うみへいくピン・ポン・バス

  • 322人登録
  • 4.05評価
    • (45)
    • (33)
    • (39)
    • (0)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 竹下文子
制作 : 鈴木 まもる 
  • 偕成社 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032211405

うみへいくピン・ポン・バスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この絵本好きだったな。
    バスから海が見えてきたときの開放感といったら!
    絵がキレイだった。

  • 読んだときからずっと好き。2歳になった今も大好き。

  • 岬灯台行き

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • 大好き♥
    購入してもいいかな(*´ー`*)
    図書館から借り、延長したのち返却。

  • この人の絵はいろいろ細かくてステキ

  • 乗り物好きな子供にはたまらない一冊。
    バス好きな子供がいればプレゼントしたい。

  • 二歳次男が好きな本の一つ。一緒に、”ぴんぽーん”といってます。子供はこういう擬音語、大好きですね。スーパービュー踊り子号が出てきますが、舞台は伊豆なのかな。

  • ピンポンバスのシリーズ。
    こちらも息子にはヒット。
    トンネルの後の海の絵では、海風や海の香りを感じることができそう。

  • ゴミ収集車、ショベルカー、消防車、列車…働く車がたくさん出てきて、子供は大興奮。
    子供の心を鷲掴み。

全51件中 1 - 10件を表示

うみへいくピン・ポン・バスに関連するまとめ

うみへいくピン・ポン・バスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うみへいくピン・ポン・バスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする