ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

  • 2024人登録
  • 3.47評価
    • (98)
    • (197)
    • (244)
    • (71)
    • (14)
  • 268レビュー
著者 : 本田直之
  • 朝日新聞出版 (2012年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023310575

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
大前 研一
小山 龍介
ジョン・キム
ウォルター・アイ...
ブライアン・トレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  この本は、あの「レバレッジ・リーディング」、「レバレッジ勉強法」などの「レバレッジシリーズ」で有名な著者の新刊。著者の主張は一貫している。いかにして効率的に目標を達成にするか、その1点に向けてどのように動いていけば良いかということを述べている。

     著者曰く、次の3つの条件の1つでも当てる人は、ノマドライフを考える岐路に来ている。選ぶかどうかは個人の意志次第。

    1. カフェで仕事をするだけでは物足りない

    2. いつかは海外で暮らしてみたい

    3. 会社員でも、自由な生き方を忘れずにいたい

     もはやどんなに有名な大企業でも外資系の企業に買収されるか、あるいは倒産する可能性がありうる時代に突入している。あの山一證券がつぶれた時、あの4大証券の1つで当時の大蔵省(現財務省)が護送船団方式で守っていた業界でもつぶれるようになったのかと驚いた。あの某自動車会社だって、10年後にはどうなっているか分からない。もしかしたらあのインドの自動車会社に買収なんていうニュースが流れているかもしれない。

     とは言っても今すぐにノマドライフとは行かない人がたくさんいるので、著者は6つの「フェーズ」を提案している。

    1. 「ベースをつくる時間」(5年)

    2. 「方向性を模索する時期」(3年)

    3. 「未来につながる実績を残す時期」(5年)

    4. 「転換期」(2年)

    5. 「実践期」(5年)

    6. 「シェアの時期」

     そのほかに提案しているのは、モノはたくさん持たない、本業一筋なんていう古い発想は捨てるなど示唆に富んだ提案がなされている。これからの時代は柔らか頭でモノを考えることが重要になるのだなあと思った。このノマドライフには教科書などないので自分とは異なる思考や異文化に触れることもノマドライフ実現に向けてのキーとなると著者は説いている。

     後、面白いのが、モチベーションの上げ下げガ極力ないようにしているという著者のライフスタイル。モチベーションは人から与えてもらうものではなく、自分で用意した方がいいと勧めている。モチベーションを絶えず与えてもらわなければならない「かまって星人」では与える側の人がエネルギーを吸い取られて疲れ果ててしまうからなあ。

     「ノマド」ではないがモクモク羊の場合、「プチノマドライフ」や「プチプチノマドライフ」はやっている。今仕事にしても、プロジェクトごとに会社に行って仕事をやり、期間終了すればハイさようならの生活。社内政治フリーのさわやかな生活を送っている。役職よりも夜食だな。朝は、満員電車の中で人に押されながら痛勤するのがいやなので、早めに職場の駅に着いてカフェで朝食を取る。しかも、カフェの日替わりコースを採用して今日はあそこ、明日は別の所と、同じ店に連続して通わないようにしている。マンネリは避けたいからなあ。

  • いわゆるサラリーマンをしてますが、今の会社や仕事に色々思うことあり。
    仕事だけでなくライフスタイルごとまるっとノマドをおすすめしている田中さん、初めてでしたが文章も読みやすく、ますますノマドライフへの欲求が強くなりました。
    自己責任でやること、沢山種を蒔くこと…実践していきたいです。

  • ノマドライフと一言でいっても、色々選択肢もアプローチも違うことがわかり、夢が広がった。うちの夫はフリーランスでいわゆるSOHO、私はデュアルワークで副業のほうの可能性を伸ばす時期。
    子供達の学校教育のことを考えるとそんなにフラフラできませんが、いつかは別の国で暮らしたい。子供達にも海外経験積ませたい、と思うと今後が楽しみです。

  • 場所に縛られずに仕事をするノマドライフ。

    出来る出来ないというよりはやるかやらないか、の選択だと思います。

    今までの常識から離れた色々なライフスタイルがこれからも増えていくでしょうね。

  • 机の引き出しを空にする。
    ノートパソコンに変える
    1年間、トレーニングとしてやってみる。一日500円で過ごす。
    自分税を天引きする=1年間だけ。生活費の3割。
    引っ越しする=モノを捨てるチャンス。
    今年は移動の年にする=あちこちに移動する。
    その国の言葉で挨拶だけは覚えていく。

    JALグローバルクラブ
    ANAスーパーフライヤーズカード

    国際自動車のkmーIVR
    MKタクシー

    スカイスキャナー
    シートエキスパート
    ラウンジガイド
    トリップアドバイザー 各所の口コミ

    時間を区切って仕事をする
    定期的な拘束を受けない

    柔軟思考。遅すぎることはない。積極的に異文化や思考に触れる。
    アイデアと移動距離は比例する。移動しながら考える。車、電車など。

    インスタグラムで写真のみを発信。

    モチベーションは上がりも下がりもない。
    ドキュメンタリーの映画や本を読む。
    「クラッシュ」「アライブ生還者」映画

  • 著者は相変わらず胡散臭いけど、内容はまあまあ良い。

  • 理想的ではあるが、殆どの人には到達しない世界の住人のような気がする。そう思った時点でアウトなのか・・・、

    ・ノマドライフは続けていくとライフスタイルそのものがコンテンツになる。
    ・ノマドライフは他の人とのコラボレーションが大切。
    ・地方にいながら都心の仕事をする事を考える。
    ・アイデアはフリーハンドで、ペンの色は黒を避ける。
    ・早起きは重要なスキル

  • 2016年4月8日読了。

  • •副業ではなく複業
    •中途半端な事はしない。そのフェーズ、その時にできることを全力でやる
    •都心の近くにワンルーム、郊外に大きい家
    •クリエイティブでない時間は排除
    •『自己責任思考』をもつこと=「安易に人に聞かないこと」
    •英語など言語ではなく”共通の言葉”をもつこと(食文化とかワインとか)

全268件中 1 - 10件を表示

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことに関連するまとめ

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことの作品紹介

『レバレッジ・リーディング』から5年、ハワイ"移住"から5年。本田直之が初めて明かす、「自分で選ぶ人生」のつくりかた。

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことはこんな本です

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことのKindle版

ツイートする