なんでもしゅうりいたします (カストールのたのしいまいにち)

  • 22人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Lars Klinting  とやま まり 
  • 偕成社 (2000年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033222608

なんでもしゅうりいたします (カストールのたのしいまいにち)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3歳3ヵ月
    親としては繰り返す内容が多く
    少々疲れるのですが、
    息子は楽しかったみたいで、
    読み終わるとすぐに
    “借りてかえる本”山に乗せました。

  • 図書館で借りてきた本。
    子どもが好きな繰り返しの内容かな?
    要望通りにしてもらえなかったお客さんたちがうれしそうな表情が印象的でした。

  • なーんにも することがなくって 
    うかない顔のフリッペは
    カストールのさぎょうごやを かりて しゅうりやさんを はじめることに……


    お客さんがくる度にはりきって修理をするフリッペ。
    しかしなぜだか「あまったもの入れ」の中に部品が次々放り込まれる。
    そうして出来上がったものは全く別の物!
    特にガウンの修理が酷い(笑)


    どんなに失敗してもくじけないフリッペと、全く違うものになった修理品を受け取ってもにこやかに帰るお客さん。失敗しても見方を変えれば新たな発見や喜びがあるのかも、と思った一冊。

  • 予約待ち

全4件中 1 - 4件を表示

ラーシュ・クリンティングの作品

なんでもしゅうりいたします (カストールのたのしいまいにち)はこんな本です

ツイートする