ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)

  • 56人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (6)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 偕成社 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033309705

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お菓子作りが大好きなぶたのチェリーが
    あるきっかけでお菓子コンテストに出てみることに。

    かわいいキッチンでお菓子を作るイラストが
    優しくかわいくて、小物の1つ1つにきゅーっとなります♡

    チェリーのお菓子をつまみぐいするネズミさんたちと
    チェリーの関係がとってもかわいくて愛おしいです[*Ü*]
    紅茶と焼き菓子を用意したくなる大好きな絵本です♡

  • 味覚はそれぞれですねとくすっと笑えます。

  • お菓子作りが大好きなチェリーが、お菓子コンテストに出場しようとエントリーします。
    ある日、いつものように甘くて大好きなリンゴのケーキを焼いてテーブルに置いておくと、ネズミの家族がぱくり、そして一言。

    「なんてまずいケーキなんだ!」

    チェリーは、それを聞き悲しくて涙してしまいます。お菓子コンテストはすぐ目の前。
    さて、チェリーはお菓子コンテストに出られるのか?ネズミの家族は、どうして「まずい」って言ったのか。気になる方は読んでみて下さい。

    子どもには「リンゴのケーキ、美味しそう!」と<食べる>ことに注目し、大人には「世の中には自分とは、大きく異なる価値観を持つ人もたくさん居るのよねぇ」と、思ったり。
    大人になってから読む絵本には、子どもの頃とは違う−奥深さ−があるように思います。(ぞう)

  • あたたかいミルクティーと、ふわふわであまいりんごケーキの匂いが漂ってきそう。

  • りんごのケーキ、最初の暗記、一緒に暗記。

  • ひょうたんからこま。
    ネズミさんのおかげ☆

  • かわいい♪おいしいケーキが食べたくなっちゃう♪

  • してやられた!、、、でした

  • ぶたのチェリーはお菓子作りが大好きです。
    ある日チェリーが作ったりんごケーキを、勝手に食べたねずみの家族が「これはすごい」
    というのを聞いて、収穫祭のお菓子コンテストに出ようとしますが・・・

  • 御本人は今ハヤリの「癒し」という要素はないんですが…と仰っていらしたけれど、逆にそこがいい。いい意味で他愛なく素直に楽しめるおはなし。詩子さん初の絵本作品。

全13件中 1 - 10件を表示

やまだうたこの作品

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)に関連する談話室の質問

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)はこんな本です

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぶたのチェリーのおはなし (日本のえほん)の作品紹介

チェリーのいちばんのたのしみは、おひるごはんのあとでおかしをつくることです。あるひチェリーは、じぶんのケーキをたべたねずみのかぞくが、「これはすごい」というのをきいて、おかしコンテストにでることにしました。4歳から。

ツイートする