ぼくだけのこと

  • 113人登録
  • 4.08評価
    • (8)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 森絵都
制作 : スギヤマ カナヨ 
  • 偕成社 (2013年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033313207

ぼくだけのことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2年生に読み聞かせ。

    とても反応がよかった。

    自分のことを考えるきっかけになる本。

    「家族の中で自分だけ」という視点がとてもよいと
    思った。

  • H28.6.28 おはなし会 6年1組

  • 処方箋:あなただけのことは何ですか

  • 2冊目 8分

    他の人と比べてちょっと悲しいぼくだけのことだったり、楽しいぼくだったり…。自分のことを多角的に見てみたら、ぼくだけの特別なことがたくさんある。自己肯定感、自分らしさを楽しくわかりやすく味わえる絵本なので思春期にはオススメです。

  • 自己肯定感が 高い ようた!! うれしいことも とくいなことも ざんねんなことも みんな ぼくだけのこと!!

  • この本は、主人公ようたの「ぼくだけのこと」を発見していくお話です。自分に自信を持たせてくれる、世界中にあなたは一人しかいないんだよということを教えてくれる、素敵なお話です。
    15K018

  • 世界を探しても「ぼく」という人はぼくだけ。ぼくだけのことを探してみよう。

  • 自分について改めて見直してみたくなる絵本。

  • 恩師が友達に贈ったプレゼントが森絵都さんの作品だった。私には違う作家さんの作品を贈ってくれた。それを読み終えてから気になったので森さんの作品を読み漁った。その中の一冊が本作。

    ぼくだけ。自分にしかない個性。それは良いこともあれば嬉しくないとこもある。でも、それもぼくだけのもの。

    自分が唯一な存在であるということを知ることで他者も唯一な存在であるということに気づけるんじゃないかな。

    少し自信がなくなったときに読むといいかも。そして「自分だけ」を数えて「こんなにも特別な存在なんだ」と思って自信を取り戻してほしい。

  • 金子みすずさんの「みんなちがってみんないい」やSMAPの「世界に一つだけの花」に通ずるものがあります。

    私はこういう考え方が好きです。

    ユーモラスな中にも、メッセージ性のある絵本だと思います。
    一番最後のページがもたらす余韻が心地よいです。

全12件中 1 - 10件を表示

森絵都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
ジョン・クラッセ...
ユージーン トリ...
長谷川 義史
ヨシタケシンスケ
マーガレット・ワ...
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
くすのき しげの...
ひがし ちから
酒井 駒子
tupera t...
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくだけのことに関連するまとめ

ぼくだけのことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくだけのことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくだけのことの作品紹介

世界には人間がたくさんいるのに、ぼくと同じ人間はいないってふしぎ。 ぼくがぼくであることを数えてみた。ぼくは世界にただひとり!

ぼくだけのことの大型本

ツイートする