おばけのバーバパパ

  • 969人登録
  • 3.80評価
    • (97)
    • (97)
    • (156)
    • (5)
    • (1)
  • 133レビュー
制作 : やました はるお 
  • 偕成社 (1972年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032021301

おばけのバーバパパの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「バーバパパ」の名前も、姿形も知っているのに、絵本をきちんと読んだことがなかったなぁ……と思いながらページをめくっていきました。

     そもそも、バーバパパって庭で生まれたの!? と、冒頭でビックリ! すでに家族で楽しく暮らしてるおばけかと思ったら、人間のお家のお庭で生まれたんですね……。
     
     スッキリとした見開きで、色々な形に変わるバーバパパの体がのびのびしています。街に暮らす人々と、動物園で生きる動物たちと、素敵な関係を築いていくバーバパパに癒されます。

     そして……ラストのページは、思わぬ構図でなんだか新鮮でした! 「読者である自分の存在」が、突然ふわっと浮いて、「鳥? 神様? 雲?」と、不思議な読後感を味わえました。

  • おとなのえほん
    http://ehon.hatenablog.com/entry/barbapapa

    最後のページの見せ方がとても印象的。
    それまでの全ページにわたってずっと側面視だったのに、
    最後になって急に上面視に切り替わっている。

    そうすると、物語の世界観に広がりができて、
    「それじゃ、またね!」のメッセージもあいまって
    バーバパパという物語がどこか遠い異国の地のお話なのではなく
    急に現代の自分に関係あるような親近感が出てくる。
    読者に「現在進行形」だという印象を与えているのかなと感じた。

  • バーバパパに再会したのは一人暮らしを始めた頃、ソニプラとかだったと思う。特徴である自由に変わる姿が、マグカップだったり、スプーンだったりの形をしてグッズになっていて、本当にバーバパパが変身したみたいでキュンキュンした。今ではすっかり定番キャラだけど、絵本のキャラにそういう場所で出会えることって若い頃には稀だったような気がする。絵本グッズは今でもつい買いたくなるんだよね。
    その言わずと知れたバーバパパのシリーズ第一作。バーバパパの誕生、出会い、人に受け入れられるまでが描かれている。家族はまだいない。
    そうそう、このタコみたいになった檻とか、はしご車いらずの階段とか、印象的だったなぁ。

  • バーバパパは生まれたときからパパだったのか…。

    しかし、なんと現金な人間たちよ。

  • なつかしいなぁ。自分が子供の頃も図書館の一番いい場所にあった。わかりやすいストーリーと、パリの香り(?)のする絵がいい。

  • 我が子に読み聞かせながら、自分の幼少時代の感動が再び!

  • バーバパパの不思議な誕生が描いてあった。そういえばこんなんだったな〜。

  • 図書館

  • Y18-N00-73

  • バーバパパ出生のヒミツ☆

全133件中 1 - 10件を表示

アネット=チゾンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
シェル・シルヴァ...
エリック カール
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

おばけのバーバパパを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする