ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

  • 2016人登録
  • 3.48評価
    • (98)
    • (196)
    • (244)
    • (70)
    • (13)
  • 268レビュー
著者 : 本田直之
  • 朝日新聞出版 (2012年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023310575

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
大前 研一
ジョン・キム
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことの感想・レビュー・書評

  •  この本は、あの「レバレッジ・リーディング」、「レバレッジ勉強法」などの「レバレッジシリーズ」で有名な著者の新刊。著者の主張は一貫している。いかにして効率的に目標を達成にするか、その1点に向けてどのように動いていけば良いかということを述べている。

     著者曰く、次の3つの条件の1つでも当てる人は、ノマドライフを考える岐路に来ている。選ぶかどうかは個人の意志次第。

    1. カフェで仕事をするだけでは物足りない

    2. いつかは海外で暮らしてみたい

    3. 会社員でも、自由な生き方を忘れずにいたい

     もはやどんなに有名な大企業でも外資系の企業に買収されるか、あるいは倒産する可能性がありうる時代に突入している。あの山一證券がつぶれた時、あの4大証券の1つで当時の大蔵省(現財務省)が護送船団方式で守っていた業界でもつぶれるようになったのかと驚いた。あの某自動車会社だって、10年後にはどうなっているか分からない。もしかしたらあのインドの自動車会社に買収なんていうニュースが流れているかもしれない。

     とは言っても今すぐにノマドライフとは行かない人がたくさんいるので、著者は6つの「フェーズ」を提案している。

    1. 「ベースをつくる時間」(5年)

    2. 「方向性を模索する時期」(3年)

    3. 「未来につながる実績を残す時期」(5年)

    4. 「転換期」(2年)

    5. 「実践期」(5年)

    6. 「シェアの時期」

     そのほかに提案しているのは、モノはたくさん持たない、本業一筋なんていう古い発想は捨てるなど示唆に富んだ提案がなされている。これからの時代は柔らか頭でモノを考えることが重要になるのだなあと思った。このノマドライフには教科書などないので自分とは異なる思考や異文化に触れることもノマドライフ実現に向けてのキーとなると著者は説いている。

     後、面白いのが、モチベーションの上げ下げガ極力ないようにしているという著者のライフスタイル。モチベーションは人から与えてもらうものではなく、自分で用意した方がいいと勧めている。モチベーションを絶えず与えてもらわなければならない「かまって星人」では与える側の人がエネルギーを吸い取られて疲れ果ててしまうからなあ。

     「ノマド」ではないがモクモク羊の場合、「プチノマドライフ」や「プチプチノマドライフ」はやっている。今仕事にしても、プロジェクトごとに会社に行って仕事をやり、期間終了すればハイさようならの生活。社内政治フリーのさわやかな生活を送っている。役職よりも夜食だな。朝は、満員電車の中で人に押されながら痛勤するのがいやなので、早めに職場の駅に着いてカフェで朝食を取る。しかも、カフェの日替わりコースを採用して今日はあそこ、明日は別の所と、同じ店に連続して通わないようにしている。マンネリは避けたいからなあ。

  • いわゆるサラリーマンをしてますが、今の会社や仕事に色々思うことあり。
    仕事だけでなくライフスタイルごとまるっとノマドをおすすめしている田中さん、初めてでしたが文章も読みやすく、ますますノマドライフへの欲求が強くなりました。
    自己責任でやること、沢山種を蒔くこと…実践していきたいです。

  • ノマドライフと一言でいっても、色々選択肢もアプローチも違うことがわかり、夢が広がった。うちの夫はフリーランスでいわゆるSOHO、私はデュアルワークで副業のほうの可能性を伸ばす時期。
    子供達の学校教育のことを考えるとそんなにフラフラできませんが、いつかは別の国で暮らしたい。子供達にも海外経験積ませたい、と思うと今後が楽しみです。

  • 場所に縛られずに仕事をするノマドライフ。

    出来る出来ないというよりはやるかやらないか、の選択だと思います。

    今までの常識から離れた色々なライフスタイルがこれからも増えていくでしょうね。

  • 机の引き出しを空にする。
    ノートパソコンに変える
    1年間、トレーニングとしてやってみる。一日500円で過ごす。
    自分税を天引きする=1年間だけ。生活費の3割。
    引っ越しする=モノを捨てるチャンス。
    今年は移動の年にする=あちこちに移動する。
    その国の言葉で挨拶だけは覚えていく。

