えんぴつのおすもう

  • 53人登録
  • 3.68評価
    • (3)
    • (10)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 偕成社 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033314006

えんぴつのおすもうの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読むとリズムが良くて心地よい。こういう声に出すと気持ちが良い絵本が大好きだ。

    また、イジメっ子の心理もその対応策も書かれていて、そのへんも良い。

  • 夜の机の上で、文房具たちが動きはじめる。電気スタンドのしょうすけさんの明かりで土俵が現れ、鉛筆たちがおすもう大会をするのです。

    ちびた鉛筆が活躍するのが楽しい。

  • いろいろなえんぴつたちの御相撲の様子がとてもかわいらいいです。

  • シュールな絵と文房具がおすもうをするという斬新なストーリーが楽しい絵本。個性溢れるえんぴつの力士たちの姿が何とも愉快です。

  • 鉛筆同士の相撲大会を邪魔しに来たハサミ兄弟。やっつけて、でも、ハサミさん達の気持ちを聞いて…彼らにも出番をあげました。そして、皆で力を合わせてハッピーエンド。実世界にも応用できる、うっちゃり的なお話しですが、現実には、心広く対応できる人は、そう多くないと思います。

    ただ、子供的には絵といい、名前といい、流れといい、楽しめる本だと思います。

  • えんぴつの相撲をはさみが邪魔をするんですが、実ははさみもさびしかったんですね。

  • 図書館で借りた本だが、最後の1ページに
    残された前日の余韻がなんとも良かった。
    娘が気に入り、毎晩読まされた絵本でもある。
    登場人物は文房具ばかりだが、よく見ると
    結構顔立ちは・・・怖い。(笑)

  • 子ども達の想像力を膨らませてくれる一冊。楽しい^^。

  • 息子が体操教室の相撲大会に出た後に買った本。
    息子がすごく喜んで何度も読んだなあ。

  • 自分で「今日はこれを借りる」といって図書館で借りてきた。いろいろな色で描かれた鉛筆がかわいいので惹かれたようだ。3歳6ヶ月ごろ

全10件中 1 - 10件を表示

かとうまふみの作品

えんぴつのおすもうはこんな本です

えんぴつのおすもうを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

えんぴつのおすもうを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

えんぴつのおすもうを本棚に「積読」で登録しているひと

えんぴつのおすもうの作品紹介

だあれもいないつくえのうえのでんきスタンド、パチッとつけば、そこはゆかいなぶんぼうぐたちの国。さあ、こんやは、おすもうたいかいのはじまりはじまり!3歳から。

ツイートする