世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略

  • 33人登録
  • 3.71評価
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 上野隆司
  • 朝日新聞出版 (2013年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311756

世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実績の裏には、この様な厳しさが必要なのだと思う。万人受けするタイプではなく、分かる人がわかれば良いという考え方。

  • Don't look back. 過去を振り返るな。最高裁判事のオコナーさんの言葉。=正しいかどうかはわからない、一度踏み出してしまったら前に進むだけ。

    根拠のないプラス思考やポジティブシンキングは無意味。自分を正しく分析し、実力を確認した上で這い上がろうとする人。励ましだけのプラス思考はダメ。

    ピカ新、ゾロ、ミーツー。イノベーションはピカ新を目指すもの。

    10年先を見る発想は、メモやコンピュータに入れた資料ではなく頭の中にとどまっている知識、知見から生まれる。

    グローバルな競争では、突き抜けるくらいの力が必要。そのときには夢ではなくはっきりした目標が必要。

    1,得意なところで勝負して不得意は気にしない。2,夢を思い描き、具体的なステップを考える。3.はじめの一歩を踏み出し、なるべく早く失敗する4,お手本となる人物を探し方法論を学ぶ。5,お金を追いかけない。6,世界の中で未来を探す。7,10年後をイメージして能力を磨く。

    向いていないことは早々に手放す。

全2件中 1 - 2件を表示

上野隆司の作品

世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略はこんな本です

世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略を本棚に登録しているひと

世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略を本棚に「積読」で登録しているひと

世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略の作品紹介

日本人で初めて、アメリカで創薬系バイオベンチャーを起業、ナスダック上場を果たしたひとりの発明家がいる-。どうすれば発明はできるのか。どうすれば発明をビジネスに変えられるのか。熾烈な環境に身を置く著者が語る、グローバル競争を生き抜くヒントが満載。

世界で3000億円を売り上げた日本人発明家のイノベーション戦略のKindle版

ツイートする