    JALグローバルクラブ
    ANAスーパーフライヤーズカード

    国際自動車のkmーIVR
    MKタクシー

    スカイスキャナー
    シートエキスパート
    ラウンジガイド
    トリップアドバイザー 各所の口コミ

    時間を区切って仕事をする
    定期的な拘束を受けない

    柔軟思考。遅すぎることはない。積極的に異文化や思考に触れる。
    アイデアと移動距離は比例する。移動しながら考える。車、電車など。

    インスタグラムで写真のみを発信。

    モチベーションは上がりも下がりもない。
    ドキュメンタリーの映画や本を読む。
    「クラッシュ」「アライブ生還者」映画

  • 著者は相変わらず胡散臭いけど、内容はまあまあ良い。

  • 理想的ではあるが、殆どの人には到達しない世界の住人のような気がする。そう思った時点でアウトなのか・・・、

    ・ノマドライフは続けていくとライフスタイルそのものがコンテンツになる。
    ・ノマドライフは他の人とのコラボレーションが大切。
    ・地方にいながら都心の仕事をする事を考える。
    ・アイデアはフリーハンドで、ペンの色は黒を避ける。
    ・早起きは重要なスキル

  • 2016年4月8日読了。

  • •副業ではなく複業
    •中途半端な事はしない。そのフェーズ、その時にできることを全力でやる
    •都心の近くにワンルーム、郊外に大きい家
    •クリエイティブでない時間は排除
    •『自己責任思考』をもつこと=「安易に人に聞かないこと」
    •英語など言語ではなく”共通の言葉”をもつこと(食文化とかワインとか)

  • ノマドライフの考え方、準備やスタートを切るタイミングを教えてくれる一冊。
    ノマドライフに移行前の行動の中には、なかなかできないこともあるけれど、まずはできることから始めたらいいんじゃないかなと私は思う。
    記載の中でも特に「シンプルさ」は、納得。
    必要のないもので囲まれると無駄が生じるように感じた。
    ノマドライフを送りたい人には、著者の歩みが知れるし、考え方に伴ってどんな行動すると良いか知れるのではないだろうか。

  • ノマドライフをしてみたくなった。

  •  ビジネス書を読み漁っているこの頃。
     「常識を捨てる」「思考停止するな」「複業」・・・だいたいわかってきたで。新しい働き方を実践する人は、多くの人が時代が変わっても捨てられない旧来型の常識を問題として捉えている。そしてそれを解決するための方法論を展開していくのだが、この本の著者はそれが「ノマド」にあたる。
     『どこにも所属しないフリーランスだけれど、ビジネスや居場所をつくれずに時間を持て余していたり、せっかくの自由を活かせず、何もプラスに変えないまま、ただ漂っているようなもったいない感じの人』・・・まさにうちやん!自由と生産性のマトリックス、ワンダラー(放浪者)に関する記述である。ここに属している人間に対するアドバイスが淡白過ぎて残念。
     そもそもベースを作る時期を仕事に打ち込んでこなかったのが痛い。が、それは今いくら言っても仕方ないこと。著者のようなビジネスマンを目指すわけではないから、参考にしつつ自分の生き方を考えていかねばと思った。

  • 憧れるライフスタイル。
    単にリモートで働くということではなく、自分の能力を生かした仕事を選び、好きなことに時間を使える生き方をノマドという。
    モノ、場所、時間、お金から自由になり生きる!
    そのための6つのフェーズを意識すること。本田さんの場合‥
    ベースを作る時期 5年
    方向性を模索する時期 3年
    未来につながる実績を残す時期 5年
    転換期 2年
    実践期 5年
    シェアの時期 2012-

    ノマドライフのために、自分で考えて決断する『自己責任思考』を養う。
    セルフメディアを持ち、価値ある情報を提供すること。

    自分はどう生きたいかを考えた先にノマドライフはあるんだ、と感じました。

  • ロマドを始める前(会社を辞める前)に読むといい。

  • 遊牧民的な、縛られない、ノマドライフ。会社組織や住居に拘らずに過ごす生き方。
    個人的に、家族を考えると、100%同意出来るスタイルではありませんが、プロとして、複業をしながら働くスタイルには共感できました。

    最後に書かれていた通り、ノマドな心のあり方は意識して生きていきたいです。

  • あえて昇進しない
    年収があがる→生活水準をあげる の繰り返し

    第1フェーズ
    「ベースをつくる時期」(5年)
    集中する

    第2フェーズ
    「方向性を模索する時期」(3年)
    小さくてもビジネスの種をまく

    第3フェーズ
    「未来につながる実績を残す時期」(5年)

    第4フェーズ
    「転換期」(2年)
    ライフスタイルをブラッシュアップする

    第5フェーズ
    「実践期」(5年)
    どこにいてもできるノマドビジネスを拡大

    第6フェーズ
    「シェアの時期」
    ノマドライフを選ぶ仲間を増やしていく

    本業という考えは仕事は1つという思い込み。
    「副業」ではなく「複業」

    ものではなく経験にお金をかける
    好きなこと趣味を仕事にするのではなく、垣根をなくす

    お金のトレーニング
    ①家計簿で投資を意識する
    「投資」「消費」「浪費」のどのカテゴリーか考えてお金を使う

    ②半分の生活費で暮らす
    工夫して楽しく生きる訓練として。ワンコインでもおいしいものはある

    ③自分税を天引きする
    3割の生活費を天引きして自己投資に使う

    暮らしのトレーニング
    ①所有物を半分にする
    ②引っ越す
    ③移動する

    時間のトレーニング
    ①定時で仕事を終わらせる
    ②クリエイティブでないことを排除する
    ③定期的な拘束を排除する


    ネオシンプル
    「ダウンシフト」・「シンプルに生きる」というと第一線を離れて田舎暮らし
    のようなイメージがあるが、それは旧来型のシンプル。
    ネオシンプルはモノがなくても、少ないお金で生活する。
    というものではなく、持てるけれど持たない。という価値観。
    節約ではなく、選択。
    所有ではなく経験にお金を使う。


    日常すぐできる思考トレーニング
    ①いつもと違うことをやってみる
    ②室内から屋外へ、夜から朝へ
    ③ひと回り以上違う世代とつき合う(若い
    ④言葉以外の共通言語を持つ(趣味、興味の深掘り、写真での発信
    ⑤モチベーションは上げ下げしない(キープする

    不安は受け入れ、支配されないように行動する
    不安だからと思考停止しない

  • いいなあ、あこがれのノマドスタイル!
    フェーズがしっかりとわかってよい。
    でも普通の男性にはちょっと無理があるかなあ~
    あれ、専業主婦って、かなりノマド?やってみる?

  • ノマドというと、カフェなどでノートPCやタブレットを使ってする仕事スタイル、と思っていたけれど、この本で紹介しているのは「会社や仕事にとらわれない生き方」と「持てるけど、持たない余裕」のある暮らし方について。
    デジタルツールの使い方や、仕事のやり方だけのノウハウ書ではありません。

    いま自分がとらわれている様々なものを、どうやって整理していくかとか、もしもノマドライフを目指すなら、どういった準備と心構えが必要なのかなどについて書かれています。

    実際に日本を飛び出すとか、田舎に住んでみるとか、そういう目標はなくても、ひとつの仕事・ひとつの会社に依存しない心構えを作るうえでは、読んで損はないと思います。

  • 縛られない生き方に憧れがないわけでもなく読んでみた一冊。
    読んでみたら自分が求めていたものでも、自分に向いているライフスタイルでもなかった。

    筆者の唱えるノマドライフに向いている人向いていない人がいる事は筆者自身認めている事。
    子供が居たり、自らビジネスを創出するような事に興味がない人は対象外かと思う。

    とはいえ、役に立ちそうなフレーズもあった。
    「目先のお金に飛びついて、つまらない仕事をしてはいけません。やりがいと学びがある仕事をすれば、後々リターンは大きくなるでしょう」
    「自分がやらなくていいことを、自分でやってはいけません。とくにクリエイティブでないことに時間を費やさないようにしましょう」

  • 2012年3月第1版。本書に至るまでに、たくさんのノマドワーキングに関する誤解があったのだろうなと推察します。最新のデバイスに身を包むこと、職場以外のカフェで仕事すること そのものをしてノマノマノマイェイか、と。
    カジる感じで物事にタッチしていくことも重要ですが、特に本書でフォーカスしているのは、何故ノマドワークが「必要か」という点だと思います。 旧来型のムラ社会的な組織から抜け、逆に組織に新しい価値観を提供できるブランドを獲得していくという点で、個人的な体験を言えば、実家を出て自活するようになり家族が増えるという過程において、元いた実家への感謝や貢献の仕方も変わって行くようなもんかと思います。 勿論、言うは易しですが、自立によって今所属する組織と対等な関係を築くことを通じ、自身の成長に繋げるという。

  • 本田さんの本はやっぱり本屋さんで手が伸びてしまう1冊。

    特に今話題の「ノマド」がテーマなら、やっぱり買ってしまいました。




    内容はやっぱり読みやすくて、分かりやすい。

    本田さんの文章は理解力の乏しい自分でもすんなり頭に入ってきます。





    『ノマド(nomad)』・・・・元々は遊牧民をさす言葉ですが、今では「場所にとらわれない働き方」を表す言葉、新しいワークスタイル称する時に使われます。

          


    ノマドワークにつながる複業、デュアルワークとは、生活費を補てんするためではなくてワークスタイルやライフスタイルを豊かに強くするためのものです。



    社内では優秀だけれど、それはあくまで「よくできた会社の仕組みをベースに結果を出す」という能力。





    旧来型のスタンダードから自由になり、自分らしい新スタンダードを構築していく。これは変化の時代を生き抜くための知恵であり、おのれを守る防衛策でもあります。すべてが変わる時代に自分だけが「今のまま」では、ゼロではなく、マイナス。



    21世紀は、世界中どこでも自ら仕事を創出し、制約のない働き方を実現させることができる時代。

    旧来型の働き型だけに固執すべきでないと本田さんはこの本の中で提言しています。





    そしてこれは

    『単なる仕事のテクニックや新しい働き方にとどまらず、仕事や住む場所、生活、趣味などを含めたライフスタイル全般の話と言ってもいい」

    と語っています。








    本田さんの“ノマドライフ”の考えがこの本の冒頭にすでに書かれていますが


    仕事と遊びの垣根のない、世界中どこでも収入を得られるノマドビジネスを構築し、2か所以上を移動しながら、快適な場所で生活と仕事をすることで、クリエイティビティや効率性、思考の柔軟性が向上し、それがいいスパイラルになるライフスタイル

    ・・・・・これが私にとっての「ノマドライフ」




    ただ、やっぱりまずは「ベーシックインカムが大切」と書かれているように、必要最小限、継続的に入ってくるお金の大切さについても書かれています。

    「ノマドライフ」という理想とベーシックインカムの確保、この2つをどのようにして手に入れていくか

    それを考える大きなヒントがこの本にはあります。

  • 好きな場所で、好きな仕事を。理想的です。
    しかし、ノマドライフを送りたいから、会社をやめればいいというものではないですね。
    特に共感したのが、一旦今の仕事に全力で尽くしてスキルを得ること。会社の仕組みを愛してしまい、その中でしか生きられないようにならないこと。複業。ベーシックインカムは手放さないこと。モノより経験。時間より生産性。
    人とのつながりも大切なんですね。
    書き出したらきりがないですが、今自分にできることは何か、考えるのに役立ちました。
    ただ、実際やるには能力がいりすぎる気がします\(^o^)/
    会社にしがみつかない、という考え方はとても好きです。私も、できることから実践して、柔軟な人になりたいと思いました。

  •  ノマドという最近よく聞く気がする。その原因の一つが2012年に4月15日に放送された情熱大陸だ。「ノマドワーカー」という働く場所を限定せず、パソコンや携帯電話を片手にノマド(遊牧民)のように街中のカフェや無線LANがあるスペースを渡り歩いて仕事をこなす人たちのことをそう呼ぶ。大手出版社の集英社を辞め、ノマドワーカーになった安藤美冬が注目された。

     そんなノマドワーカーの代表的な人物が本書の著者である本田直之だ。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導いた。現在では日本のベンチャー企業への投資事業と少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行っている。

     一番の特徴が一年間の半分をハワイで過ごし、四ヶ月を日本、二ヵ月をその他の国で過ごしていることだ。パソコンや携帯があればどこにいても仕事ができる世の中だからこそできるノマドワーカー。ただ注意していただきたいのが本書はノマドワーカーではなくノマドライフについて述べているということ。

    著者のノマドライフの定義は以下の通りだ。
     仕事と遊びの垣根のない、世界中どこでも収入を得られるノマドビジネスを構築し、2カ所以上を移動しながら、快適な場所で生活と仕事をすることで、クリエイティビティや効率性、思考の柔軟性が向上し、それがいいスパイラルになるライフスタイル。

     仕事だけではなく、プライベートまで充実していることの重要性を本書で述べている。また決してこういったスタイルをすぐに始めるべきと述べてはいない。適している人、そうでない人について説明し、始めるにあたってどのような準備をしていけばいいのか述べている。一つの人生の選択肢を知る上ではいい本だ。

  • ハワイと東京、各国を渡り歩くノマドワーカーの話し。労働に対する考え方やツールも紹介されてます。生産性の高い働き方が大事ですね。

全268件中 1 - 25件を表示

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことに関連するまとめ

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことを本棚に「積読」で登録しているひと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことの作品紹介

『レバレッジ・リーディング』から5年、ハワイ"移住"から5年。本田直之が初めて明かす、「自分で選ぶ人生」のつくりかた。

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことはこんな本です

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことのKindle版

ツイートする