬は漱石にはそんなに関心はないのだろうと思っていた。
    ところが、司馬は「漱石のことが懐かしくてたまらない」とよく口にしていたようである。調べてみると、この言葉は「風塵抄」に掲載されていた。
    (以下引用)
    どういうわけかちかごろ漱石のことが懐かしくてたまらない。
    漱石は少年期にありがちなおおぼら(壮志といっていいが)のなかった人で、ただ漢文・漢詩を好み、その分野の塾に通っていて、子供ながら充足していた。
    それじゃ時代に合わない、と人がいったのかどうか、大きらいだった英語の塾に転じた。結局、帝国大学文科大学で英文学をおさめた。在学中「方丈記」などを英訳するなど卓越した語学力を示し、卒業して英語を教える人になった。
    終生、漱石は人生において場ちがいを感じていた。英文学を研究する自分に疑問を持ち、また漢文を通じて感得した“文学”と英文学の隔たりの大きさに愚直なほど悩
    んだ。・・・略・・・明治30年、30歳の作とある。熊本五高教授のときの作である。

    “スミレほどな小さき人に生まれたし”

    私自身の思い入れのせいか、漱石の人と生涯と作品が、この一句でわかるような気がする。
    句は現在の自分を否定している。しかし再構築が、否定の勢いにくらべてよわよわしく、そのためユーモアになりきれずに、つまり“お釣り”として悲しみが掌(てのひら)に残った。
    文学の基本が人間本然の悲しみの表出であることは、言うまでもない。


    また司馬は漱石の暗部については全く書かず、これは司馬の漱石に対する畏敬の念と愛情の現れかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)はこんな本です

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)を本棚に登録しているひと

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする